ホーム > 会員広場 > 岐阜大学医学部に入学して > 岐阜大学医学部医学科1年 舘林 里菜

岐阜大学医学部に入学して

掲示分の内容に関する問い合わせは、掲示者本人に直接連絡してください。

岐阜大学医学部医学科1年 舘林 里菜

rina.jpg

はじめに

 はじめまして。今年岐阜大学医学部に入学させていただいた舘林里菜です。幸運にも、「岐阜大学医学部記念会館だより」に載せていただくことになりました。大学生活にも慣れ始め、毎日を楽しんでいます。

医学部を志望した理由

 高校生の時に母と祖父が続けて癌にかかったのをきっかけに、医師という職業に興味をもつようになりました。また、もともと高校の授業の一環として医療について調べており、医療の現場で働くことにとても魅力を感じていたこともあって、自分自身が医師として人の命を助ける職業につきたいと考え医学部を志しました。

岐阜大学を志望した理由

 以前からわたしは地域医療について興味をもっており、将来は医師として地元で働きたいと考えていました。そのため岐阜大学を志望しました。また、岐阜大学病院が高度救命救急センターであったり、電子カルテを導入していることなどもわたしが岐阜大学を志望した理由の一つでした。

授業について

 高校の授業とはまったく違う授業形態にも、ようやく慣れてきました。高校時代、生物を選択していなかったわたしにとっては、専門科目は覚えることがとてもたくさんあって大変ですが、友達の助けをかりつつ、なんとかがんばっています。授業で理解のできないところがあっても、友達が教えてくれたり、助けてくれたりして、友達の大切さを改めて実感しています。
 どの授業もとても新鮮で興味深く学んでいるのですが、特に前期に受けた初期体験実習が印象的でした。初期体験実習では聾学校や盲学校などの施設を訪れ、実際に自分自身で様々なことを体験しました。日常生活ではあまり経験しないことの連続で、学ぶことも多かったです。
 後期に行われる生命科学実習は、ラットを使った実験や、乳酸測定、筋電図測定など本格的な実験が多く、とても楽しみにしています。あまりない機会なので、自分から積極的に学んでいきたいと考えています。

部活動について

 わたしは現在女子バレーボール部に所属しています。わたしがまず驚いたことは、先輩方の部活に対する真剣さです。失礼ですが、わたしのなかで大学の部活というものは、サークルとして遊び半分でやっているようなイメージしかなかったので、実際に入部してみてとても驚きました。部活では、バレーだけでなく、人間的にも学ぶことが多く、いつもわたしは失敗ばかりしていますが、先輩方や同級生の助けをかりて毎日楽しく過ごしています。部活は私の大学生活の大きな部分を占めており、部活によって成長させられることも多くあると感じています。新入生歓迎会のときなどは、多くのOBの先輩方が来てくださり、縦のつながりの大きさを実感しました。また、今年の西医大では、日ごろの練習の成果が実り、優勝という結果を残すことができました。1年生から、西医大優勝というものを経験させてくださった先輩方にはとても感謝しています。これからも日々練習に励み、よい成績を残せるよう、がんばりたいと思います。

終わりに

 今回、書かせていただいて、自分自身を見直すことができました。大学になれてきて、なかだるみがしやすい時期ですが、勉強や部活、同級生や先輩とのつながりを大事にして充実した大学生活を送っていきたいと考えています。また、6年間の大学生活を無駄なものにしないよう、医師として、また1人の人間とし て、成長していきたいと思います。

平成23年1月1日

掲示者

岐阜大学医学部同窓会
事務局長 横山年光

岐阜市柳戸1番1
電話 058-230-6091
FAX 058-230-6092


ページの
先頭へ戻る