ごあいさつ

トップ医療関係者へごあいさつ

ごあいさつ

岐阜大学大学院医学系研究科 泌尿器科学分野 出口 隆

 高齢化社会の到来に伴って泌尿器科医の需要が高まる中、岐阜大学医学部泌尿器科学教室においても、関連病院泌尿器科の開設の増加に対応するため、 実践的なgeneral urologistの育成に主眼が置かれてきました。 そして岐阜大学医学部泌尿器科および出向した関連病院において、われわれは 泌尿器科専門医として地域医療を担い、診断法および手術法を含めた治療法に関しても先進的な試みに積極的に取りくみ医療水準の向上に努めてきました。 岐阜大学医学部泌尿器科および関連病院泌尿器科における医療レベルは、 総括的に全国的な基準と比較しても高い医療水準を維持しているものと確信しています。しかしながら、泌尿器科領域においても他の医学領域と同様に細分化され、各分野においてより専門的でより高度の医療知識と医療技術が求められています。このような現状において、岐阜大学医学部泌尿器科の診療に関して課せられた次世代の目標は、general urologistの育成と充実とともに細分化された各分野におけるspecialistの育成とより専門的な医療の展開であると考えています。

 岐阜大学医学部泌尿器科を中心として関連病院を有機的に結合させることにより、その他の地域医療機関も含めて泌尿器科医療全体の医療水準を向上させ、さらに、開業の先生方をふくめた他の専門分野の医療機関とも連携を図りつつ、地域医療全体に質の高い医療サービスを提供すべく努力して行きたいと考えています。 さらに、大学医療機関の使命として、先進的医療の開発と普及にも努めて行きたいと考えていますが、先進的医療の導入には海外からの導入をふくめて積極的に行っていくとともに、本学の泌尿器科学教室では、アジアからの留学生を受け入れており、外国人医師の教育および日本の医療技術の海外移転を含め、医療面における国際貢献にも積極的に取り組みたいと考えています。