母性看護学

看護学科 分野紹介 > 母性看護学

最新情報

↑ページの先頭へ戻る

分野の紹介

母性看護学 

母性看護学では、生涯を通した女性の健康と看護について学びます。中でも妊娠・出産・育児といった周産期にある女性とその家族を対象とした看護を中心に学びを深めます。また、国際的な女性の健康問題と看護職者による支援についても学習します。技術演習では特に、安全で家族にとって満足な看護援助、健康な子どもを産み育てるためのセルフケア支援などを学びます。
臨地実習では、出産前後の母児または妊娠中の女性を受け持たせていただき看護を展開します。出産は最も大切な家族のイベントの1つであり、女性とその家族にとって出産が肯定的な体験となり、新たに加わる親役割に適応していけるような個々の対象者に合った看護に取り組みます。

新生児の観察 グループワークの発表 新生児の沐浴

↑ページの先頭へ戻る

助産学

助産師国家試験受験資格を得ることのできる課程です。
新たな生命が健やかに育まれるように、そして女性が最大限にその力を発揮できるよう生涯にわたる女性の健康をサポートするエキスパートが助産師です。
講義・演習では、おもに、安心して出産・子育てができるように妊娠・分娩・産褥期の女性とその家族を対象とした健康支援と看護について学び、思春期や更年期など女性の生涯にわたる心身のサポートについても学びます。
臨地実習では、おもに、分娩の介助、母子と家族に対する保健指導、健康診査、母親学級の企画・運営など助産師として必要な実践能力を身につけます。
この課程を希望する場合は、3年次におこなわれる助産師課程選考試験に合格する必要があります(定員は8名以内;女子学生に限る)。

学生主催の母親学級 妊婦の健康診査の演習 分娩介助演習

※アドレスはコピー後、「◎」の部分を「@」に直してください。

↑ページの先頭へ戻る

教員紹介

↑ページの先頭へ戻る

卒業研究(主なテーマ)

・褥婦にとって分娩介助者がバースレビューを行う有用性
・産後1ヵ月までの母乳育児継続に影響する要因と助産師の支援
・産婦が満足感を得られるための支援についての考察
・母乳育児の実施状況と母親の母乳育児に対する意識変化とその要因について
・バースプランの効果について
・出産体験を肯定的に捉える要因と支援の在り方について
・NICU看護師による母親への支援内容の現状について
・NICU入院児をもつ父親への支援
・分娩時の産痛緩和の方法について
・妊娠期の母親役割獲得への影響要因と看護援助
・出生前診断における看護支援
・性教育を提供する団体の活動現状についての一考察
・院内助産院の現状と課題

↑ページの先頭へ戻る

メッセージ

教員からのメッセージ

  • 母性(父性)の理解を深め、母性看護のあり方及び看護の実際について講義や実習をとおして一緒に学んでいきましょう。また、助産師を志す人に対しては、助産師としての責任・役割を自覚し社会に貢献できる人材育成を目指しています。
  • 自分の将来と結びつけて学ぶことができます。命の誕生、生涯を通した女性の健康に関わる母性看護学・助産学を学ぶ楽しさを実感できるようサポートしたいです。
  • 母性看護学での学びが助産師を目指したきっかけでした。専門職を志す皆さんと学べることを楽しみにしています。

学生からのメッセージ

母性看護学実習を終えた看護学生さん

  • お産に立ち会って、自分もこんなふうに祝福されながら生まれてきたのかなあと、両親への感謝の気持ちを抱いた。
  • お産に立ち会って将来自分の奥さんが出産する時には、自分も立ち会って支えになりたいと思った。
  • お母さんは、子どもを産んだらすぐお母さんになるのではなく、周りのサポートがあって母親として成長していく。それを支える、看護師・助産師は素敵な職業であると感じた。

助産師課程専攻学生さん

  • 助産師になりたいという思いがあって岐阜大学に入学しました。
    授業、試験、実習と大変なことも多いですが、赤ちゃんとお母さんの笑顔に支えられ沢山のことが学べます。
    自分の興味のある分野なので、楽しく取り組み、辛いことがあっても頑張ることができます。みなさんも夢に向かって頑張ってください!