岐阜大学医学部眼科学教室

入局・研修を希望される方へ

連絡先

出身大学、年齢、眼科の経験の有無を問わず、広く医師を募集しています。ご質問などありましたら、下記までご連絡ください。

連絡先澤田 明(眼科医局長; メールアドレス: )

眼科の特徴

眼科の医学全体における重要性

 眼科は、眼球を中心として眼窩、眼瞼を含む非常に限られた部分を対象にしています。しかし、視覚の障害は、QOLに我々が思った以上にとても大きな影響を及ぼします。また、内科をはじめとする他の診療科の疾患が、全く眼科疾患に関係が無いわけではありません。“目はこころの窓”とよくいいますが、実際は全身的疾患から目の症状を引き起こす場合は決して少なくありません。例えば、副鼻腔の炎症や脳腫瘍などが挙げられます。眼窩は副鼻腔や脳と近接しており、副鼻腔の炎症や脳腫瘍の眼への波及により失明状態に陥ることがあります。また、内科疾患を例に挙げると、糖尿病網膜症や膠原病による角膜潰瘍、サルコイドーシスによるぶどう膜炎、バセドウ病の甲状腺眼症などの全身疾患による眼障害も多く、内科など他科との連携も大切です。眼科診療は、他の科の医師が決して浸食できる内容ではないのが大きな特徴です。


眼科の面白さ

 眼科の診察は、角膜、水晶体、硝子体といった組織が透明であるため、網膜まで透見が可能です。このため、異常は自分の目で見て診断し、治療の効果も目で確認できます。ただ、細隙灯顕微鏡検査、眼底検査という眼科特有の検査の技術習得をしてはじめて自分の目で確認することができます。逆にいえば、そういった他科の診療と異なる特性を有するため、それらが技術習得でき、自分自身で所見が確認できたときの喜びは格別です。また、白内障手術に代表されるように、術前の視力がほとんど無い症例の術後視力が1.5になることも少なくありません。その際の患者さんの喜びはひとしおではないと思いますが、それを携わった医師として共有できることは我々のひそかな喜びでもあります。実際のところ、治療により患者さんの喜ぶ姿がみせる数少ない診療科だと思います。


直像鏡にて視神経観察中 (澤田 明先生: 左)

硝子体手術中 (石澤聡子先生: 左)

岐阜大学眼科の特徴

 緑内障の診療と研究を中心に、網膜硝子体、内眼炎、角膜疾患等の治療を行っています。東海3県6大学附属病院のなかで、唯一緑内障を専門としている病院ですので、近隣県では愛知県や三重県より多数の患者さんが来院されます。遠方だと、北海道や四国、関東地方からはるばる来院される患者さんもみえます。