トップ > 入局案内

ご挨拶


岐阜大学医学部脳神経外科
教授 岩間 亨


「脳」,それは言うまでもなく人間が人間として在るための最も象徴的な臓器です.その「脳」にメスを加えるのが脳神経外科医です.

脳神経外科医にとってヒトの脳にメスを加えることは,誇りであると同時に畏敬の念を禁じえない行為です.われわれはいつも患者さん一人一人の人格を尊重して治療にあたっています.全ての医療に共通することですが,ヒトの体にメスを加えること,薬剤を投与すること,そのような行為に対してわれわれは常に謙虚で誠実でなければならないと考えています.もちろん最高水準の医療を行なうべく,最先端の診断法・診断機器を取り入れた正確な診断,科学的エビデンスをもとにした疾患・治療成績に関する正確な情報提供,そして的確な手術・治療を達成するために日々努力を重ねていますが,それだけでは不十分です.単に専門知識,医療技術を備えているだけでなく,ひとりの人として患者さんや同僚の医療従事者と誠実に対応できること,人間の弱さを理解するこころを持つことが,重度のハンディキャップを有することの多い患者さんと向き合う脳神経外科医には必要不可欠です.

われわれの誰もが「神の手」を持ってはいませんが,人としてのこころと外科医としての真摯さ,誠実さをもって診療に取り組んでいます.脳の病気でお悩みの患者さんのひとりでも多くがわれわれのもとで元気になられることを,脳神経外科医をめざす若者のひとりでも多くがわれわれのもとで修練を重ね,いつの日かわたし達を越えて優れた脳神経外科医として巣立っていくことを願ってやみません.


岐阜大学医学部脳神経外科
教授 岩間 亨



入局案内

岐阜大学脳神経外科 後期卒後研修医募集

岐阜大学脳神経外科では後期卒後研修医を広く募集しています。
脳神経外科は脳や脊髄などの中枢神経や末梢神経疾患の診断と治療、研究をおこなう時代の最先端を担う分野です。救急疾患も多く、「人」としての本質に直結した「脳」にメスを入れるという大変責任の重い仕事ですが、それだけにやりがいの大きい仕事です。私たちは、若く、情熱にあふれた人材を求めています。脳神経外科、神経科学に興味のある方は是非私たちと一緒に脳神経外科の道を歩みましょう。
問い合わせや見学、実習など随時受け付けています。
下記の電話、Fax、e-mailいずれかで御連絡下さい。

住所 〒501-1194
岐阜市柳戸1-1 岐阜大学医学部脳神経外科
担当 岩間(教授)、矢野(医局長)、大江(医師育成推進センター)のいずれかまで
電話 058-230-6271(医局直通)
Fax 058-230-6272(医局直通)
e-mail nohgeka@gifu-u.ac.jp(医局専用アドレス)

先輩研修医からのメッセージ

武井啓晃(平成23年卒業、平成25年入局)

岐阜大学附属病院での研修をおえて

岐阜大学病院、木沢記念病院で臨床研修を終え、3年目より岐阜大学脳神経外科に入局、岐阜大学医学部附属病院で後期研修を開始しました。岐阜大学医学部附属病院での研修について振り返ってみます。

医師3年目からは、臨床研修医とは大きく違った診療に携わることになります。たとえば、専門科の医師としての診療、医局員としての上級医の先生や研修医・学生との関わり、関連病院での外勤、等々です。

若干臨床経験3年の医師ですが、患者さんや他科の医師から見れば脳神経外科医なのです。研修医の知識で、4月から専門家としての扱いとなるため、色々と戸惑うことがありました。こんな時、脳神経外科の良いところは、指導医の先生にいつでも丁寧に指導していただけるところだと思います。力不足の部分はご指導いただき、時には主治医としての自分の意見を尊重してもらえる、そんな場です。

また、医局員として、新たな責任も出てきます。脳神経外科では救急、循環器内科をはじめ、その他たくさんの診療科の先生方にお世話になることが多くあります。また関連病院での外勤も、岐阜大学脳神経外科のイメージを背負った仕事でもあり、患者さんに対する責任のみではありません。

