岐阜大学医学系研究科・医学部


MENU




学内組織




学内専用ページ


VOICE -岐大医学部から-

第64回解剖体慰霊祭及び平成29年度献体者御遺骨返還式を挙行

[ 最新の記事 ]   [ 過去の記事一覧 ]

医学部では、医学教育のために献体された方、病理解剖にご協力いただいた方の御霊をお慰めし、その尊い志とご遺徳を讃えるため、毎年11月に解剖体慰霊祭を、また、解剖学実習に供された方々の御遺骨を御遺族に返還するとともに、献体者及びその御遺族に感謝の意を表すため、献体者御遺骨返還式を執り行っています。

今年度は11月17日(金)に、第64回解剖体慰霊祭及び平成29年度御遺骨返還式が、岐阜市民会館にて、厳かに執り行われました。


64回目となる解剖体慰霊祭には、御遺族、献体にご登録いただいた方、来賓をお招きし、本学部教職員、医学科及び看護学科の学生など約450名が参列しました。今回は、平成26年9月から平成29年8月までに医学の発展のために尊い御遺体をお預け頂いた168名の御霊を追悼し、平成28年9月から平成29年8月までの新たにお預かりした御遺体の芳名が朗読されました。そして、湊口 医学部長、竹内 形態機能病理学分野教授、来賓代表及び学生代表が追悼の辞を述べ、最後に、参列者全員が献花を行い閉式となりました。


解剖体慰霊祭終了後に執り行われた4回目となる御遺骨返還式には、平成29年度に解剖実習に供された系統解剖体の御遺族、本学部教職員及び医学科の学生併せて約210名が参列しました。同式典に出席された御遺族へ湊口 医学部長から御遺骨が返還され、返還される御遺骨の解剖を行った学生が、献体頂いた故人及び御遺族に心からの感謝を述べました。最後に、山口 高次神経形態学分野教授から、重ねて故人並びに御遺族に対し謝辞を述べ、献体者御遺骨返還式は閉式となりました。

 


《当日の様子》
芳名簿朗読 湊口 医学部長による追悼の辞 学生による追悼の辞
献花の様子 御遺骨返還 山口 教授による謝辞

《 写真の説明 》
1 2 3 1: 芳名簿朗読 2: 湊口 医学部長による
追悼の辞
3: 学生による追悼の辞
4 5 6 4: 献花の様子
 
5: 御遺骨返還
 
6: 山口 教授による謝辞

 

 


問合せ先  〒501-1194 岐阜市柳戸1番1  岐阜大学 医学系研究科・医学部   電話:(058)230-6000
Copyright © 2009-2015 Gifu University School of Medicine. All Rights Reserved.