岐阜大学医学系研究科・医学部


MENU




学内組織




学内専用ページ


奥穂高岳夏山診療所の歴史

奥穂高岳

 

 奥穂高岳夏山診療所は,岐阜県立医科大学時代の1958年7月に開設され,今年で51回目の診療班を派遣したことになります。初年度は資金面での苦労もありましたが,9班編成で7月10日から8月末まで海抜3,000 mの雲の上で多くの患者の手当てを行いました。

 

 この夏山診療所は,今田重太郎氏(平成5年8月31日逝去 94歳)の冬季避難小屋であり,無償で提供していただいております。夏山診療所の活動は,NHKの日本まんなか紀行「雲の上の診療所~北アルプス奥穂高岳~」に取り上げられるなど,その活動は学内外に知られるところとなり,本学にとって一つの重要な社会貢献事業となっています。

 

 このように診療活動の功績が認められ,現在,資金面では,GM会(岐阜大学医学部医学科後援会),財団法人誠仁会,岐阜県山岳遭難対策協議会,長野県山岳遭難対策協議会,奥穂高岳山荘及び高山市からの援助が得られるようになりました。

 

 診療所の運営については,1976年に「奥穂高岳夏山診療所運営に関する申合せ」を制定,さらに,2001年には「岐阜大学医学部奥穂高岳夏山診療所規程」を制定して,同年設置したスポーツ医・科学分野による高山病の実態追跡調査など,学部を上げて取り組んでいます。

奥穂高岳

 

 診療班は,医師2人,看護師1人,学生4人を1班とする8班を編成して7月20日から8月20日まで診療活動を行ってきました。また,西日本医科学生体育大会に参加する学生の都合等により,1992年からは7班編成で7月25日から実施していましたが,7月21日の休日前後を境に入山者が増加する状況もあり,2000年からは,8班編成による7月20日からの派遣に戻しています。

 

 夏山診療所として利用させて頂いている冬季避難小屋は,1995年に総桧造りで建て替えられ,広さも従来の1.5倍となり北アルプス随一の施設となっています。

 

 なお,1998年11月25日に(財)ソロプチミスト日本財団より,「平成10年度青少年ボランティア賞」を受賞しております。また,2008年11月30日には,開設50周年(2007年)を記念して,岐阜都ホテルにおいて関係者及び一般の方々を対象に,今田英雄氏(奥穂高岳山荘オーナー)による記念講演会を開催しました。


問合せ先  〒501-1194 岐阜市柳戸1番1  岐阜大学 医学系研究科・医学部   電話:(058)230-6000
Copyright © 2009-2015 Gifu University School of Medicine. All Rights Reserved.