岐阜大学医学系研究科・医学部


MENU




学内組織




学内専用ページ


VOICE -岐大医学部から- 災害時多数傷病者受入訓練を実施

[ 最新の記事 ]   [ 過去の記事一覧 ]

平成26年7月11日に災害時多数傷病者受入訓練を実施しました。この訓練は、医学部医学科4年生のテュトーリアルコース『災害訓練』の授業の一環として行われ、学生が授業で学んだことを活かして自らが指揮統括を担当し、受入方法などを考えて実施する訓練で、全国的にみて非常に珍しい訓練です。


当日は、学生が傷病者役と医師役に分かれ、医師・看護師・事務職員の総勢約200名が参加した大規模な訓練となりました。

岐阜市内で多重交通事故が発生したと想定して、傷病時のようなリアルなメイクを施した傷病者役が来院し、医師役がトリアージ(傷病の度合いに応じて、治療の優先順位を判定する行為)を行い、重症度によって緑(軽症)・黄(中等症)・赤(重症)と色分けされた各エリアへ事務職員と協力しながら搬送しました。

各エリアでは、シナリオで設定された傷病者役の迫真の演技もあり、アドバイスをする医師が見守る中、医師役が看護師を交え診断や処置を行ったり、各種検査や病床の空き状況確認をしたりして、迅速かつ適切な対応で無事に訓練を終えました。


《参加者の声》
加藤 雄亮さん(医療指揮官役)

訓練のおよそ1ヶ月前から学生スタッフ(本部スタッフ・エリアリーダー・医師役等)でいろんな状況を想定し、話し合いを重ねる中で多くの素晴らしいアイディアが生まれました。中でもエリア毎に専用のカルテを設けることにより、傷病者役の症状把握と情報共有をよりスムーズに行うことができた点がよかったと思います。

訓練当日は、傷病者役の症状や行動が私たちの想定を超える場面の連続で、医療資源の最適化や災害時に活動できる人員(医療職・事務職員を含む)の中から、更にその場で共に対応することになったメンバーで臨機応変に行動しなければならず、実戦がいかに難しいかを痛感しました。

小木曽 美紀さん(トリアージエリア リーダー役)

トリアージエリアでは、川が流れるような形に机を配置して、傷病者役を滞留させない工夫をしました。

また、昨年はトリアージ担当の医師役を固定化していたのですが、トリアージにはそれほど多くの医師役を割かなくても良いのではないかとの考えから、今年は担当を決めない方法に変更しました。受入当初こそある程度の医師役を配置しましたが、落ち着く時間を見計らって最終的には2名の配置としました。

事務職員の方への説明が訓練直前だったにも関わらず、すぐに理解してもらえたことで、私たちは滞りなくトリアージに専念できたと思います。


《訓練の様子》
訓練の様子 訓練の様子 訓練の様子
訓練の様子 訓練の様子 訓練の様子
訓練の様子 訓練の様子 訓練の様子



問合せ先  〒501-1194 岐阜市柳戸1番1  岐阜大学 医学系研究科・医学部   電話:(058)230-6000
Copyright © 2009-2015 Gifu University School of Medicine. All Rights Reserved.