岐阜大学医学系研究科・医学部


MENU




学内組織




学内専用ページ


脳神経外科学

[ 医科学専攻 ] >>  [ 神経統御学講座 ] >> [ 脳神経外科学 ] 

 

スタッフ

教 授 : 岩間  亨
IWAMA, Toru
臨床教授 : 矢野 大仁
YANO, Hirohito
臨床准教授 : 中山 則之
NAKAYAMA, Noriyuki
講 師 : 榎本 由貴子
ENOMOTO, Yukiko
併任講師 : 江頭 裕介
EGASHIRA, Yusuke
臨床講師 : 山内 圭太
YAMAUCHI, Keita
臨床講師 : 澤田 重信
SAWADA, Shigenobu

 

分野紹介

neurosurgery02

脳神経外科は脳や脊髄などの中枢神経や末梢神経疾患の診断と治療、研究をおこなう時代の最先端を担う分野です。対象としている疾患としては脳卒中(くも膜下出血、脳梗塞、脳出血)や脳血管障害(脳動脈瘤、脳動静脈奇形、脳動脈狭窄・閉塞症、もやもや病など)、脳腫瘍、機能的脳神経疾患(顔面けいれん、三叉神経痛、てんかん、パーキンソン病、不随意運動など)、重症頭部外傷、脊髄脊椎疾患、中枢神経系奇形などで、これらに対して直達手術、血管内手術、脳深部刺激療法、定位的放射線治療、化学療法等を用いて集学的に治療を行なっています。救急疾患も積極的に受け入れており、超急性期脳梗塞に対してはt-PA静注療法、動脈内局所線溶療法を多数おこなっています。外来診療では頭痛、めまい、しびれ、意識消失発作などの診断治療、脳梗塞の危険因子管理や二次予防、てんかんに対する薬物治療などをおこなっています。

 

沿 革

岐阜大学医学部脳神経外科教室の創設は昭和61年と比較的最近ですが、岐阜大学における脳神経外科診療の歴史は古く、昭和31年岐阜大学第2外科初代竹友隆雄教授の就任に遡ります。その後第2外科教室の臨床・研究の柱の1つとして脳神経外科が引き継がれ、第二代坂田一記教授時代の昭和61年、当時第2外科講師であった山田弘先生が第2外科から独立する形で脳神経外科教室初代教授に就任し、以後平成8年からは第二代坂井昇教授、平成16年からは第三代岩間亨教授と引き継がれ現在に至っています。現在、岐阜県、愛知県を中心に19の関連病院と4カ所の医師派遣施設を有しており、広く地域医療に貢献しています。

 

教 育

neurosurgery01

脳神経外科専門医取得を目標に脳神経外科全般にわたって診断、治療にかかわる知識、技術を教育しています。当院においてほとんど全ての分野の疾患を経験することが可能ですが、当院で比較的症例の少ない小児先天奇形や脊椎脊髄疾患は関連施設、連係施設での研修により十分な経験を積むことができるようにプログラムを組んでおり、当科での研修者は脳神経外科専門医試験で非常に高い合格実績をあげています。当院は日本脳神経血管内治療学会専門医訓練施設でもあり、これまでに10名以上が血管内治療の専門医を取得しています。

近年増加しつつある脳卒中を専門とする内科系医師を養成するため、当科では脳卒中専門医を目指す医師の研修受入れを開始しました。当院は日本脳卒中学会認定研修教育病院に認定されていますが、最高水準の医師を養成するために、神経内科などの院内関連診療科のみならず、国内の有数な脳血管内科・脳卒中診療施設への派遣、研修を含めたプログラムを組んでいます。

 

研 究

現在おこなっている主な研究のテーマは以下のとおりです。

  • 虚血に対する脳保護療法に関する研究
  • 神経幹細胞を用いた脳虚血治療に関する研究
  • 脂肪組織由来神経幹細胞樹立に関する研究
  • 脳腫瘍細胞の細胞死に関する研究
  • 悪性脳腫瘍幹細胞の樹立によるテーラーメード治療に関する研究
  • 悪性脳腫瘍に対する免疫療法に関する研究
  • 高次脳機能障害の画像診断に関する研究
  • PETを用いた脳腫瘍診断に関する研究
  • 頚動脈のプラーク診断に関する研究
  • 虚血性脳血管障害患者における至適血小板凝集能に関する研究 など

 

問合せ先

TEL : 058-230-6271
FAX : 058-230-6272
E-mail : nohgeka@gifu-u.ac.jp

 


問合せ先  〒501-1194 岐阜市柳戸1番1  岐阜大学 医学系研究科・医学部   電話:(058)230-6000
Copyright © 2009-2015 Gifu University School of Medicine. All Rights Reserved.