岐阜大学医学系研究科・医学部


MENU




学内組織




学内専用ページ


地域看護学

[ 看護学科 ] >> [ 地域・精神看護学 ] >> [ 地域看護学 ] 

 

スタッフ

教 授 : 石原 多佳子
ISHIHARA, Takako
准教授 : 纐纈 朋弥
KOUKETSU, Tomomi
准教授 : 三好 美浩
MIYOSHI, Yoshihiro
准教授 : 小林 和成
KOBAYASHI, Kazunari
助 教 : 玉置 真理子
TAMAOKI, Mariko
助 教 : 田中 健太郎
TANAKA, Kentaro
助 教 : 池上 由美子
IKEGAMI, Yumiko

 

分野紹介

chiiki-02
双子の子ども達とお母さんの教室

地域看護学は、小児、青年、老年期のあらゆる年代の人々を対象とした、地域で行われている看護の分野です。高齢社会のわが国においては、人々が自らの健康を自ら守って、健康長寿を目指すように行動することが大切です。また、少子化が進む地域における健全な子育てへの支援や、青壮年の人々の健康増進も地域の重要な健康問題となってきています。

地域看護学では、このようなあらゆる年代の人々に対して、地域において健康増進・健康づくり、病気の予防と早期発見・早期治療、社会復帰といった面から、看護職としての役割・機能・活動方法とその理論などを学習します。特に公衆衛生看護学の分野では、その活動拠点である県や市町村での保健師による看護を学ぶために、地域に密着した実践的な学習を目指します。例えば、人々が、どのような地域に、どのような生活を送っているのかといったことを、実践的にかつ科学的にとらえることや、地域の人々の健康状態を集団として把握し、その健康課題を見出すことなどです。さらに、この地域看護学の分野には、在宅看護の学習も含みます。

在宅療養者やその家族への看護を訪問看護の実践を通して学び、さらに、地域における様々な施設や人々、制度などの理解を深めて、在宅療養者も家族も共に、よりよい QOL (生活の質)を保つことができるような看護や、在宅療養者が安心して施設から在宅療養に移れるように、施設内の看護と地域での看護とを結ぶ継続看護についてなど、幅広く理解を深めます。

これらの地域看護学の学習は、保健師の国家試験を受験するために必修科目でもあります。都道府県や市町村、事業所などで保健師として働くためには、保健師の資格が必要になります。

 


問合せ先  〒501-1194 岐阜市柳戸1番1  岐阜大学 医学系研究科・医学部   電話:(058)230-6000
Copyright © 2009-2015 Gifu University School of Medicine. All Rights Reserved.