ホーム > 会員広場 > 岐阜大学医学部に入学して > 岐阜大学医学部医学科1年 堀 裕貴

岐阜大学医学部に入学して

掲示分の内容に関する問い合わせは、掲示者本人に直接連絡してください。

岐阜大学医学部医学科1年 堀 裕貴

hori.jpg

はじめに

 はじめまして。晴れて第一志望校である岐阜大学に入学することができた堀裕貴です。大学生活がはじまり半年が経ち、大学生らしい生活に慣れはじめ、充実した毎日を送っています。今回「岐阜大学医学部記念会館だより」に寄稿させていただくことになりました。拙い文章ですが、自身の思いを綴りたいと思います。

医学部を志望した理由

 私が医師になりたいと強く思ったきっかけは中学2年生の頃でした。私は当時、髄膜炎という病気で入院していました。そのときの主治医の先生をはじめ、医療スタッフの方々の献身的な治療や患者に寄り添った治療に感銘を受けました。
 患者の苦しみを理解し助けることができる仕事、つらいとき・苦しいときに支えることができる仕事として医師という職業に非常に魅力を感じました。医師である親の話を聞いたりする中で、医師という職業にやりがいを感じるようになりました。患者さんに信頼されている様子をみると、自分も医師として人の役に立てればと思うようになりました。また、自分の性格として、「人と接することが好き」なところから、将来は臨床医として自分の生まれ育った岐阜で、医療に携わり、地域に貢献していきたいと思ってきました。

岐阜大学を志望した理由

 岐阜大学附属病院は高度救急救命センターとして岐阜の中核をなし、医学教育、医学研究、高度先端医療の大学病院としての役割を果たしている病院で、私の故郷である自然豊かな岐阜で恵まれた環境下にあります。
 岐阜大学医学部には最新の設備や施設だけでなく、他大学に先駆けたチュートリアルシテスムなどの参加型の教育体系が確立されていることを知り、魅力を感じました。
 自分が生まれてから大学に入学するまで慣れ親しんだ岐阜で医療活動がしたいというのも理由の一つです。少しでも地域に貢献できるよう頑張りたいと思います。

授業について

 1年生の授業は月、火、水曜日に全学部共通教育があり、木、金曜日に専門科目の授業があります。専門科目の授業では、前期に基礎生化学や基礎生理学などの授業がありました。高校までの授業とは180度異なり、ここまでやればいいというわけではなく、追求すればするほど多くの知識・考えを得ることができます。入学する前に想像していた以上に難しく、分野も多岐にわたり、高校で生物を選択しておけば...と思うときもありました。医学概論では、さまざまな先生方のお話を聞きました。医師の社会的資質について考えたり、地域医療やチーム医療について学んだりしました。医療現場で活躍されている先生方から直接お話しを聴くことができました。
 後期の専門科目には、生命科学実習があります。組織学を学び終わり、現在は生理・生化学系実習が行われています。大学に入学してからは初めての実験で、高校までの実験との質の差に驚くと同時に、毎週の実習が楽しみでもあります。また、地域体験実習では、幼稚園や産婦人科、高齢者施設へ訪れ、長期間にわたる実習を行っています。私は幼稚園に行っています。幼稚園では、子どもたちとのコミュニケーションの取り方を学び、子どもの発達や、心の動きを丁寧に観察し考察しています。
 また、1年生には医学部の専門科目以外に全学部共通教育があります。自分の好きな授業を選択して受けることができます。自分の興味のある分野を学ぶこと ができ、大学生らしさを感じる瞬間でもあります。全学部共通教育は1年生の時だけしか受けられないので、存分に楽しみたいとも思っています。

部活動について

 私はサッカー部に所属しています。サッカーは小学生のときに少年団で経験していましたが、幼いときでしたのでほぼ未経験のようなものです。今年は1年生からは7人の部員が入部しました。先輩方は個性的で面白い先輩が多く、日々の練習を楽しく送ることができています。非常に上手な先輩も多く、日々の練習に参加しながら上達に努めています。去年の西医大は準優勝しましたが、自身が入って初めて迎えた西医大では優勝校相手に初戦敗退してしまい、非常に悔しい結果となってしまいました。これからは大会も多く、良い結果を出せるよう頑張っていきたいと思います。
 今年の司祭は、7人でダンスを披露し、3位に入賞することができました。部員の1人は大役をつとめ、MVPをとることができました。医学部は、勉強だけでなく、部活やイベントに全力を尽くしています。
 大学に入学する前は、「大学といえばサークル」というイメージが強かったですが、徐々に部活にも慣れはじめ、充実した大学生活を送れています。

終わりに

 ここまで、医学部を志望した理由から部活動についてまで、様々なことについて書いてきましたが、自分を初心にかえって見つめなおすことができました。これから6年間ある大学生活をどのように過ごしていくべきか、もう一度考えるためのいいきっかけになりました。大学生活では医師にとって必要な知識、技術、態度、能力を身につけ、部活動などを通して人間的にも成長していけたらと思います。

平成24年1月1日

掲示者

岐阜大学医学部同窓会
事務局長 横山年光

岐阜市柳戸1番1
電話 058-230-6091
FAX 058-230-6092


ページの
先頭へ戻る