薬剤部
 

著書(和文)
片桐義博:Therapeutic Drug Monitoring,臨床薬理学テキスト,植松俊彦,岩本喜久生編,東京,南江堂,1997.52-59
 
片桐義博:抗凝固薬の使い方,臨床薬理学テキスト,植松俊彦,岩本喜久生編,東京,南江堂,1997.194-197
 
片桐義博:鎮痛薬の使い方,臨床薬理学テキスト,植松俊彦,岩本喜久生編,東京,南江堂,1997.213-216
 
片桐義博:代表的薬物の体内動態パラメータ値,臨床薬理学テキスト,植松俊彦,岩本喜久生編,東京,南江堂,1997.231-261
 
杉山 正,片桐義博:脳循環代謝改善剤,薬効別医薬品の適正使用指針98-99,高杉益充編,大阪,医薬ジャーナル社,1998.59-65
 
杉山 正,片桐義博:狭心症治療剤,新編 診断・治療の進歩と新しい薬剤1999-2000年版,高杉益充編,大阪,医薬ジャーナル社,印刷中
 
総説(和文)
杉山 正,吉岡史郎,片桐義博:新薬展望1997 造影剤.医薬ジャーナル1997年増刊号 33(S-1),231-236(1997)
 
杉山 正,片桐義博:機能を統合化した調剤支援システムの構築と運用.月刊薬事 40,1639-1644(1998)
 
原著(和文)
堀内 正,中村光浩,杉山 正,片桐義博:オーダリングデータのTDMへの利用.TDM研究 13,193-197(1996)
 
中村光浩,堀内 正,杉山 正,片桐義博:データベースソフトを用いたパーソナルコンピュータによるTDM管理システムの構築.TDM研究 13,262-267(1996)
 
杉山 正,後藤千寿,片桐義博:クラリスロマイシンドライシロップの味に及ぼす併用薬の影響.臨床医薬 13,3521-3526(1997)
 
杉山 正,山添喜久雄,中村光浩,堀内 正,片桐義博:含嗽用アロプロリール液に使用する保存剤の検討.病院薬学 23,539-547(1997)
 
杉山 正,柴山朋子,有馬拓二,片桐義博:処方監査機能を強化した調剤支援システムの構築.第17回医療情報学連合大会論文集 236-237(1997)
 
政田幹夫,後藤伸之,松葉和久,片桐義博,中野眞汎,石本敬三,南 武夫,北澤式文:院内製剤(無水エタノール注射剤)に関する全国アンケート調査.日本病院薬剤師会雑誌 34,115-122(1998)
 
政田幹夫,後藤伸之,松葉和久,片桐義博,中野眞汎,石本敬三,南 武夫,北澤式文:院内製剤(無水エタノール注射剤)に関する文献レビュー.日本病院薬剤師会雑誌 34,123-128(1998)
 
柴山朋子,杉山 正,片桐義博:処方箋への調剤支援情報の印字とその利用状況.日本病院薬剤師会雑誌 34,197-201(1998)
 
杉山 正,片桐義博:持続性製剤の処方と用法の簡素化の関連.病院薬学 24,44-48(1998)
 
杉山 正,高田美和子,柴山朋子,片桐義博:処方オーダリングデータを利用した散剤調剤監査システムの構築.病院薬学 24,179-185(1998)
 
杉山 正,柴山朋子,高木直子,安田浩二,安田公夫,片桐義博:処方オーダリングシステムと連動した薬剤情報提供システム.病院薬学 24,292-300(1998)
 
杉山 正,松浦克彦,堀内 正,山崎直也,後藤千寿,片桐義博:テプレノン製剤の品質比較試験.臨床医薬 14,1693-1697(1998)
 
杉山 正,片桐義博:処方調査に基づく糖尿病患者に対する薬物治療の問題点の検討.日本病院薬剤師会雑誌,印刷中
 
杉山 正, 柴山朋子, 高野泰幸, 有馬拓二, 片桐義博: 処方監査支援システムの構築と運用−調剤支援システムの一環として−. 病院薬学, 印刷中

原著(欧文・国内)
Luan L,Sugiyama T,Takai S,Usami Y,Adachi T,Katagiri Y,Hirano K:Purification and characterization of pranlukast hydrolase from rat liver microsomes:the hydrolase is identical to carboxylesterase pI 6.2.Biol Pharm Bull 20,71-75(1997)
 
Takai S,Matsuda A,Usami Y,Adachi T,Sugiyama T,Katagiri Y,Tatematsu M,Hirano K:Hydrolytic profile for ester- or amide-linkage by carboxylesterases pI 5.3 and 4.5 from human liver.Biol Pharm Bull 20,869-873(1997)
 
原著(欧文・国外)
Terashima K,Takai S,Usami Y,Adachi T,Sugiyama T,Katagiri Y,Hirano K:Purification and partial characterization of an indomethacin hydrolyzing enzyme from pig liver.Pharm Res 13,1327-1330(1996)
 
Nakamura M,Nakashima S,Katagiri Y,Nozawa Y:Effect of wortmannin and 2-(4-morpholinyl)-8-phenyl-4H-1-benzopyran-4-one(LY294002)on N-formyl-methyonyl-leucyl-phenylalanine-induced phospholipase D activation in differentiated HL60 cells.Possible involvement of phosphatidylinositol 3-kinase in phspholipase D activation.Biochem Pharmacol 53,1929-1936(1997)
 
Itokazu M,Sugiyama T,Ohno T,Wada E,Katagiri Y:Development of porous apatite ceramic for local delivery of chemotherapeutic agents.J Biomed Mater Res 39,536-538(1998)
 
Matsuura K,Hara A,Kato M,Deyashiki Y,Miyabe Y,Ishikura S,Sugiyama T,Katagiri Y:Activation of human liver 3α-hydroxysteroid dehydrogenase by clofibrate derivatives.J Pharmacol Exp Ther 285,1096-1103(1998)
 
Nakamura M,Nakashima S,Katagiri Y,Nozawa Y:Involvement of tyrosine phosphorylation in inhibition of fMLP-induced PLD activation by N-acetyl-L-cysteine in differentiated HL60 cells.J Leukoc Biol 63,781-789(1998)
 
Sugiyama T,Horiuchi T,Katagiri Y:Determination of hyaluronic acid in synovial fluid by high-performance size-exclusion chromatography with uronic acid detection.J Applied Therapeut,in press.