岐阜大学医学系研究科・医学部


MENU




学内組織




学内専用ページ


放射線医学

[ 医科学専攻 ] >> [ 腫瘍制御学 ] >> [ 放射線医学 ] 

 

スタッフ

教 授 : 松尾 政之
MATSUO, Masayuki
准教授 : 加藤 博基
KATO, Hiroki
講 師 : 浅野 隆彦
ASANO, Takahiko
講 師 : 富松 英人
TOMIMATSU, Hideto
臨床講師 : 田中 秀和
TANAKA, Hidekazu
臨床講師 : 川田 紘資
KAWADA, Hiroshi
臨床講師 : 野田 佳史
NODA, Yoshihumi
臨床講師 : 金子 揚
KANEKO, Yo

 

分野紹介

放射線科の業務は画像診断と放射線治療が2本柱となり、悪性腫瘍を中心とした診断・治療を行っています。画像診断では、CTやMRIをはじめ、単純X線写真、マンモグラフィ、救急に対応したカテーテルによるIVR治療を行います。核医学検査では細胞の働きを利用して診断・治療を行います。放射線治療分野では、通常行われる外部放射線治療に加え、画像誘導放射線治療(IGRT)装置による高精度な定位放射線治療、IMRTおよび前立腺癌の小線源治療も行っています。

 

沿 革

1950年2月 岐阜大学医学部 放射線医学講座開設
1974年4月 岐阜大学医学部附属病院 放射線部設置
2004年4月 岐阜大学大学院医学研究科 放射線医学分野

 

教 育

放射線医学分野は、基礎放射線医学から臨床まで多岐に亘っており、臓器別に見ても全身の診断・治療に関わっている。チュトーリアル、基礎・臨床講義では多数の症例を提示し、bed sideでも少人数のミニレクチャー、実習について万遍なく教育できるよう工夫している。学生の参加可能なものとして画像診断デイリーカンファ、完全英語カンファレンスも挙げられます。

 

研 究

  1. 肝・胆・膵の画像診断
  2. 肝癌の集学的治療
  3. 血管新生と肝イメージング
  4. 核医学による悪性腫瘍診断/脳機能測定
  5. コンピュータ支援画像診断(CAD)
  6. 転移性骨腫瘍に対する集学的治療における放射線治療の最適化の検討
  7. 体幹部腫瘍(肺癌など)に対する3次元放射線治療の有害事象と線量容積因子の検討
  8. 頭部、頭頸部領域での定位放射線治療の臨床効果および治療計画の最適化
  9. 前立腺癌に対するI-125永久挿入療法の臨床効果および治療計画の最適化

 

メッセージ

高次救命治療センターの緊急検査・IVRとも連携しています。

 

問合せ先

E-mail : gifu_rad@gifu-u.ac.jp

 


問合せ先  〒501-1194 岐阜市柳戸1番1  岐阜大学 医学系研究科・医学部   電話:(058)230-6000
Copyright © 2009-2015 Gifu University School of Medicine. All Rights Reserved.