基礎看護学・看護学教育

看護学科 分野紹介 > 基礎看護学・看護学教育

最新情報

↑ページの先頭へ戻る

概要

基礎看護学分野では、看護の本質や理論を探究し、あらゆる健康レベルにある全ての人々の健康レベルの好転をめざして働きかける具体的な援助方法について教育・研究しています。また、学内で学習した理論と援助方法を、臨地実習の場で実際に適用し看護を修得できるようにしています。教授方法としては、適切に判断し根拠を持った看護実践ができる能力を育成するために、講義やグループワーク、学内実習を組み合わせ、指導方法を工夫しています。「なぜ、そのような動作をするのか。」、「どうすれば、安全で安楽な援助になるのか。」、「これからの看護のあり方は?」、など問題意識を持ち主体的に考えることができるように学生の学習をサポートしています。さらに、看護の専門職者として不可欠な看護倫理や看護管理を学習できる科目も設けています。
研究活動としては、実践能力を育成するための効果的な技術教育の方法に関する課題に取り組んでいます。さらに、各教員が興味ある領域の課題に取り組み、看護のレベルアップのために努力しています。

↑ページの先頭へ戻る

教員紹介

※アドレスはコピー後、「◎」の部分を「@」に直してください。

↑ページの先頭へ戻る

教育内容

基礎看護学分野では、「看護学原論」で看護の本質、看護理論、看護の対象、健康、環境などについて学習し、これらの学習内容の理解を見学実習を通して深めるために、並行して「初期体験実習」を設定しています。また、あらゆる健康レベルにある全ての人々の健康レベルの好転をめざして働きかける具体的な援助方法(看護技術)を、ロイ適応看護モデルを用いて「基礎看護技術Ⅰ」と「基礎看護技術Ⅱ」の授業で学習します。さらに、あらゆる健康レベルにある全ての人々の健康レベルを身体的側面から評価する「フィジカルアセスメント」、また、ロイ適応看護モデルに基づいて看護の対象の身体的・精神的・社会的側面をアセスメントし、看護診断・看護計画立案・評価の看護過程展開を「アセスメント演習」を通して学習します。そして、学内で学習した理論と援助方法(看護技術)を、「基礎看護学実習」として臨地実習の場で実際に適用し看護を修得できるようにしています。さらに専門職者として必要な「看護倫理」、「看護管理」について学習する科目も設け、広い視野でこれからの看護について理解が深まるような教育内容になっています。

↑ページの先頭へ戻る

担当科目

 

1年次 前学期 看護学原論 初期体験実習
後学期 基礎看護技術Ⅰ
2年次 前学期 基礎看護技術Ⅱ
看護アセスメント演習
フィジカルアセスメント
看護倫理
後学期 基礎看護学実習
3年次 前学期 看護管理
後学期  
4年次 前学期 統合実習
後学期