岐阜大学医学部眼科学教室

診療科紹介

岐阜大学眼科の歴史

 岐阜大学眼科は明治初頭にはルーツを持つ歴史のある診療科です。昭和19年から医学専門学校、昭和26年から医学部、平成16年から大学院医学系研究科として、眼科診療だけでなく、医学教育、研究に力を入れてきました。その歴史を紹介します。

 岐阜県公立病院長 相磯 慥(明治16年4月~明治19年3月)は内科のみでなく眼科にも精通しており、それ以前は内科において眼科的診療がなされていたようであるが、明治18年5月に内科から眼科を分離した。明治19年には、病院は岐阜県病院と改組され、眼科は診療科名からは一旦消え去ることとなった。その後、岐阜県病院として、明治32年から小川剣三郎(~明治32年11月)、山崎秋津麿(明治32年11月~明治39年9月)、高橋源作(大正7年5月~大正10年6月)、天野慎一(大正10年7月~昭和19年9月)が医長を務めた。

 昭和19年4月岐阜県立女子医学専門学校開校に伴い、初代眼科教授として清水新一(京都帝国大学医学部卒業)が就任した。その後、昭和26年4月に岐阜県立医科大学教授、昭和41年に岐阜大学医学部教授となり、昭和45年3月の定年退官まで25年余の間、眼科学教室を主宰した。研究面では、頚動脈注射の眼科的応用、髄液と眼の関係を中心テーマとしていた。

 昭和45年5月に早野三郎教授(名古屋帝国大学医学部卒業)が就任し、近代眼科学を他に先駆けて導入した。日本で最も早くアルゴンレーザーを設置し、マイクロサージェリーを始めた。研究はコンタクトレンズ、眼内レンズを中心テーマとしていた。昭和58年6月に岐阜大学学長に就任。昭和59年12月末をもって眼科教授を辞し、岐阜大学学長専任となった。

 昭和60年1月、北澤克明教授(千葉大学医学部卒業)が就任し、緑内障を核に最先端の診断、治療機器を導入し、多くのスタッフを国内外に留学させ、診療技術の向上を計った。研究面では、緑内障に対する幅広い研究を行い、「岐阜は緑内障のメッカ」と言われるようになった。北澤教授は、緑内障研究業績が国際的にも認められ、日本緑内障学会理事長、国際緑内障学会会長、アジアオセアニア緑内障学会会長、国際視野学会副会長を歴任した。

 平成12年、山本哲也教授(東京大学医学部卒業)が就任した。平成16年の大学病院の独立法人化、大学病院の新築移転、完全電子カルテ化や大学院化をこなし、前任の北澤克明教授に引き続き緑内障を研究面での中心テーマとし、緑内障の臨床研究をもとに国内外で活躍している。山本教授は、日本緑内障学会理事長、アジア太平洋緑内障学会会長、アジア閉塞緑内障クラブ会長を歴任していた。

歴代教授

  1代目 : 清水 新一(昭和19年4月~昭和45年3月)
  2代目 : 早野 三郎(昭和45年5月~昭和59年12月)
  3代目 : 北澤 克明(昭和60年1月~平成12年3月)
  4代目 : 山本 哲也(平成12年10月~)

臨床検査機器

光干渉断層計(OCT)、前眼部OCT、OCTアンジオグラフィ、ハイデルベルグ レチナトモグラフ (HRT)、
ハンフリーFDTスクリーナー、ハンフリー自動視野計、超音波生体顕微鏡 (UBM)、角膜内皮測定装置、
カラー・蛍光・ICG眼底カメラ、アイケア手持ち眼圧計、トノペン

臨床治療機器

マルチカラーレーザー、YAGレーザー、毛様体光凝固装置、
白内障手術装置、硝子体手術装置、広角観察システム、手術用顕微鏡

診療施設

眼科外来検査室


平成16年に、日本の大学病院で初めての眼科のペーパーレス電子カルテ化に成功。視力検査室、視野検査室、画像検査室、電気検査室、レーザー治療室には、ところ狭しと診断ならびに治療機器が設置されている。外来診察室には、病院電子カルテと眼科の電子カルテのモニターが並ぶ。



視力検査室: 斜視訓練奮闘中


視力検査室: 視力検査中


視野検査室


画像検査室


眼科外来検査室


病棟には、入院患者用の検査機器と電子カルテおよび教育用前眼部カメラが設置されている。