岐阜大学で学ぶことをお薦めする理由

木村暁夫(准教授:医局長)

  • 出身大学や年齢に関係なく、意欲があり、協調性があれば誰でも歓迎する点。
  • 一旦他の科を選択したが、あらためて神経内科を勉強したいという人も歓迎する点。
  • 出身地に関係なく、脳神経内科医の需要の高い岐阜県で、脳神経内科医療に貢献したい人を歓迎する点。

林 祐一(講師:病棟医長)

  • 自由闊達な議論を通して、脳神経内科学を奥深く、幅広く学べる。
  • 専門医に十分な症例数とバリエーションを経験できる。

山田 恵(臨床講師:外来医長)

  • どこにいっても通用する、医師として重要な基本を身に付けることができる。
  • common diseaseからrare diseaseまで、幅広く経験することができる。
  • 若手の医師が相談しやすい環境にあり、安心して診療できる。

吉倉 延亮(臨床講師)

  • 診断や治療が困難な症例が県内中から集まり、幅広い疾患を経験することができる。
  • 自身で最新の文献を徹底的に調べ上げる風土が根付いている。
  • エキスパートの意見を外に求めることを厭わない雰囲気が新たに加わってきた。
  • 医局全体で若い人を育てていこうとする雰囲気がある。
  • 岐阜大学以外の出身であっても、すぐに医局内に溶け込むことができる。
  • 神経学を学びたい者であれば、バックグラウンドにとらわれず受け入れる雰囲気がある。

伏屋 公晴(臨床講師)

  • 岐阜大学に限らず、門戸が開かれており、他大学出身でもストレスなく学ぶことができる。
  • 科全体として教育に力を入れており、早期から学生に対する講義なども経験できる。
  • 神経生理や筋生検、皮膚生検など自分たちで手技を行っている。
  • 岐阜県全域から多彩な症状の患者が集まっており、長期的なフォローも可能となっている。

東田 和博(臨床講師)

  • 岐阜大学出身以外の方でも分け隔てなく神経学を学ぶことが出来ること、雰囲気がいいこと。
  • 1つ1つの症例に向き合って深く学べること。
  • 症例に対して色々な意見を岐阜大学の中だけでなく、大学以外のエキスパートに意見を聞くことができること。
  • 教育に重きを置き、教え、学べること。

安西将大(臨床助教)

  • 希少疾患、難病だけでなく、外勤先も含めてコモンな疾患をまんべんなく診療し、長期的なフォローアップを経験できる。
  • 在宅調整や地域診療への橋渡しを学ぶことができる。
  • 種々の書類作成(難病申請や身体障害者手帳など)も早い時期から指導していただける。

竹腰 顕(大学院生)

  • 専門医取得に向けて幅広い疾患を経験することができる。
  • 院内での診断治療のみならず、その後の療養環境調整、連携など学ぶことができる(難病関連)。
  • 科内、グループ内で相談する体制が整っている。

柴田英明(医員)

  • 学生、研修医、若手医局員の教育に力を入れている。
  • 岐阜県内の多くの症例が集まってくるため、幅広い神経疾患を経験することができる。
  • 毎朝のカンファレンスで診断・治療方針について活発に議論が行われている。
  • 上級医・指導医との相談がしやすい雰囲気ができている。
  • 文献検索およびカンファレンスにて検索した事項の共有ができている。

大野 陽哉(医員:入局3年目)

  • 文献を検索して患者に生かすことを大切にしている。
  • 学生・研修医・医局員の教育に力を入れている(ポリクリ・臨床研修・講演会など)。
  • 幅広い脳神経内科症例を経験することができる。
  • カンファレンスにおける患者一人一人の方針についての議論が活発である。

加藤 新英(医員:入局3年目)

  • 岐阜県全体から稀な症例が集まってくる。
  • 若手も発言しやすいカンファレンスで、疑問をすぐ解決できる。
  • 分からない事があれば主治医が文献検索を行い、それをカンファレンスにて皆で共有することで力がつく。