岐阜大学大学院医学系研究科・医学部 地域医療医学センター HOME サイトマップ お問い合わせ
NEWS センター紹介 STAFF紹介 活動内容 カリキュラム 研修医の声 勤務医の声 LINK
NEWS

【2007. 10. 11】

平成20年度岐阜大学医学部推薦入学Ⅱ(地域枠)入試説明会を開催します。
受験生の皆さんには勉強に励んでいることと思います。岐阜県の医師の数は全国平均に比較し少なく、とくに地域の医師不足が問題となっています。岐阜大学では平成19年4月より地域医療医学センターを発足させ、大学をあげて医師の偏在の抜本的解決をめざしています。岐阜大学では、岐阜県の各地域で医師として働く人が増えるように平成20年度から医学部の定員が現行の80名から10名増えて90名になります。この増えた10名はいわゆる地域枠とよばれ出願要項として以下のことが決まっております。
 

選抜の対象

岐阜県内の高等学校又は中等教育学校後期課程に在学していること。他県の高等学校または中等教育学校後期課程の場合は、在学期間中の3年間岐阜県内に居住していること。

出願要件

人物及び学力が優秀で健康状態が良好であり、岐阜県のへき地・地域医療に貢献したいという強い意志を持ち、能力、学力、素質、適性等について在籍(卒業)高等学校長が責任をもって推薦し、合格した場合には入学することを確約できる者。

その他

1高等学校又は1中等教育学校後期課程からの推薦者数は、1人。
岐阜県からの奨学金が支給される。卒業後一定の期間、指定されたプログラムにより勤務した者は、奨学金の返還が免除される。

以上のことをふまえまして、下記のとおり説明会を開催します。岐阜県で地域医療に貢献する強い意志をもつ、医師をめざす受験生の方にお集まりいただきたいと思います。ご家族の方または高校教員の方のご参加も歓迎いたします。なお会場等の都合がありますので、出席の返事をご案内のあった高校へご連絡ください。多数の方のご来場をお待ちしています。
 

日時: 平成19年11月4日(日曜日)13:00~15: 00
場所: 岐阜大学医学部記念会館
説明内容: 地域枠入試についての説明
卒前卒後のカリキュラムについての説明
説明者: 医学系研究科研究科長・地域医療医学センター
センター長 近藤直実教授

地域医療医学センター 
副センター長 内科系分野  村上啓雄教授

岐阜大学医学部入試委員会委員長・医学教育開発研究センター
センター長 鈴木康之教授

 

 

NEWSのTOPへ

 

HOMENEWSセンター紹介STAFF紹介活動内容カリキュラム研修医の声勤務医の声LINKお問い合わせ
Copyright(c)2007 Center for Regional Medicine All Right Reserved.