生命機能学・生体システム学

看護学科 分野紹介 > 生命機能学・生体システム学

最新情報

↑ページの先頭へ戻る

研究の概要

本分野では,電子顕微鏡や蛍光顕微鏡に加え,分子生物学やコンピュータの技術を用いて,組織形態から分子レベルにまで至る研究を行っている。形態レベルの研究では,各種動物の舌乳頭及び上皮剥離後の結合組織の表面構造を走査型電子顕微鏡により観察し,主に比較解剖学的側面から食物及び咀嚼方法との関係について研究している。一方,分子レベルの研究としては,新たに見出した中心体タンパク質CLERCの解析を通して,中心体や中心子機能の進化的特性の解明を目指している。さらに,ヒトを含めた多様な生物種のゲノム情報を活用することにより,生体分子の分子進化経路の解析や,祖先タンパク質の再現,微生物の病原因子の解析等,コンピュータを用いたバイオインフォマティクスに基づく研究を推進している。

↑ページの先頭へ戻る

教員紹介

  • 教授:江村正一 Shoichi Emura
  • 教授:武藤吉徳 Yoshinori Muto

↑ページの先頭へ戻る

研究業績

著書

  1. Matsuoka T, Kotsuki H, Muto Y. Multi-functions of photodynamic pigments in ciliated protozoans. In: A. Méndez-Vilas ed. Current Research, Technology and Education Topics in Applied Microbiology and Microbial Biotechnology. Badajoz:Formatex Research Center;2010:419-426.

総説

  1. Muto Y, Okano Y. CLERC and centrosomal leucine-rich repeat proteins. Central European Journal of Biology. 2010;5:1-10.