これからも、まずは脳神経外科専門医に向け、様々な経験が必要となります。岐阜大学病院では、そのスタートにふさわしい、充実した研修ができたと思います。

水谷大佑(平成23年卒業、平成25年入局)

初期研修の2年間を終え後期研修1年目としての始めの年を岐阜大学病院で過ごしました。初期研修との一番の違いはやはり主治医を持ち、きちんとした責任のある立場として患者さんと向き合う必要があることだと思います。この点においては自分もかなり不安を感じながら後期研修をスタートしました。しかし自分を主治医としながらも必ずチームで診療に当たることによって、不安な点や不明な点を常に上級医に相談することができたので安心して1年間やっていくことができました。

岐阜大学脳神経外科には3つのチームがあります。1年間かけてそれぞれのチームをローテーションしていくので幅広い症例を経験することが出来ました。若い年次の間に偏りなくたくさんの症例を経験出来たことは、今後の自分の医師人生において大変貴重なことであったと感じています。また医師・コメディカルの関係も非常によく、日々の診療をスムースに行うことができたことはとても良かったと感じています。


毎朝、8時から症例検討会を行っています

岐阜大学医学部脳神経外科の歴史と概要

岐阜大学医学部脳神経外科教室の創設は昭和55年と比較的最近ですが、岐阜大学における脳神経外科診療の歴史は古く、昭和31年岐阜大学第2外科初代竹友隆雄教授の就任に遡ります。その後第2外科教室の臨床・研究の柱の1つとして脳神経外科が引き継がれ、第二代坂田一記教授時代の昭和55年、当時第2外科講師であった山田 弘先生が第2外科から独立する形で脳神経外科教室初代教授に就任し、以後平成8年からは第二代坂井 昇教授、平成16年からは第三代岩間 亨教授と引き継がれ現在に至っています。

そのような歴史もあって、岐阜大学脳神経外科は同門会員数120名を数え、中部8県下12大学医学部(医科大学)脳神経外科教室の中では、名古屋大学、金沢大学に次いで3番目に大きな教室です。当教室からは歴代の3教授以外に、朝日大学歯学部附属病院脳神経外科に安藤 隆教授(平成10年)と郭 泰彦教授(平成17年)、岐阜大学大学院医学系研究科腫瘍病理学分野に原 明教授(平成20年)、同大学院医学系研究科脳病態解析学分野(連携分野)に篠田 淳教授(平成20年)、そして平成25年には兵庫医科大学脳神経外科に吉村紳一教授と計5人の教授を輩出しています。

現在、岐阜県、愛知県を中心に20の関連病院と2カ所の医師派遣施設を有しています。また、同門の12名が開業、6名がリハビリテーション分野、2名が保健医療行政に携わるなど、広く地域医療に貢献しています。(平成26年8月現在)

脳神経外科卒後研修プログラム

岐阜大学医学部脳神経外科は、日本脳神経外科学会が認定した94の研修プログラムの一つ、岐阜大学プログラムの基幹施設として脳神経外科専門医として必要な診断、治療にかかわる知識、技術の修得のための研修を提供しています。脳神経外科学会専門医認定制度によって専門医資格取得に必要な幅広い分野の症例・手術の経験数が定められており、1施設や2施設での研修でこれらの分野をカバーすることは出来ないため、岐阜大学プログラムでは基幹施設としての岐阜大学病院とともに、21の関連病院のうち指導医が2名以上在籍する14の連携施設と、必要に応じて他大学などの関連病院である5つの関連施設で幅広い研修ができるようにしています。

2年間の初期臨床研修の後、脳神経外科学会認定のプログラムに所属し、指導医のもとで通算4年以上の訓練を受け(この間3年以上は脳神経外科臨床に専従するもの)、所定の症例数、手術数などを経験すれば専門医認定試験を受験することが可能です。卒後3年目から脳神経外科で研修を開始した場合、最短で卒後7年目に受験できます。脳神経外科専門医試験の合格率はおよそ70%であり各科の専門医試験の中でも難関の1つですが、最近20年間の岐阜大学脳神経外科出身の受験者は48名では、初回受験での合格者は38名(79%)、2回目での合格者が4名、3回目での合格者が3名で、最終合格者は48名(100%)という成績です<参考1>

