岐阜大学医学部眼科学教室

ご挨拶

教授(科長)
坂口 裕和

目からの情報は、人では外界からの情報の80%以上を占めるといわれます。すなわち目に疾患が生じ、視機能が障害をうけると、QOLが大幅に損なわれる可能性があります。眼科では、視機能に影響を与える疾患を的確に診断し、治療することを目的とします。

一言に眼の病気と言いましても、結膜炎、網膜剝離、糖尿病網膜症、斜視、網膜色素変性などのよく聞く病気から、我々でもめったに出会わないような病気まで様々です。岐阜大学の眼科学分野では、この数十年、先代の山本哲也教授、先々代の北澤克明教授のもと、緑内障を中心に臨床、研究を行ってきました。緑内障は罹患されている患者の人口が多く、また失明原因の上位に入る疾患であり、今後もその治療、研究は重要です。私自身はこれまで網膜硝子体疾患に対する外科的治療を中心に行ってまいりました。網膜硝子体疾患には、糖尿病網膜症、加齢黄斑変性など様々な疾患が含まれ、その患者の人口も多いのが特徴です。当眼科学分野では、伝統のある緑内障、と、網膜硝子体疾患の特に外科的治療を中心に、他の疾患にも対応しながら、臨床、研究を進めています。

私のライフワークは網膜硝子体疾患の治療ですが、その中でも特に外科的治療を専門として参りました。単に解剖学的成功のみではなく、低侵襲手術の開発にも取り組み、術後視力も良好で、多くの患者が運転や読書が可能な視力を取り戻す、そのような手術を目指してきました。また、難治性疾患である増殖性硝子体網膜症や重症糖尿病網膜症には、最新の機器と手技を駆使し、失明回避、生活視力の獲得を目指してきました。そのような難症例を含む多数例の手術経験および専門的な技術を生かし、手術を引き続き実施し、後進を育成し、また、伝統ある緑内障の手術加療も継承し、この手術なら岐阜大へ紹介、といわれるような施設を目指したいと思っております。

さらに県全土の診療を整えることが大学の重要な責任と考えています。それぞれの病院が連携して診療にあたることができるネットワークを整備し、岐阜県全土の開業医、勤務医を中心とした病診連携も積極的に行っていければと思います。岐阜県の地域医療の拠点となり、なおかつ、前述のような施設を目指したいと考えています。