原著

  1. Emura S, Okumura T, Chen H. Scanning electron microscopic study of the tongue in the Oriental scops owl (Otus scops). Okajimas Folia Anat Jpn. 2009;86:1-6.
  2. Emura S, Okumura T, Chen H. Scanning electron microscopic study of the tongue in the Japanese pygmy woodpecker (Dendrocopos kizuki). Okajimas Folia Anat Jpn. 2009;86:31-35.
  3. Kohbata S, Emura S, Kadoya C. Filterable forms of Nocardia: a preferential site of infection in the mouse brain. Microb Infect. 2009;11:744-742.IF 2.726
  4. Chen H, Zhou X, Emura S, Shoumura S. Site-specific bone loss in senescence-accelerated mouse (SAMP6): A murine model for senile osteoporosis. Exp Gerontol. 2009;44:792-798. IF 3.804
  5. Chen H, Yanao R, Emura S, Shoumura S. Anatomic variation of the celiac trunk with special reference to hepatic artery patterns. Ann Anat. 2009;191:399-407. IF 1.658
  6. Emura S, Okumura T, Chen H. Comparative studies of the dorsal surface of the tongue in three avian species by scanning electron microscopy. Okajimas Folia Anat Jpn. 2010;86:111-115.
  7. Emura S, Okumura T, Chen H. Scanning electron microscopic study of the tongue in the Jungle nightjar (Caprimulgus indicus). Okajimas Folia Anat Jpn. 2010;86:117-120.
  8. Chen H, Zhou X, Shoumura S, Emura S, Bunai Y. Age- and gender-dependent cahages in three-demensional microstructure of cortical and trabecular bone at the human femoral neck. Osteoporosis Int. 2010;21:627-636. IF 4.859
  9. Emura S, Okumura T, Chen H. Scanning electron microscopic study of the tongue in the rainbow lorikeet (Trichoglossus haematodus). Okajimas Folia Anat Jpn. 2011;88:17-21.
  10. Emura S, Okumura T, Chen H. Morphology of the lingual papillae in the sitatunga. Okajimas Folia Anat Jpn. 2011;88:23-27.
  11. Muto Y, Tanabe Y, Kawai K, Okano Y, Iio H. Climacostol inhibits Tetrahymena motility and mitochondrial respiration. Cent Eur J Biol. 2011;6:99-104. IF 0.685
  12. Matsunami M, Yoshioka T, Minoura T, Okano Y, Muto, Y. Evolutionary features and intracellular behavior of PRTB protein. Biochem Genet. 2011;49:458-473. IF 0.825
  13. Ninomiya M, Tanaka K, Tsuchida Y, Muto Y, Koketsu M, Watanabe K. Increased bioavailability of tricin-amino acid conjugates via a prodrug approach. J Med Chem. 2011;54:1529-1536. IF 5.207
  1. 江村正一. アブラコウモリの舌乳頭とその結合織芯の走査型電子顕微鏡による観察, 医学と生物学 2009年;153巻:56-62.
  2. 江村正一. カルガモの舌乳頭とその結合織芯の走査型電子顕微鏡による観察, 医学と生物学 2009年;153巻:63-69.
  3. 江村正一. ツグミとシロハラの舌表面の走査型電子顕微鏡による観察, 医学と生物学 2009年;153巻:101-106.
  4. 江村正一. ヌートリア舌乳頭の結合織芯の観察, 医学と生物学 2009年;153巻:107-113.
  5. 江村正一, 奥村年彦, 陳 華岳. レッサーパンダの舌乳頭とその結合織芯の走査型電子顕微鏡による観察, 哺乳類科学 2009年;49巻:37-43.
  6. 江村正一. ヒヨドリの舌の走査型電子顕微鏡による観察, 医学と生物学 2009年;153巻:243-248. 7) 江村正一. 8種類の哺乳動物における肉球の汗腺管について, 医学と生物学 2009年;153巻:249-255.
  7. 江村正一. 8種類の哺乳動物における肉球の汗腺管について, 医学と生物学 2009年;153巻:249-255.
  8. 江村正一. 3種類のサギ舌表面の走査型電子顕微鏡による観察, 医学と生物学 2009年;153巻:423-430.
  9. 江村正一. ハクビシンおよびタヌキの有郭乳頭と舌根部円錐乳頭について, 医学と生物学 2009年;153巻:431-436.
  10. 松波宏佳, 武藤吉徳, 松波美紀, 温水理佳, 吉川美保, 箕浦とき子. 椅子からの立ち上がり動作の画像分析―「自然な動き」と「全面的な介助を受けたときの動き」の特徴―, 岐阜看護研究会誌 2009年;1巻:17-23.
  11. 江村正一. アマサギとアオサギの舌の走査型電子顕微鏡による観察, 医学と生物学 2010年;154巻:20-27.
  12. 江村正一. ムクドリ, ホトトギス, ウグイスの舌表面の走査型電子顕微鏡による観察, 医学と生物学 2010年;154巻:28-35.
  13. 江村正一. ツバメの舌表面の走査型電子顕微鏡による観察, 医学と生物学 2010年;154巻:286-291.
  14. 江村正一. アオバズクの舌の走査型電子顕微鏡による観察, 医学と生物学 2010年;154巻:292-298.
  15. 江村正一, 阿閉泰郎, 陳 華岳. 哺乳類の喉頭蓋の形態について, 形態・機能 2010年;9巻:13-16.
  16. 江村正一. オオミズナギドリの舌の走査型電子顕微鏡による観察, 医学と生物学 2010年;154巻:441-446.
  17. 江村正一. ドバト, キジバト, アオバトの舌の走査型電子顕微鏡による観察, 医学と生物学 2010年;154巻:447-453.
  18. 江村正一. アカエリヒレアシシギの舌表面の走査型電子顕微鏡による観察, 医学と生物学 2011年;155巻:1-6.
  19. 江村正一. カワセミとアカショウビンの舌の走査型電子顕微鏡による観察, 医学と生物学 2011年;155巻:7-13.
  20. 江村正一. ハシボソガラスの舌の走査型電子顕微鏡による観察, 医学と生物学 2011年;155巻:188-193.
  21. 江村正一. トラツグミ、ハイタカ、オナガガモ、チュウサギの舌表面の走査型電子顕微鏡による観察, 医学と生物学 2011年;155巻:194-202.
  22. 江村正一. フクロモモンガの舌表面の走査型電子顕微鏡による観察, 医学と生物学 2011年;155巻:377-383.
  23. 江村正一. カナダガンとエジプトガンの舌の走査型電子顕微鏡による観察, 医学と生物学 2011年;155巻:384-389.
  24. 江村正一. チリーフラミンゴの舌の走査型電子顕微鏡による観察, 医学と生物学 2011年;155巻:790-795.
  25. 江村正一. モリスズメフクロウの舌表面の走査型電子顕微鏡による観察, 医学と生物学 2011年;155巻:796-801.

↑ページの先頭へ戻る

発明・特許出願

  1. 二ノ宮真之, 土田裕三, 纐纈守, 渡邉邦友, 田中香お里, 武藤吉徳, 他:トリシンアミノ酸接合体(発明);平成22年(特願2010-20484)

↑ページの先頭へ戻る

学会活動

  1. 学会役員
    江村正一:
    1)日本解剖学会評議員(~現在)
    2)日本臨床分子形態学会評議員(~現在)
  2. 学術雑誌委員
    武藤吉徳:
    1) Advances in Planar Lipid Bilayers and Liposomes, Elsevier B.V; Editorial Board (2004 ~現在)
    2) TSWJ (Bioinformatics domain); Editorial Board (2011 ~現在)