なお、当院は日本脳神経血管内治療学会専門医訓練施設および日本脳卒中学会認定研修教育病院でもあり、これらの学会認定専門医の取得も可能です。

1.研修システム

脳神経外科を専攻する場合、卒後初期臨床研修修了後の3年目から岐阜大学医学部附属病院あるいはその関連病院のうちの研修施設にて脳神経外科研修を行います<参考2>。それぞれの研修施設には地域性や対象疾患に特徴がありますので、幅広い研修を行うため通常1~2年で研修施設を異動します。

3~5年の脳神経外科研修後、多くの人は大学院に進学しますが、岐阜大学大学院には一般大学院コースと社会人大学院コースがあり、一般大学院コースは卒業まで研究専従(ただし、週2日程度の臨床勤務あり)、社会人大学院コースは医学部附属病院あるいは関連病院に勤務しながら研究を行います。大学院進学の時期は、大学および関連病院の医師定員の充足状態と本人の希望とで決定しています。研究のテーマについては<参考3>を参照ください。

脳神経外科専門医を取得し大学院を修了した後は、よりレベルの高い脳神経外科臨床、手術手技の修得を目指すとともに、指導医として後進の指導にあたります。また、大学院修了後国外の施設に留学し研究を継続することも可能です<参考4>


大学院コース(例)

卒後1-2年目:卒後初期臨床研修

卒後3-4年目:脳神経外科初期研修(大学病院あるいは関連病院)

卒後5年目:大学院進学(社会人コースの場合は臨床研修と研究)

卒後6年目:大学院(社会人コースの場合は臨床研修と研究)

卒後7年目:大学院(脳神経外科専門医認定試験受験)

卒後8年目:大学院修了、大学病院あるいは関連病院に専門医として勤務

2.到達目標

卒後3年目:脳神経外科研修開始(大学病院あるいは関連施設)

診断・検査:神経所見・意識障害の判定, CT・MRI・SPECTの読影,脳波の読影, 脳血管撮影(助手/術者)・経頭蓋超音波ドップラーの実施

患者管理・処置:術前術後の指示, 救急管理(創処置, 気管内挿管, 中心静脈穿刺, 動脈穿刺), 頭部外傷患者管理

手術:気管切開術(術者), 脊髄ドレナージ術(術者), 脳室ドレナージ術(術者), 穿頭血腫除去術(術者), 開頭術(助手/術者), 水頭症手術(助手/術者)

卒後4年目:脳神経外科研修(大学病院あるいは関連施設)

診断・検査:脳血管撮影(術者)・頚部エコーの実施

患者管理・処置:脳腫瘍および脳血管障害患者管理, 化学療法管理

手術:開頭術(術者), 水頭症手術(術者), 血管内手術(助手/術者), 脳腫瘍摘出術・脳動脈瘤クリッピング術(助手)

卒後5-6年目:脳神経外科臨床研修/研究

診断・検査:脳神経外科疾患の総合診断

患者管理・処置:バルビタール療法, 脳低体温療法

手術:開頭血腫除去術(術者), 脳腫瘍摘出術(助手/術者), 血管内手術(助手/術者), 血管吻合術(助手/術者), 脳動脈瘤クリッピング術(助手/術者)

卒後7年目:脳神経外科専門医取得

参考資料

参考1

  受験者数 合格者数 合格率
H28 3名 3名 100%
H27 3名 3名 100%
H26 4名 2名 50%
H25 4名 2名 50%
H24 2名 1名 50%
H23 1名 1名 100%
H22 2名 2名 100%
H21 2名 1名 50%
H20 5名 5名 100%
H19 6名 4名 67%
H18 2名 2名 100%
H17
H16 2名 2名 100%
H15 3名 3名 100%
H14 3名 3名 100%
H13 3名 3名 100%
H12 3名 3名 100%
H11 4名 4名 100%
H10 3名 2名 67%
H9 4名 3名 75%

<参考2>

関連病院(岐阜大学プログラム連携施設*, 関連施設§)

<参考3>

最近の主な研究テーマ

<参考4>

主な留学先(過去15年間)