トップ患者さんへ腎癌

腎癌について

どのような病気?

腎臓にできる悪性腫瘍の一つです。腎臓は背中側にあり左右に2個ある臓器で、おもに尿をつくることでからだの水分の調整をし、毒素を尿に出すことで血液を浄化しています。腎がんは、この腎臓の実質の部分の細胞から発生した悪性腫瘍で、腎細胞がんとも呼ばれます。

症状は?

腫瘍が小さく数cmであれば症状が無いことがほとんどで、人間ドックや他の病気の検査中に偶然見つかることがほとんどです。最近では腎がんの三大症状(①血尿(尿に血がまじる)、②腹部腫瘤(腹部がはれる、しこりが触れる)、③疼痛(腹部、わき腹、背中が痛む))で発見されることの方がまれです。

検査・診断は?

腎がんには腫瘍マーカーが無いため血液検査や尿検査のみで診断することはできません。また胃がんや大腸がんと違い、検査で実際のがんを観察することもできません。腹部超音波検査・造影CT検査・MRI検査などの画像検査で、特徴的な結果が得られれば腎がんと診断します。特徴的な結果で無い場合は、生検(腫瘍に針をさして採取した組織を顕微鏡で調べる)を行うこともあります。画像検査で腎がんと診断されると、他の臓器に転移していないかを確認していきます。転移していく臓器は肺や骨、リンパ節がほとんどです。

腎がんの進行状況の程度は?

腎がんの広がりぐあい(進行度)は、他のがんと同様に病期(ステージ)で分けられます。

腎がんの病期分類(ステージ分類)
ステージ1 がんが腎臓のなかにとどまり、大きさが7cm以下
ステージ2 がんが腎臓のなかにとどまり、大きさが7cmより大きい
ステージ3 がんが腎臓の外に広がっているが、周囲の脂肪は通り越していない。
腫瘍が血管の中に入り込んでいるなど
ステージ4 他の臓器に転移がある。がんが周りの臓器に直接広がっている

病期の違いにより治療方法が変わります。

治療方法は?

    手術

    腎がんを完全になおすために最も確実で一般的な治療方法は、手術です。放射線治療や抗がん剤治療は、効果があまり期待できません。


手術の種類

  1. 根治的腎摘除術(腫瘍の存在する腎臓を周囲脂肪ごと取り除く)
    ステージ3の一部の腎がんまで腹腔鏡手術で対応できることがありますが、それ以外は開腹手術になります。がんの無いほうの腎臓の働きに問題がなければ、手術後に透析が必要となる事はありません。
  2. 腎部分切除術(腫瘍を周囲の腎組織をつけて部分的に取り除く)
    ステージ1のような早期のときに行われますが、腫瘍が埋もれて腎臓の表面から確認できなかったり、腫瘍が大きな血管と接している場合は部分切除が困難となります。この方法の最大の利点は腎臓の機能を温存できる点です。一方でがんの取り残し、術後の出血・血尿、腎臓の周囲に尿が漏れるなどの合併症が起こるとされ、手技的には腎摘除術よりも難しい手術といえます。腫瘍の大きさや位置から適応を慎重に決める必要がありますが、問題なく手術が行えれば、腎臓を摘出した場合と効果は変わらないとされています。

  3. 転移巣切除(転移した腫瘍を取り除く)
    肺などに転移があっても、数が少ない、切除可能な部位にある、切除することで明らかにメリットがある場合には、呼吸器外科医などに依頼して手術を行う場合もあります。


手術以外の治療法(薬剤での治療)

  1. 免疫療法
    インターフェロンαやインターロイキン2などの注射により全身の免疫力を高める事で腎がんを治療する方法です。手術で根治できない進行期(ステージ4)で行われます。肺転移しかない症例にはある程度の効果が期待できます。
  2. 分子標的薬
    腎がんの中でも淡明細胞がんという種類のがんの特性の一つである血管新生(がんが周辺に血管を伸ばしながら増大する性質)を利用した治療方法です。この血管新生を薬剤で抑えることでがんを小さくします。しかし、多彩な副作用が起こる危険性があるため、専門の施設で十分に注意しながら治療を受ける必要があります。

腎がんの治療成績は?

ステージ1のような早期では、根治的な外科的治療で9割以上は再発なく経過します(5年非再発率90%以上)。他方、進行した状況で発見された場合では、分子標的薬などの治療を受けても根治は難しい状況です。

当科での腎がん治療の状況は?

当科では、腹腔鏡手術や腎部分切除術を可能な限り積極的に行っています。また、腫瘍が大きな血管の中にある場合でも心臓血管外科医の協力のもとで根治手術を行っています。さらに、転移巣を切除することで予後の改善が期待できる場合は呼吸器外科医や脳外科医に依頼して、積極的に転移巣切除を行っています。外科的な切除が難しい場合では、免疫療法や分子標的薬、放射線治療なども用いて集学的な治療を行っています。お困りのことがあれば、お気軽にご相談ください。