成人看護学(慢性期)

看護学科 分野紹介 > 成人看護学(慢性期)

最新情報

↑ページの先頭へ戻る

慢性期看護とは

医療状況の変遷・進歩により慢性的な病を持った人が増加している中で、多様化する患者の価値観や生き方を理解し、患者が自分自身で病気とともに過ごす生活を自己管理する力を身に付けられるように支援することが看護師に求められています。 慢性期看護学では、慢性的な病を持つことにより、生涯にわたって病と共に生きていくことを余儀なくされた患者自身が、治療コントロールや自己管理の方法を考え、自らの意思決定した方法で病気と折り合いをつけながら、その人らしい生活が営める援助を探求しています。

↑ページの先頭へ戻る

岐阜大学医学部看護学科慢性期看護学の教育の特徴

  • 岐阜大学医学部附属病院と連携して糖尿病看護認定看護師や管理栄養士による講義を取り入れ、日々変化する臨床看護の実際を学習できる機会を設けています。
  • 終末期看護の教育方法を検討及び構築し、終末期にある患者とその家族への看護に関して深く学習できるように取り組んでいます。
  • 慢性期疾患と共にある人が社会生活を営むために重要なリハビリテーションについて、心臓リハビリテーションや呼吸リハビリテーションの講義・演習を通して、様々な分野におけるリハビリテーションと看護師の役割を学習できるように取り組んでいます。

↑ページの先頭へ戻る

分野及び教員の研究テーマ

  • 糖尿病患者のQOL(Quality of Life)
  • 外来におけるCOPD患者及び家族への看護支援
  • 肺がん患者の呼吸困難マネジメント
  • 終末期患者及び家族への看護に関する効果的な教授方法  等

↑ページの先頭へ戻る

現状と課題

岐阜大学 大学院医学系研究科・医学部・附属病院 現状と課題

↑ページの先頭へ戻る

学部教育

教育概要

急性期を脱し、日常生活動作が拡大しつつある回復過程にある人、病状は安定しているが悪化や合併症の予防のために継続的に自己管理が必要な状態にある人、病状が悪化し日常生活動作が制限される人、死を迎えつつある終末状態にある人とその家族に看護を実施する上で有用な概念や理論、実践方法などを教授します。
さらに、教授内容を検証、再構築するために回復、慢性の状態にある人に特徴的な看護技術の演習、回復過程の状態にある人の事例を用いた看護過程の展開、看護の実際を学ぶ臨地実習などを展開していきます。
このような過程を通して、知識、技術、態度が習得され、看護実践能力が育成されていくことを目指しています。

↑ページの先頭へ戻る

担当科目

↑ページの先頭へ戻る

卒論テーマ

担当教員 卒論テーマ
足立久子 ・慢性疾患患者とその家族に関するもの
・がん患者とその家族に関するもの
・終末期にある患者と家族に関するもの

 

↑ページの先頭へ戻る

大学院教育

教育概要

慢性的な病とその自己管理とともに、社会や家庭における役割を果たしつつ、より良く生活や人生を送ることのできるよう質の高い看護援助実施能力の修得を目指します。そのため、それらに関わる理論、概念、具体的な看護方法などを国内外の最新の情報を概観しながら、理解を深め、根拠に基づいた援助方法を究明します。研究では、慢性的な病をもった人のよりよい生活や人生を送るための根拠に基づいた援助方法を究明します。

↑ページの先頭へ戻る

担当科目

↑ページの先頭へ戻る

修士論文テーマ

担当教員 研究テーマ
足立久子 慢性疾患患者やその家族を対象に,患者の自己管理を促すあるいは継続するための看護のあり方などに関するもの