岐阜大学医学系研究科・医学部


MENU




学内組織




学内専用ページ


VOICE -岐大医学部から- 平成21年度新入生の声

[ 最新の記事 ]   [ 過去の記事一覧 ]

平成21年4月 医学部医学科には百余人の学生が入学しました。医学部医学科では例年入学式の翌日から2日間にわたって『新入生合宿研修』を行っています。
『VOICE-岐大医学部から-』第1回目は、合宿研修中に学年代表に選ばれた医学部医学科1年 船越 基裕さんにお話を聞きました

■ 合宿研修に参加してみてどうでしたか?

船越さん

グループワークで同級生達と意見を出し合って、色々な考えを聞けたのがよかったですね。
一年生の最初に合宿研修を行うのは、みんなが仲良くなれてその後の学生生活に良い影響をあたえるのではないかと思います。これからも合宿研修を続けていって欲しいですね。


■ 合宿研修で学年代表に選ばれましたが?

突然指名されてビックリしました!! 学年代表の先輩にどのような仕事があるのを聞いてみましたが、最初の仕事として同級生のメールアドレスを収集してメーリングリストを作成しなければならず、今はそれが一番大変ですね。


■ なぜ岐阜大学を選んだのですか?

後期試験を受験したのですが、医学部医学科はセンター試験よりも個別試験の配点割合が高いところがポイントでした。受験を決意した時から後期試験は岐阜大学を受験しようと決めていました。


■ 岐阜県や医学部医学科のイメージは?

まだ岐阜に来たばかりで良くわかりませんが、私は北海道の自然の多いところで育ってきましたから、岐阜は近くに山あり川ありでちょっと北海道と似た環境なので落ち着く感じがします。医学科は校舎が新しく綺麗でビックリしました。


■ 学生生活における抱負を聞かせてください

船越さん
クラブ活動に行ってきます!

違う大学を中退して岐阜大学に入学しましたので、勉強しなきゃって思いは人一番にあります。

医師になるために遅れて入学したことは、相当大きなハンデになるのではないかと個人的には思うので、現役で入学した学生よりも早く一人前になれるようにがんばりたいです。

あと、運動が好きなので体を鍛えたいと思います。1年生の有志でフットサル部を立ち上げようと動いていますので、クラブ活動もがんばって行きたいです。


■ 卒業後は病院の医師や医学系の研究者への道などがあると思いますが、将来はどのような事をしたいですか?

私の地元の北海道の小さな町は医師が少なかったのです。地元や人の少ない地域でみんなの為に働きたいという気持ちから、医師になろうと決意しました。
人の少ない地域で出来る医療と言うものを在学の6年間で考えながら医師をめざし、卒業後は経験を積み、どうしたら少ない医師で多くの人の健康の為に働けるか?を考えていきたいと思っています。

将来は広く患者さんと接することが出来る内科医になりたいと考えています。



問合せ先  〒501-1194 岐阜市柳戸1番1  岐阜大学 医学系研究科・医学部   電話:(058)230-6000
Copyright © 2009-2015 Gifu University School of Medicine. All Rights Reserved.