トップ患者さんへ性感染症

性感染症について

尿路性器感染症について

尿路および性器の細菌感染の総称です。
尿路の細菌感染症の部位としては、腎臓と膀胱、性器感染症としては前立腺、精巣上体、尿道があります。

尿路感染症

1. 診断

診断は尿検査および尿培養にて行います。通常は中間尿(排尿開始直後の尿は捨て、その後の尿)を用いますが、女性の場合はおりものが混入する可能性があるため正確な診断が必要なときは管で採取した尿(看護師さんが柔らかい管を外尿道口より膀胱に挿入し得られた尿)を用います。一定基準の膿尿(尿中白血球)と細菌尿があれば尿路感染症と診断します。基準は疾患によって若干異なります。

2. 分類および症状

尿路感染症は経過によって急激に発症し症状のある「急性」と症状がほとんどなく感染が持続する「慢性」とに区別します。
さらに尿路感染症は、尿路感染症を来しやすい基礎疾患をもつ患者さんにおきる「複雑性尿路感染症」と基礎疾患を持たない患者さんにおきる「単純性尿路感染症」に分けられます。この基礎疾患には、尿路結石症、尿管狭窄、前立腺肥大症、神経因性膀胱機能障害、尿路腫瘍といった尿路の基礎疾患と一般的に感染症を来しやすい疾患、例えば糖尿病、免疫抑制剤使用、担癌状態(進行性の癌がある状態)などが含まれます。また男性の尿路感染症は基礎疾患がなくても複雑性尿路感染症として扱います。単純性尿路感染症を起こす菌はほとんどがグラム陰性菌でありそのほとんどが大腸菌です。薬剤耐性菌が少ないことも特徴的です。



それに対して複雑性尿路感染症を起こす菌は多種多様でありかつ薬剤耐性菌も多い事が特徴です。





また感染の部位により腎盂腎炎と膀胱炎があります。腎盂腎炎では、感染がある側の腰背部痛、叩打痛(叩くと痛い、響く)、発熱を認めます。時に悪心や嘔吐等の消化器症状を認めます。膀胱炎では排尿(終末)時痛、頻尿、残尿感、下腹部痛などの症状を認めますが、発熱を認めません。
 臨床ではこれら経過、基礎疾患、部位を組み合わせて診断名とします。例えば「急性単純性膀胱炎」、「慢性複雑性腎盂腎炎」などです。

3. 治療

治療は抗菌薬によって行いますが、複雑性尿路感染症では基礎疾患の治療も必要です。

  1. 単純性尿路感染症では、大腸菌によく効く抗菌薬を用います。通常膀胱炎であれば経口薬、腎盂腎炎であれば入院の上注射薬を用います。
  2. 複雑性尿路感染症では症状がなければ原則治療は行いません。しかし症状が出現した際には抗菌薬を用います。多種多様な細菌を想定しなくてはならないため、まずは多くの細菌をカバーする抗菌薬を用いますが、想定外の細菌や薬剤耐性菌に備え抗菌薬投与前に尿培養を行う必要があります。尿培養の結果によっては抗菌薬の変更を行います。単純性尿路感染症と同様に通常膀胱炎であれば経口薬、腎盂腎炎であれば入院の上注射薬を用いますが、耐性菌によっては膀胱炎であっても注射薬を使用しなくてはいけないことがあります。

性器感染症

1. 急性精巣上体炎

精巣(睾丸)の横にある精巣上体の細菌感染です。
若年者では性感染症の起炎菌であるクラミジア・トラコマティスによることが多く、中高年齢では一般細菌によるものが多いとされています。
症状としては精巣上体の圧痛や腫脹を認めます。重症の場合には精巣に炎症が波及したり、陰嚢の皮膚と癒着し膿が出てくることもあります。発熱を認めますが、クラミジアの場合には平熱〜微熱程度にとどまります。
治療は抗菌薬を使用します。軽症の場合には経口薬でも治療可能ですが、重症の場合には入院の上抗菌薬の点滴が必要です。

2. 急性前立腺炎

男性の膀胱出口にある前立腺の感染症です。大腸菌を代表とする一般細菌によっておきます。
症状は発熱に加え頻尿、残尿感、尿意切迫感、排尿困難、会陰部不快感などがあります。
治療は抗菌薬を使用します。軽症の場合には経口薬でも治療可能ですが、重症の場合には入院の上抗菌薬の点滴が必要です。

3. 尿道炎

尿道の細菌感染ですが、ほとんどの場合性感染症です。
症状には尿道分泌物、排尿時痛、尿道掻痒感、尿道灼熱感、外尿道口の発赤・腫脹などがあります。
尿道炎は淋菌による淋菌性尿道炎と淋菌以外の非淋菌性尿道炎に分けられます。非淋菌性尿道炎はクラミジア・トラコマティスによるクラミジア性尿道炎、マイコプラズマ・ジェニタリウム性尿道炎に分けられます。これらが重複感染していたり、これ以外の未知の細菌によって起きている場合もあります。

①淋菌性尿道炎

淋菌によっておきる尿道炎です。
2-7日間の潜伏期の後に症状が出現します。尿道分泌物は白色〜黄色、膿性であり、他の尿道炎と比べて多量です。他の症状も淋菌性以外の尿道炎より激烈です。
診断は尿道分泌物の培養あるいは初尿(排尿開始直後の尿)の核酸増幅法検査によって行います。
治療は抗菌薬を使用しますが、現在では各種抗菌薬に耐性を獲得しており、現在では注射薬によって治療します。
淋菌感染症では咽頭感染が問題となっています。ほとんど症状がないため感染していても気付きません。尿道炎患者の2-3割は自覚症状なしに咽頭感染を認めます。そのため知らず知らずのうちに感染源となっていることもあります。淋菌咽頭感染の治療はもちろん注射薬ですが、咽頭へは薬の移行が悪く、現在では1種類の抗菌薬しか推奨されていません。さらにこの薬に対し耐性を持った淋菌が日本で発見されています。今のところ拡散してはいませんが、今後問題となる可能性があります。

②非淋菌性尿道炎

1-3週間の潜伏期の後に症状が出現します。尿道分泌物は無色〜白色、漿液〜粘液性であり、淋菌性尿道炎と比べて少量です。他の症状も淋菌性尿道炎より軽く、症状がない場合もあります。

ⅰ. クラミジア性尿道炎

診断は初尿の核酸増幅法検査で行います。
治療は抗菌薬の内服を行います。今のところ耐性菌はほとんど報告されていません。クラミジア感染で問題なのは症状が出にくく、感染していても気付かないことです。

ⅱ. マイコプラズマ・ジェニタリウム性尿道炎

診断は核酸増幅法検査ですが、保険適用がありません。従って非淋菌性尿道炎のうちクラミジアを検出しない場合に疑います。
治療は抗菌薬の内服ですが、淋菌と同様抗菌薬に耐性を示すものが増えてきています。