スポーツ医・科学講座

総説(和文)
長崎幸雄、渡邊和子、小園知、山本哲、小野塚実:身体運動の加齢変化に関連する神経機構について.教育医学 41,268-272(1996)
 
原著(和文)
福地和夫、松岡敏男:ラグビーの試合内容に関する−考察―高校生の試合を中心として.岐阜経済大学論集 30,17-36(1996)
 
松岡敏男、福地和夫、寺田泰人、岡本昌也、野々村博:ラグビーフットボールの攻撃方法について―ゲーム分析を中心として―.岐阜大学教養部研究報告 34,337-345(1996)
 
今井一、熊谷佳代、杉森弘幸、松岡敏男、川岸興志男、三井淳蔵:女子学生の体脂肪率とライフスタイル(運動と栄養).教育医学 42,202-208(1997)
 
長崎幸雄、小園知、渡邊和子、山本哲、小野塚実:SAM小脳における系統発生学的に異なる部位の皮質層の生後発達.老化促進マウス(SAM)研究協 議会 19-20(1996)
 
小園知、林弘之、山本哲、長崎幸雄、渡邊和子、小野塚実、原田寧、浜島浩史、平野修助:母体性フェニールアラニン血症の脳組織における髄鞘形成.必須アミノ酸研究 145,11-14(1996)
 
小園知、林弘之、山本哲、長崎幸雄、渡邊和子、小野塚実、原田寧、須田治彦、浜島浩史、平野修助:母体性高フェニールアラニン血症白鼠における脳組織の塩基性タンパク質について.必須アミノ酸研究 149,73-76(1997)
 
原著(欧文・国外)
Onozuka M,Watanabe K,Nagasaki S,Ozono S,Yamamoto T,Hayashi H,Karasawa N,Nagatsu I:Involvement of dotarizine in nigrostriatal dopamine system of adult and aged rats:biochemical and immunohistochemical analysis. Biogenic Amines 12,69- 82(1996)
 
Onozuka M,Watanabe K,Nagasaki S,Nishiyama K:Dotarizine,a newly produced diphenylpiperazine derivative calcium channel blocker,inhibits [3H] spiperone binding to striatal dopamine receptors. Med.Sci.Res 24,57-59(1996)
 
Onozuka M,Watanabe K,Nagasaki S,Yamamoto T,Nishiyama K,Ozono S:Evidence that a new diphenylpiperazine derivative,dotarizine,has no effect on nigrostriatal dopamine content in rats. Med.Sci.Res 24,113-115(1996)
 
Yamamoto T,Ozono S,Watanabe K,Nagasaki S,Onozuka M:Strctural and functional maturation of the buccal stretch receptors in rats. Exp.Brain Res.,111,169-177(1996)
 
Watanabe K,Yamamoto T,Ozono S,Nagasaki S,Onozuka M:A novel glutamate-mediated inhibitory mechanism linked with Ca2+/ calmodulin-dependent protein kinase ll in identified Euhadra neurons. J.Neurobiol.,32,139-149(1997)