医学部看護学科

教育課程

カリキュラムポリシー

カリキュラムは、入学時から卒業後まで一貫性・整合性をもった教育体制をとることにより、看護に関して初学者である学生が段階的にディプロマポリーの5つの能力を修得して いくための教育プログラムです。
 
  1. 主体的で自律的な姿勢を尊び、人々の生活背景、社会・文化的背景に視点を向け、看護 を必要とする人々を生活者として捉えた人間性豊かな、そして根拠のある看護実践を展開する能力が修得できるよう教養教育、専門基礎科目、専門科目の3群からなる教育課程の編成としています。
  2. 看護を、「人間の健康に焦点を当て、その人とその人を取り巻く環境に働きかけ、人間が健康に生き、安らかな死を迎え、さらに健全な次世代の育成を援助する実践である」と捉え、看護実践の基盤となる専門基礎科目から看護実践に関する専門科目への積み上げによる配置としています。
  3. 授業・演習・実習において、看護専門職として多様な価値観を持ち総合的な判断ができる能力、他職種と協働して活動ができるようコミュニケーション能力、チームのリーダー、コーディネターの役割が担える能力の向上を意図としたアクティブラーニングを取り入れる工夫を行います。また、主体的で自律的に何事にも取り組める姿勢や自己 研鑽する態度の推進を行います。
 
学修成果の評価については、全学的な申し合わせ及び各科目のシラバスに記載された成績評価項目等に基づき、授業目標への達成度により評価を行います。

看護学科のカリキュラムデザイン

カリキュラムツリー:ディプロマポリシーとの対応

看護師課程のカリキュラムの特徴
 
  1. 教養科目では、さまざまな学問分野のものの見方、考え方の学びを通して、幅広い教養、豊かな感性と洞察力、生命への尊厳が身に着くとともに看護学の重要な概念である健康と人間理解の基本を学びます。そして、看護の専門職としての資質、自己の認識と人格の統一体としての発達を促します。
  2. 専門基礎科目では、看護学を専門的に学ぶ上で基盤となる「異なる文化背景をもつ人とのコミュニケーション」「生物学的に共通する側面の人間理解・疾病と回復過程の理解」「社会システムと健康の理解」「医療者としての使命と役割、責務の理解」を系統的に学ぶことができるよう授業科目を編成しています。尚、「異なる文化背景をもつ人とのコミュニケーション」では、医療英語の一部として、選択でありますが、春季あるいは夏季休暇を利用し、短期海外研修に参加することも可能です。
  3. 専門科目では、あらゆる健康状態、発達段階にある人を多角的に捉え、根拠ある看護を実践するために必要な知識・技術・態度が各学年を通して積み上げて修得できるよう、看護の基礎から看護の方法、実践、統合へと段階的に系統的に授業科目を編成しています。具体的には、「基礎看護学」「成人看護学」「母性看護学」「小児看護学」「老年看護学」「精神看護学」「地域看護学」の7 分野と「看護の統合と実践」であり、講義・演習・実習により学びます。
    看護学は実践の学問であり、臨地実習は基礎的な看護実践能力の修得に非常に重要です。施設や生活の場で実際に看護を必要としている人に向き合いながら看護援助を実践することを通して、既習の理論・知識・技術・態度を結びつけ、根拠ある看護実践力を修得していきます。尚、現在、看護職の活動の場は医療施設にとどまらず地域へと拡大しているため、高次医療機関から地域の保健・福祉施設まで幅広い場において実習を行っています。
    「看護の統合と実践」では、臨床での看護実践の能力を高めるとともに将来的にわたり看護を継続的に探求し、広い視野で新たな看護学の視点を模索できるよう科目を編成しています。これまで学修した知識と技術を統合する科目として、その人の生活や生き方に異なる文化背景をもつ人々への理解を深め支援を学ぶ科目、人生や病気の最終段階にある人々への看護の特徴、災害などの状況に応じた看護の特徴を学ぶ科目などです。
*選択制ではありますが、看護師課程を基礎として、保健師課程、助産師課程を履修す ることができます。

学習環境

学生諸君にとって少しでも学びやすい環境であるよう、以下の点に留意しています。

全学的な対応

図書館の充実

図書館では図書の閲覧の他、多様な文献検索(医学中央雑誌・電子ジャーナルなど)が可能で、学習や研究の際にいつでも活用することができます。

ITの活用

インターネットを活用した学習形態(e-Campus)が導入され、ITによる講義支援が積極的に推進されています。

電子シラバスの導入

電子シラバスの活用により、授業内容を知りたいときにはいつでもシラバスを閲覧することが可能になります。

看護学科としての対応

セミナー室の開放

セミナー室には講義・実習に必要な図書を配置し、学習の支援を図っています。また、講義時間外にも学生が利用できるよう配慮されています。

パソコンの設置

セミナー室にはパソコンが設置され、学生も使用することができます。

助言教員制度

  • 入学時から卒業まで、3~4人の学生に1人の助言教員がつき、修学上および生活上の問題等の相談に応じています。
  • 教員としての答えだけでなく、時には人生の先輩としての話が聞けます。
  • 看護学科における助言教員制度では、入学した時点で選択した教養セミナーを担当する教員が3年間の助言教員になります。
    4年生の助言教員は、卒業研究の担当となった教員に替わります。

Page top