大学院医学系研究科

看護学専攻

看護学専攻の概要

看護学専攻

遺伝子治療や再生医療など医療技術が進歩する中で、医療の質の向上と効率化を図るため、医療情報提供の推進やIT化、科学的根拠に基づく医療、科学的根拠に基づく看護の推進など医療や看護を取り巻く環境は今日急速に変化しています。このような状況から、岐阜大学大学院医学系研究科看護学専攻は、最先端の看護教育と研究を実現し、より高度な医療技術の取得を目指す大学院課程として設置されました。本専攻では、特に医療の現場で活躍している看護職の方々にとり、これまでの看護実践を振り返り看護専門職としての役割や看護の効果を明らかにしたいという要求に十分に応えることが可能です。
本専攻の教育的特徴は、有職者の学習意欲に応えるため、昼夜開講制と共に通常2年課程に加え3年間の長期履修制を導入し、職を辞さずに学習や研究ができる環境を整備していることが挙げられます。
看護学専攻には、「看護学教育」と「実践看護学」の2領域を設け、看護学教育領域には、「継続看護学教育」を、実践看護学領域には、「母子看護学」、「成人看護学」及び「地域健康援助学」の3分野を設けています。


Page top