岐阜大学医学系研究科・医学部


MENU




学内組織




学内専用ページ


分子病態学

[ 医科学専攻 ] >> [ 病態制御学 ] >> [ 分子病態学 ] 

スタッフ

教 授 : 長岡  仁
NAGAOKA, Hitoshi
助 教 : 佐藤 克哉
SATO, Katsuya


分野紹介

《抗体記憶の形成維持機構の解明》

免疫記憶は、特異性免疫の最も重要な特徴であり、その人工的付与であるワクチン療法は感染症対策、さらには抗腫瘍免疫療法として期待されている。また、近年ヒト型抗体医薬によるB細胞除去療法のSLE、慢性関節リューマチ、多発性硬化症等自己免疫疾患での有効例が示唆する様に、ある種の自己免疫病の病態にはスイッチ型の自己抗体産生が関わっており、慢性難治性の本態に記憶B細胞の形成が関連している可能性がある。従って免疫記憶の生成と消退の分子機構を解明する事は、医学・医療の進歩に寄与する所大である。

B細胞は末梢で抗原と出会い、T細胞からのヘルプを受け、胚中心を形成する。その際B細胞にActivation induced cytidine deaminase(AID)が発現し、自らの抗体遺伝子を改変し、高親和性のスイッチ型抗体をコードした遺伝子へと作り変えてゆく。胚中心B細胞のうち、一部が形質細胞に分化、更にその一部が骨髄の微小環境で長期生存形質細胞として長期にわたる血清抗体価の維持に貢献する。また、別の一部は休止状態で長期生存する記憶B細胞となると考えられている。その運命決定の原理や、その長期生存の本態等、記憶B細胞に関する基本的な事項は、未だ十分に明らかではない。我々は、抗体記憶の形成維持機構を分子レベルで進め、そこから免疫記憶制御の基礎を築く事を目指している。


《細胞周期制御》

胚中心B細胞は8時間とも言われる短い細胞周期で分裂し、また、その過程で抗体遺伝子に変異や組替えを蓄積して行く。従って特異な細胞周期・DNA修復の制御が働いている可能性がある。当研究室では世界に先駆けてヒトから細胞周期制御に重要な3種類のAuroraキナーゼをクローニングし、これらの機能解析を行ってきている。Aurora Aは細胞周期に依存してその発現量が変化し、細胞分裂期の中心体において紡錘体機能を制御している。また、Aurora AやBが癌細胞や癌組織で高発現していることを明らかにした。

一方、N末伸長型ユビキチン付加酵素(ubiquitin conjugating enzyme)のUBE2E2やUBE2E3をクローニングし、その機能解析を進めて来た。これらE2と相互作用するRING-fingerタンパク質をコードするRNF8やARA54をクローニングした。RNF8は2007年の終わりになって、DNA修復に関与することが明らかとなり、我々もその機能解明に努力している。


研究

  1. マウスモデルを利用したAID発現制御機構の解析。
  2. AID発現後のリンパ球の、運命決定機構及び機能の解明。
  3. 免疫記憶細胞の細胞生物学的・分子生物学的解析。
  4. Auroraを中心としたM期キナーゼの機能解析と細胞周期の分子機構の解明。リンパ球における機能の解析。
  5. ユビキチン化のE3酵素として作用するRNF8のDNA修復、細胞周期のチェックポイントにおける機能の解明。


教育

いわゆる生化学系の授業を担当している。

  1. アミノ酸・タンパク質の種類と性質
  2. アミノ酸代謝
  3. ヌクレオチド代謝
  4. 遺伝子の構造と機能
  5. 細胞周期の制御


沿革

1993年7月より岡野幸雄が初代分子病態学講座主任となり、分子病態学教室が始まった。生化学教室から分家したいわば第2生化学教室であった。永田浩一や木村正志がその年内に当教室に加わり、生化学的のみならず分子生物学的な手法も用いた研究を始めた。2011年4月より長岡 仁が2代目の講座主任として着任し、分子免疫学・分子細胞生物学の研究室として新たにスタートした。


メッセージ

21世紀に入ってヒトゲノムプロジェクトによってヒト遺伝子の塩基配列がほぼ決められ、ヒトでは2万数千の遺伝子が存在することが明らかとなりました。しかし、高次生命現象の理解は緒に着いたばかりと言えるでしょう。免疫現象や、発ガンといった医学的にも重要な課題に取り組む、研究に興味のあるエネルギッシュな若い人たちの参加を楽しみにしています。


問合せ先

TEL : 058-230-6208
FAX : 058-230-6209

問合せ先  〒501-1194 岐阜市柳戸1番1  岐阜大学 医学系研究科・医学部   電話:(058)230-6000
Copyright © 2009-2015 Gifu University School of Medicine. All Rights Reserved.