精神看護学

看護学科 分野紹介 > 精神看護学

最新情報

↑ページの先頭へ戻る

教育概要

精神看護学は、精神に障害がある人のみを看護の対象とするのではなく、人の精神の健康保持、増進、疾病予防を含めて考えられる看護者の育成をねらいとしています。また、その対象は小児から老年までのライフサイクルを考慮しながら、精神の健康問題と身体機能、社会状況との関連性を理解することを目指しています。

このため、看護活動も施設内、病院内に限らず、地域で生活する精神障害者に対する看護を学ぶ機会を提供します。そして、精神の健康問題をもつ個人及び家族に対する継続的な援助について学ぶなかで、精神障害者に対する自己の思いに気づき、尊重した態度がとれるようになることをねらいとしています。

↑ページの先頭へ戻る

教育内容

精神看護論【2年前期】

精神看護論は,精神保健および精神看護学の基盤となる人間理解に焦点をあて,不安や葛藤などの正常範囲の心理・精神的反応から,明らかな病的状態までの幅広い精神状態に対して適切な精神看護を実践するための機能と役割について学びます。また、代表的な精神疾患の病態を理解し、それらに対する看護の方法を学びます。

精神看護方法Ⅰ【2年後期】

精神看護は,基本的人権の尊重と信頼関係の構築を基盤として,専門的立場から全人的に対象を理解し,精神的健康を回復させ,社会に適応できるよう援助していくことです。この科目では,この精神看護の基礎的知識を修得するために、コミュニケーションや補完療法を演習により学びます。

精神看護方法Ⅱ【3年前期】

精神看護は,基本的人権の尊重と信頼関係の構築を基盤として,専門的立場から全人的に患者を理解し,精神的健康を回復させ,社会に適応できるよう援助していくものです。この科目では,精神看護における対象理解の方法と精神的健康を回復させるための看護の方法について、事例展開演習により学びます。

音楽療法

人間と音楽のかかわりを再認識し、音楽を医療の中で活用するために、基本的な知識と技術を学びます。また、医療現場に限らず、福祉・教育・予防の観点から療法的な音楽の活用方法を知ることで、自分自身の生活の中での音楽の意味を考え、職業人となった際のメンタルヘルスに音楽を生かすことを目指します。

精神看護学実習【3年後期】

病院や地域において精神障害者と関わる中から,その生活の現状や独自の体験の意味を理解していくことと,同時に自己理解を深めつつ,自己の活用方法や精神科看護者の役割・支援について学びます。
→臨地実習

統合実習【4年前期】(H27年~)

基礎実習や分野別実習での学びを統合し、学生自らが見出した課題に取り組み、看護の専門性を深めるとともに、総合的な看護実践能力を養います。
→臨地実習

卒業研究【4年】

精神障害者や精神看護に関すること、コミュニケーション技術、対人関係やストレスに関することなどをテーマに研究に取り組み、研究手法の基本を学びます。
→卒業研究(主なテーマ)

↑ページの先頭へ戻る

スタッフ紹介

主な研究 精神科看護に関する研究、看護職者のメンタルヘルス研究 他
活動など 病院との共同研究を行っています。


主な研究 看護職のワーク・ライフバランスについての研究、臨床との共同研究 他
活動など 学生へのメンタルヘルス支援を行っています。奥穂高夏山診療所の活動を行っています。

 

↑ページの先頭へ戻る

臨地実習

精神看護学実習

実習は2週間(10日間)で、病棟実習とデイケアセンター実習を組み合わせて行っています。病棟実習では受持患者をもち、患者理解と患者に必要なケアを考えます。デイケアセンター実習では、利用者と一緒に活動しながら、精神障害者の理解や地域生活の理解を深めます。 
<実習場所>岐阜大学医学部附属病院、公益社団法人岐阜病院

統合実習

実習は2週間(10日間)で、精神科病棟のほか、病棟、デーケアセンター、地域生活活動センター、訪問看護など、精神障害者が利用する施設での実習を組み合わせ、学生が学びたいことを中心に実習を展開します。
<実習場所>特定医療法人社団聖泉会聖十字病院

↑ページの先頭へ戻る

卒業研究(主なテーマ)

  • 看護実習生が教員に望む臨地実習指導・関わりについての検討
  • 患者の死に直面した看護師が抱く思いとその乗り越え
  • 男性の摂食障害と性に関する研究の動向
  • 自助グループ立ち上げに向けての新たな方法-保健師による統合失調症患者家族会立ち上げの支援より-
  • 大学生の友人関係と対人ストレスイベントの関連
  • 大学生における楽観性とストレス認知の関連
  • 看護学生のエゴグラムパターンとストレス因子の関連
  • 学生と患者の気持ちの「ズレ」に影響する因子の検討-精神看護学実習におけるプロセスレコードの分析より-
  • 対応に困ると思われる場面における学生のコミュニケーションの特性

大学院教育(精神看護学)

教育概要・指導教員

修士論文テーマ  

  1. うつ病患者の回復過程の理解と看護についての考察-壮年期の女性に対する看護の関わりと患者理解-
  2. 看護師調査による精神科長期入院患者の退院率に影響を及ぼす要因の検討
  3. 准看救命士の職業的アイデンティティの確立-形成過程に影響を及ぼす因子-
  4. 発達に遅れがみられる児に対する母親のコミュニケーションの特徴
  5. 就労支援機関職員と精神科看護師における精神障がい者の一般就労とその支援に関する認識と態度