岐阜大学医学系研究科・医学部


MENU




学内組織




学内専用ページ


麻酔・疼痛制御学

[ 医科学専攻 ] >> [ 病態制御学 ] >> [ 麻酔・疼痛制御学 ] 

 

スタッフ

教 授 : 飯田 宏樹
IIDA, Hiroki
臨床教授 : 田辺 久美子
TANABE, Kumiko
講 師 : 熊澤 昌彦
KUMAZAWA, Masahiko
講 師 : 山口 忍
YAMAGUCHI, Shinobu
併任講師 : 福岡 尚和
FUKUOKA, Naokazu
臨床講師 : 山田 裕子
YAMADA, Yuko
臨床講師 : 吉村 文貴
YOSHIMURA, Noritaka
臨床講師 : 鬼頭 和裕
KITOH, Kazuhiro

 

分野紹介

●手術で麻酔サービスと手術後痛の管理

外科系各科の麻酔管理依頼、小児科の脊髄移植の麻酔管理など、あらゆる麻酔管理を担当している。深夜の緊急手術に対する麻酔管理はもちろん、時に24時間以上に及ぶ手術の麻酔にも対応し、年間1500件以上に安全で質の高い麻酔を提供している。手術後の急性痛に対しては、硬膜外維続疼痛管理を行っている。


●ペインクリニック外来

麻酔科のペインクリニックは、痛みを訴えている人や神経麻痺をもった人のための総合外来である。患者の病状は多彩、最近「痛み」が主な症状の病気、あるいは様々な種類、複雑な要素をもった痛みを訴える患者が増えてきた。現在は外来診療室で12床、入院用6床を備え、月曜日には手術室で画像を用いての神経ブロック、木曜日には放射線透視室で神経ブロックを行っている。


●集中治療室での重症患者診療

大手術後患者の呼吸・循環・代謝管理を含め、脳・肺・心臓・肝臓・腎臓などの枢要臓器の急性機能障害・不全、蘇生後や急性中毒などの患者の治療を24時間体制で行っている。人工呼吸、補助循環、血液浄化法、脳低温治療などを行っている。

 

研究

研究分野は、麻酔・疼痛シグナル伝達とその制御機構、麻酔薬の脳脊椎の微小循環、麻酔中および重症患者の呼吸循環反応、など広範・多岐に及ぶが、いずれも麻酔臨床の安全性に主眼をおいた研究である。

  1. 麻酔と脳・脊椎の微小循環

    安全な麻酔管理には、全身麻酔中や脊椎・硬膜外麻酔中の脳や脊椎における循環の変化は極めて重要であり、吸入麻酔薬や局所麻酔薬の脳、脊椎の微小循環の薬理学的研究と低酸素、高二酸化炭素状態などの変化を観察し、作用機序の検討を行っている。

  2. 麻酔中および重症患者の反射性呼吸・循環反応

    自律神経機能の異常な患者のみならず、麻酔薬や麻酔が自律神経機能に著明に影響するので、反射性の呼吸循環反応を様々な点から検討している。麻酔の安全のためには必須であり、麻酔中の脳循環の反応性も観察している。

  3. 麻酔・疼痛のシグナル伝達と制御機構

    この分野の研究は「麻酔の機序」を知る上で重要である。分子生物学的アプローチを取り入れ、パッチクランプ法によってイオンチャンネルの動きからも検討している。さらに臨床導入をはかるべく、局所麻酔薬などの細胞レベルの研究から脊椎鎮痛機構に関する研究も行っている。これらを背景に、難治性疼痛疾患にたいする治療法の新しい視点、麻酔系鎮痛薬の耐性発現機構を明らかとする。

  4. 新しい心臓機構モニターの開発

    重症患者の呼吸循環代謝管理には、瞬時的な反射性の循環変動の知識が不可欠である。過去10年間、心臓1拍出ごとの拍出量を表示するモニターの開発を行い、これに附随する研究も多方面に及んでいる。

  5. 心肺・脳蘇生の開発

    麻酔と蘇生は表裏一体をなす。麻酔の安全のためには蘇生の力量は必須である。動物実験で蘇生後の脳血管の最も望ましい薬治療の開発や、脳低温時の脳血管反応の新しい知見を得ることを目指している。

 

問合せ先

TEL : 058-230-6404
FAX : 058-230-6405

 


問合せ先  〒501-1194 岐阜市柳戸1番1  岐阜大学 医学系研究科・医学部   電話:(058)230-6000
Copyright © 2009-2015 Gifu University School of Medicine. All Rights Reserved.