岐阜大学医学部眼科学教室

入局・研修を希望される方へ

眼科の特徴

眼科の医学全体における重要性

眼科は眼球を中心として眼窩、眼瞼を含む非常に限られた部分を対象にしています。しかし、視覚の障害はQOLにとても大きな影響を及ぼします。また、他の科が全く眼科疾患に関係が無いわけではありません。緑内障の急性発作は、片眼が見にくいということに気付かず、頭痛と吐き気を主訴に内科を受診します。眼や眼窩は皮膚や副鼻腔や脳と接しており、腫瘍や外傷は皮膚科、耳鼻科や脳外科との連携が必要となります。さらに、糖尿病網膜症や膠原病による角膜潰瘍、サルコイドーシスによるぶどう膜炎、バセドウ病の甲状腺眼症などの全身疾患による障害も多く、他科との連携も大切です。


眼科の面白さ

眼科の診察は、角膜、水晶体、硝子体といった組織が透明であるため、網膜まで透見が可能です。このため、異常は自分の目で見て診断し、治療の効果も目で確認できます。ただ、眼科の検査は、細隙灯検査、眼底検査という特殊な検査で行います。機器の操作を習得しないとせっかくの所見を見ることができません。眼科の手術は、顕微鏡を使用するため、術者と同じ視点で手術を見学することができます。また、主な手術は少人数で比較的短時間で行うことが可能です。さらに、白内障手術に代表されるように、手術の効果を患者さんが直接感じることができるということです。術前の視力がほとんど無い症例の術後視力が1.5ということも少なくありません。しかし、一度合併症が起きると、わずかな視機能の低下も患者さんは自覚するためごまかしは効きません。また、両眼の視機能障害をきたした場合には、生活も困難となる場合が多く、診察には十分な注意が必要です。

岐阜大学眼科の特徴

緑内障の診療と研究を中心に、網膜硝子体、内眼炎、角膜疾患等の治療を行っています。
出身大学、年齢、眼科の経験の有無を問わず、広く医師を募集しています