岐阜大学医学系研究科・医学部


MENU




学内組織




学内専用ページ


腫瘍外科学

[ 医科学専攻 ] >> [ 腫瘍制御学 ] >> [ 腫瘍外科学 ] 

 

スタッフ

教 授 : 吉田 和弘
YOSHIDA, Kazuhiro
oncosurg-yoshida.jpg
准教授 :

二村 学
HUTAMURA, Manabu

 
講 師 : 高橋 孝夫
TAKAHASHI, Takao
oncosurg-takahashi.jpg
講 師 : 田中 善宏
TANAKA, Yoshihiro
講 師 : 今井 寿
IMAI, Hisashi
臨床講師 : 森 龍太郎
MORI, Ryutaro
臨床講師 : 棚橋 利行
TANAHASHI, Toshiyuki
臨床講師 : 今井 健晴
IMAI, Takeharu
臨床講師 : 田島 ジェシー 雄
TAJIMA, Jesse Yu
臨床講師 : 鷹尾 千佳
TAKAO, Chika
臨床講師 : 末次 智成
SUETSUGU, Tomonari

 

分野紹介

岐阜大学腫瘍外科は、食道・胃・十二指腸・小腸・大腸・肝臓・膵臓を中心とした消化器癌と乳癌の外科手術のみならず、化学療法を含めた癌の集学的治療を行う癌治療・研究・専門分野です。当科では最新の医学的知識と深い経験に基づいた最善の医療を患者様に提供するだけでなく、新たに癌の先進的治療を開発することを目標としています。

 

沿 革

腫瘍外科(旧第二外科)は昭和31年から独立し、消化管、肝胆膵を含めたすべての消化器疾患および、乳腺疾患、小児外科(現在長良医療センターで行っています)を担当し、癌を中心とした外科治療、化学療法さらに救急医療にも関与し、また院内のほとんどの緊急手術(急性腹症)を行っている。

 

教 育

初期研修では外科医としての基本姿勢を重視し、術前の正確な画像診断、予定術式などのプレゼンテーションのトレーニングを徹底的に行います。後期研修ではさらに、基本的手術の実際、術後管理の実践を行います。特にトレーニングセンターを利用した腹腔鏡トレーニングも適宜行います。

 

研 究

臨床面では鏡視下手術(食道、胃、大腸)の発展に努めており、その有用性を明らかにする取り組みを行っています。また、癌患者さんを中心とした新たな抗癌剤治療の開発や、臨床試験の積極的な展開を行っています。基礎研究では癌の分子生物学的検索のみならず、抗癌剤や、分子標的薬の研究を行っています。

 

メッセージ

スタッフ一同、岐阜大学病院の基本理念にそって、患者様やそのご家族に「大学病院に来てよかった」と言っていただけるよう、最新・最善の医療の提供のため努力してまいります。

 

問合せ先

TEL : 058-230-6235
FAX : 058-230-6236
E-mail : surgonco@gifu-u.ac.jp

 


問合せ先  〒501-1194 岐阜市柳戸1番1  岐阜大学 医学系研究科・医学部   電話:(058)230-6000
Copyright © 2009-2015 Gifu University School of Medicine. All Rights Reserved.