岐阜大学医学系研究科


医療者教育学専攻


《大学院医学系研究科》




MENU




学内組織




学内専用ページ


医療者教育学専攻の概要

 ▶ 医療者教育学専攻オリジナルサイトへ

 

 

ミッション

医療者教育学専攻は、グローバルな視野をもちつつ、ローカルな視点から、医療の質向上に寄与する医療者教育を展開し先導するため、多職種の人材と連携し、医療者教育を設計・実践・改善・発信できる能力のあるリーダーの育成を目指します。

 

アドミッション・ポリシー

医療者教育学専攻は、以下のような資質を持った意欲的な医療者教育経験者を求めます。

1. 医療者教育のオピニオンリーダーになる意欲がある人
2. 医療者教育の教育実践、評価、プログラム開発を含む様々な実務経験がある人
3. 創造的・協働的・自己主導的であり、医療・教育機関で働きながら継続的に学べる人
4. 医療者教育のグローバルな動向への関心がある人
5. 医育機関の教職員・医療機関の医療従事者、ないしその専門分野で教育的役割を担う役割に就くことが期待される人

 

カリキュラム・ポリシー

医療者教育学専攻は、修了認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)を実現するため、以下のカリキュラムを実施します。

 

1. 遠隔地学習と現地学習のブレンド
e-learningを重点的に導入して学びに柔軟性をもたらすと同時に、多職種の同僚・指導教員との関係構築を可能にする現地学習もブレンドして、多様な学習方略を適用します。

2. 柔軟な自主的学習を支えるツール
柔軟に各自のペースで知識をインプットし、レポートとしてアウトプットできるようにするスモールステップな課題を設定し、多職種の同僚とともに協働的に討論・学習できるpeer assisted learningを導入します。

3. グローカルマインドを涵養する学習コンテンツ
世界標準の教育理論・教育モデルの修得を目指す一方、日本の特性に配慮した教育をデザインするために、日本人の特性や国の文化に関する学習を盛り込みます。

4. 実践・問題基盤型学習
自らの医療者教育を改善できるように、各自の教育実践・問題を題材とする問題基盤型学習をベースに、実践的理論を身につけ実践に活用できる能力にまで高めます。


5. 多職種連携教育を多職種の参加者で学び究める
多職種の学生によるグループダイナミクスを重視し、多職種の指導教員とメンターがサポートする学習・研究支援を行います。

6. 熟達を可視化し評価を学びにつなげる“プログラム化された評価システム
科目・課題にちりばめられた評価が、卒業時に求められるどの能力において、どの程度達成できているかを可視化し、学びを促進する“プログラム化された評価システム”を採用します。

 

授業科目

 

科目区分 授業科目の名称
学際科目

医療における多職種協働と地域連携
医療者教育の社会的意義

専門科目

教育理論と効果的な教育方法
学習者評価の原理と評価方法
カリキュラムの開発と評価
医療者教育におけるグローバル化と日本での展開
医療系教育者の教育能力開発
医療者教育の改革におけるリーダーシップとマネジメント
教育実践報告と改善のための批判的吟味

選択科目

臨床教育現場における教育的コミュニケーションスキル
e-learningにおける学習支援
医療者教育研究のプロトコール立案
e-learning・シミュレーション教育の開発
教育実践の視察と外部評価
北米における医療者教育
欧州における医療者教育

特別研究科目 医療者教育研究技法の基本
医療者教育実践の調査と研究

 

 

ディプロマ・ポリシー

医療者教育学専攻は、所定の修了要件を満たすとともに、医療者教育のエキスパートとして下記の能力を備えた者に、学位(医療者教育学修士 / Master of Health Professions Education (MHPE))を授与します。

1. 優れた教育能力
国際標準の教育理論に基づき、学習者に合わせた効果的教育ができる教育実践者を育成し、知識を伝えるknowledge providerではなく、学び続ける姿勢・ノウハウを伝えるfacilitatorをめざします。教育哲学や理論の修得、AI/ICTの活用、学習者中心のアクティブ・ラーニング、実践力を修得するカリキュラム立案、多彩な能力評価法を修得し、新しい教育を開発できる能力を追求します。

2. 医療教育における協働力
機関・専門・職種・国境を越えて、多様な人材育成に取り組める協働者を育成します。多職種チームとして診療できる人材を育成するために、多職種の指導者と学生がともに学び、協働力の修得をめざします。

3. 日本に相応しい教育の設計力
グローバルスタンダードの医療者教育を提供できる能力と同時に、文化・社会の多様性、国の独自性を活かした、我が国ならではの医療者教育を構築する能力を磨きます。

4. 教育機関の先導力
社会の変化、医療者教育の変化に対応し、時代のニーズを満たすために、教育組織と個々の教員能力を見直し開発していく力、すなわちリーダーシップ・マネジメント能力の育成をめざします。


5. 教育の学識の発信力
それぞれの教育機関・研修病院などにおける教育の問題点を明らかにし、適切な方法で現状分析を行い、改善のための提言を行ったり、学識体系を構築し、国際的に発信できる人材育成をめざします。


問合せ先  〒501-1194 岐阜市柳戸1番1  岐阜大学 医学系研究科・医学部   電話:(058)230-6000
Copyright © 2009-2015 Gifu University School of Medicine. All Rights Reserved.