岐阜大学医学系研究科・医学部


MENU




学内組織




学内専用ページ


口腔病態学

[ 医科学専攻 ] >> [ 病態制御学 ] >> [ 口腔病態学 ] 

 

スタッフ

教 授 : 柴田 敏之
SHIBATA, Toshiyuki
講 師 : 牧田 浩樹
MAKITA, Hiroki
講 師 : 加藤 惠三
KATO, Keizo
講 師 : 畠山 大二郎
HATAKEYAMA, Daijiro
臨床講師 : 飯田 一規
IIDA, Kazuki
臨床講師 : 米本 和弘
YONEMOTO, Kazuhiro
臨床講師 : 杉山 健
SUGIYAMA, Ken
臨床講師 : 中島 教行
NAKASHIMA, Takayuki

 

分野紹介

口腔病態学分野では、歯・顎・口腔に生じる様々な疾患を対象とした治療とその解析・治療法の開発を行っている。特に、口腔癌(がん)などの粘膜疾患の集学的治療および分子生物学的解析、外科的咬合改善、先進医療(インプラント義歯)や細胞工学を駆使した口腔機能の再建、口腔乾燥症・舌痛症等の治療開発に取り組み、岐阜市を中心とする岐阜県、東海地方の口腔外科学の拠点となるべく展開を図っている。

 

沿革

口腔外科学教室は、昭和25年12月、当時の岐阜県立大学医学部附属病院に診療科として歯科が開設され、部長として茂田貫一が着任されたことに始まり、昭和31年4月に口腔外科学講座が開講後、初代教授(茂田貫一)、二代目(岡 伸光)、三代目(立松憲親)、四代目(柴田敏之)と歩んで来ている。

 

教育

歯・口腔・顎顔面における疾患とその治療法についての学部教育を主体とし、全学の共通教育講義および医療関係者・一般市民への講演活動を通じて口腔の健康について理解を図っている。また、高度化する口腔医療へのニーズに応えるべく研修医教育や大学院生教育にも力を注いでいる。さらには、岐阜市、岐阜県内の医療機関と共同して口腔癌(がん),インプラント治療などをテーマにするフォーラムを開催している。

 

研究

  1. 口腔癌(口腔がん)の集学的治療
  2. 口腔機能再建(移植・再生・インプラント)
  3. 口腔粘膜疾患の分子生物学的解析と治療法開発
  4. 口腔乾燥症・舌痛症の病態解析と治療法開発
  5. 臨床応用に向けた歯髄からの組織幹細胞の樹立および性状解析
  6. iPS細胞の臨床応用に向けた検討

 

メッセージ

先進医療(顎顔面補綴・インプラント義歯)を取得し、高度な質の高い口腔医療を岐阜市、岐阜県の医療機関と共同して展開している。

 

問合せ先

TEL : 058-230-6355
FAX : 058-230-6356

 


問合せ先  〒501-1194 岐阜市柳戸1番1  岐阜大学 医学系研究科・医学部   電話:(058)230-6000
Copyright © 2009-2015 Gifu University School of Medicine. All Rights Reserved.