トップページ > あいさつ・沿革

ごあいさつ・沿革

ごあいさつ

岐阜大学皮膚病態学教室教授 清島真理子

私ども岐阜大学大学院医学系研究科皮膚病態学講座の目標は良質の皮膚科医療を患者さんに提供することにあります。
そのためには、(1) 診療体制を充実させ、(2) 研究面では皮膚疾患の診断につながる病因、病態の解明と、新しい治療法の開発、そして(3) 正しい知識と技能をもった、皮膚科医療を担う人材の育成が重要と考えております。

当教室では、診療面については湿疹、白癬のような一般的皮膚疾患から、皮膚悪性腫瘍、膠原病まで皮膚疾患全般の診療を担っています。
特に岐阜県の皮膚科診療の中核として、難治例を含め多数の症例をご紹介いただいており、より高度な皮膚科医療を提供しようと心がけています。
乾癬、レーザー、腫瘍、アトピー、膠原病、脱毛症、光線治療を持ち、各担当医が新しい治療を含め、国際的に評価される治療法の開発に力を入れています。

研究においては、特に難治性皮膚疾患の病態解明および治療法の開発をめざしています。
実際のプロジェクトとしては、まず乾癬については遺伝子解析による病因解明に力を注ぎつつ、アフェレシス治療、特に好中球吸着療法の奏功機序を研究しており、好中球吸着の作用をサイトカイン産生能および接着因子発現レベルで検討しています。
また、アトピー性皮膚炎の皮膚角質層のバリア機能の解析、難治性潰瘍を形成する皮膚細菌症の迅速診断キットの開発を行っています。
天疱瘡、類天疱瘡といった自己免疫性水疱症の最新の診断法の開発も目指しています。
教育面では卒前および卒後教育の両過程において、高い倫理観を持ち、臨床と研究を実践する医師の養成に全力を挙げて取り組んでいます。
皮膚科医志望者については、興味をもって、広範な皮膚科学の知識を修得でき、手術などの手技も身につくように指導体制を組んでいます。

沿革

岐阜大学皮膚科学講座は昭和22年に岐阜県立医科大学が開設された時に皮膚泌尿器科講座として発足しました。
昭和29年に皮膚科学講座と泌尿器科学講座とに分離・独立しました。
昭和41年、国立に移管され、岐阜大学医学部皮膚科学講座となりました。
初代教授である伊藤賀祐名誉教授は昭和50年4月まで在任しました。
昭和50年6月に森俊二名誉教授が着任し、厚生省特定疾患強皮症調査研究班班長として膠原病の研究・臨床の発展に貢献しました。
平成6年4月には北島康雄前教授が着任し、厚生労働省特定疾患稀少難治性皮膚疾患調査研究班班長として、自己免疫性水疱症の先進的な研究で国際的に高い評価を受けました。
その後、大講座制への組織変更により平成16年4月には岐阜大学大学院医学系研究科皮膚病態学講座となりました。
平成21年6月には第4代として清島真理子教授が就任し、今日に至っています。

診察受付 058-230-6000 受付時間 AM8:30〜AM11:00 / 定休日 土曜日・日曜日・祝日 お問い合わせ - 〒501-1194 岐阜大学大学院医学研究科皮膚病態学講座