岐阜大学医学系研究科・医学部


MENU




学内組織




学内専用ページ


母性看護学

[ 看護学科 ] >> [ 母子看護学 ] >> [ 母性看護学 ] 

 

スタッフ

教 授 : 井關 敦子
ISEKI, Atsuko
准教授 : 今田 葉子
IMADA, Yoko
准教授 : 新川 治子
SHINKAWA, Haruko
助 教 : 金子 洋美
KANEKO, Hiromi
助 教 : 長谷川 文子
HASEGAWA, Ayako

 

分野紹介

bosei-01
沐浴の練習

母性看護学は、生涯を通した女性の健康と看護について学びます。中でも妊娠・出産・育児といった周産期にある女性とその家族を対象とした看護を中心に学びを深めます。また、国際的な女性の健康問題と看護職者による支援についても学習します。

技術演習では特に、安全で家族にとって満足な看護援助、健康な子どもを産み育てるためのセルフケア支援などを学びます。

臨地実習では、分娩期・出産の直後の母児または妊娠中の女性を受け持たせていただき看護を展開します。出産は最も大切な家族のイベントの1つであり、女性とその家族にとって出産が肯定的な体験となり、新たに加わる親役割に適応していけるような個々の対象者に合った看護に取り組みます。

 

助産師教育

bosei-02
助産学生主催の母親学級を終えて

新たな生命が健やかに生まれるように、そして女性が最大限にその力を発揮できるようにサポートするお産のエキスパートが助産師です。助産師は常に母子と家族に寄り添って健康を支援していきます。また安心して出産・子育てが出来る環境づくりや、思春期や更年期など女性の生涯にわたって心身のサポートも行っていきます。

助産学では主として妊娠・出産・産褥期の女性を対象とした健康と看護を主体的な学習方法で学びます。また臨地実習では、出産の介助、母子と家族に対する保健指導、母親学級の企画・運営など助産師として必要な実践能力を身につけます。助産師を志す人は、卒業要件に加え助産に関する選択科目の履修が必要です(選択に当たっては3年次に行われる選抜試験に合格することが必要です。定員8名以内)。そのため履修者は心身ともに健康であることが要求されますが、赤ちゃんとお母さんの笑顔に励まされ、多くのことが学べます。教育方法としては、対象の状況をアセスメントし、それに基づいた看護が実践できる能力を修得できるように事例を用いて講義やグループワーク、学内実習を実践しています。また、学生が考えた援助方法が自己学習できるように基礎看護学実習室を整備し、教員が学習支援できるようにしています。

 


問合せ先  〒501-1194 岐阜市柳戸1番1  岐阜大学 医学系研究科・医学部   電話:(058)230-6000
Copyright © 2009-2015 Gifu University School of Medicine. All Rights Reserved.