診療について

受診をお考えの皆様へ

こんな時には神経内科に御相談ください。

  • 例えば、頭が痛い、意識がはっきりしない、突然気を失って倒れることがある、けいれんを起こす、物が二重に見える、視野の右半分が見にくい(右目が見にくいのとは違います)、呂律が回らず話しにくい、ご飯や水分が飲み込みにくい、手や足に力が入らない、手や足の筋肉がやせてきた、手や足がしびれる、手がふるえる、手や足が固くて動作が鈍い、ふらついて歩きにくい、もの忘れに気がついた時、などです。
  • 受診の理由となった症状が、いつから(数年前、数ヶ月前、数日前、本日朝から、など)、どのように出現して(突然、急に、ゆっくり、など)、変化してきたか(出現してからはあまり変わらない、徐々に悪くなっている、良くなったり悪くなったり、少しは良くなっている、など)、時間の経過がわかりやすいようにメモをお持ちになって、受診されることをおすすめします。
  • また、現在、何らかの病気で近くの病医院に通院されていらっしゃる方は、まずは担当の主治医の先生とご相談いただくことをおすすめします。 その上で受診を希望される場合には、病気の診断に大変役に立ちますので、紹介状をお持ちいただくようお願い申し上げます。
  • 心の病のときには、精神科や心療内科を受診されることをおすすめします。
  • なお、「岐阜大学医学部附属病院 患者の皆様へ」の神経内科・老年科の診療科・部門のご案内もご参照ください。
  • 脳神経内科の主な病気についてはこちらをご覧ください。

医療関係者の皆様へ

神経疾患が疑われる患者様の御紹介をお待ちしております。

  • 医療機関からの予約は本院医療連携センター(TEL:058-230-7033)で承っております。受診の際には紹介状を持たせていただけますようお願いします。
  • 神経難病などのセカンドオピニオンをお求めの場合には、これまでの経過、検査所見、画像などの資料を必ず持参していただけますようご配慮をお願いします。
  • 初診の場合、診察に20~60分くらいかかることをお伝えください。
  • 物忘れ外来は、検査内容および日程等の説明が多岐に渡ります。受診希望の方には、ご家族や代理の方と来院いただくようにお伝えください。
  • 病診連携を大切に考えております。診断がついて治療方針が立ちましたら、紹介元へ紹介することを原則にしております。

神経疾患に関して、何かご相談がありましたら、いつでも遠慮なくご連絡ください。

初診患者様へのお願い

  • 受付時間は、毎日(木曜日、土日祝日を除く)午前8時30分から11時までです。
  • 現在、病院、診療所に通院中の方は、可能な限り、紹介状をお持ち下さいますようお願いします。
  • また、受診の理由になった症状がいつから、どのように出現して、悪化してきたか、時間をおって、メモにして受診されることをおすすめします。お薬手帳もお持ちください。診療に大変役立ちます。
  • 神経内科では初診患者様の診察には時間がかかります(20~60分)のでご了承下さい。
  • 物忘れ外来は、検査内容および日程の説明等が多岐に渡ります。受診希望の方は、ご家族または代理の方とご来院ください。

診療・外来担当表(2018年11月)

26診 下畑 木村 休診日 吉倉
27診 竹腰 山田 - - 山田
28診 - 吉倉 - - -
29診 神経心理 - 物忘れ外来 - 物忘れ外来