岐阜大学医学系研究科・医学部


MENU




学内組織




学内専用ページ


耳鼻咽喉科学

[ 医科学専攻 ] >> [ 神経統御学 ] >> [ 耳鼻咽喉科学 ] 

 

スタッフ

教 授 : 伊藤 八次
ITO, Yatsuji
臨床教授 : 水田 啓介
MIZUTA, Keisuke
准教授 :
(形成外科)
加藤 久和
KATO, Hisakazu
講 師 : 久世 文也
KUZE, Bunya
臨床講師 : 西堀 丈純
NISHIHORI, Takezumi
臨床講師 : 林  寿光
HAYASHI, Hisamitsu
臨床講師 : 大橋 敏充
OHASHI, Toshimitsu
臨床講師 : 若岡 敬紀
WAKAOKA, Takanori
臨床講師 :
(形成外科)
大島 希実子
OSHIMA, Kimiko

 

分野紹介

耳鼻咽喉科学分野は耳、鼻、咽頭、喉頭および頭頸部疾患の診療、教育、研究を担当しています。この領域には、生命維持に不可欠な嚥下、呼吸およびQOLの維持と向上に重要な聴覚、平衡覚、嗅覚、味覚、発声機能が含まれます。

 

沿 革

昭和18年12月 岐阜県立女子医学専門学校開設。耳鼻咽喉科初代教授に久米直助先生就任
昭和27年 5月 福田 精教授就任。カニの視運動性眼振の研究を行ない、眼振を平衡生理学的に研究する出発となった。昭和32年、平衡生理学研究者に多大な影響を与え続ける「運動と平衡の反射生理」を出版
昭和49年10月 時田 喬教授就任。平衡医学研究にコンピュータ解析を導入。視運動性眼振、身体動揺、前庭眼反射、前庭脊髄反射などの新たな解析と評価法を開発した
平成元年 4月 宮田英雄教授就任。めまい平衡障害のリハビリテーション、平衡機能の発達と加齢、訓練による平衡機能向上、宇宙における錯覚・失認対策法など、めまい平衡医学において基礎と臨床の両面で研究を進めた
平成11年 4月 伊藤八次教授就任。伝統を引き継ぎ、めまい・平衡の研究を進めている

 

研 究

  1. 直立姿勢制御
  2. 前庭脊髄反射
  3. めまい平衡障害における自律神経の関与
  4. 高齢めまい平衡障害における大脳MRI白質病変の検討
  5. めまい平衡障害のリハビリテーション
  6. 前庭障害における空間識障害

 

問合せ先

E-mail : entpub@gifu-u.ac.jp

 


問合せ先  〒501-1194 岐阜市柳戸1番1  岐阜大学 医学系研究科・医学部   電話:(058)230-6000
Copyright © 2009-2015 Gifu University School of Medicine. All Rights Reserved.