神経精神医学講座
 

著書(和文)
小出浩之:分裂病性欠陥について−想像的同一化と現実的同一化−,分裂病の精神病理と治療7経過と予後,市橋秀夫編,東京,星和書店,1996,241-262
 
小出浩之:人工的な自明性のネガシオ−死の欲動と種の生命−,分裂病論の現在,花村誠一、加藤 敏編,東京,弘文堂,1996,93-114
 
小出浩之:破瓜型(解体型)分裂病,臨床精神医学講座3、精神分裂病・,中根・小山・丹羽・中安編,東京,中山書店,1997,27-40
 
小出浩之:破瓜型分裂病,今日の精神科治療指針,大原・広瀬監修,東京、星和書店,1997,22-24
 
高岡 健:私の処方−インターフェロン療法に伴う精神症状の治療−,精神分裂病治療における私の処方V,大阪,診療新社,1996,112-115
 
高岡 健:結婚・離婚・再婚・シングル論,宮迫千鶴、高岡 健、富 哲也、浜田寿美男、小林昌広,大阪,るな書房,1997
 
高岡 健:不登校を解く.門眞一郎、高岡 健、滝川一廣,京都,ミネルヴァ書房,1998
 
高木千浩:鎮咳薬依存,精神科ケースライブラリーIVアルコール・薬物の依存と中毒,高木千浩,山田堅一,東京,中山書店,1998,251-262
 
伊藤嘉浩:災害後の心のケア,検証 災害とは何か,後藤俊夫編,名古屋,新日本法規出版,1997,213-226
 
伊藤嘉浩:介護とインフォームド・コンセント,高齢者および知的障害者の権利譲渡に関する調査研究報告,東京,長寿社会開発センター,1997,3-5
 
伊藤嘉浩:意思能力について,高齢者および知的障害者の権利譲渡に関する調査研究報告,東京,長寿社会開発センター,1997,16-19
 
伊藤嘉浩:意思能力の判定について,高齢者および知的障害者の権利譲渡に関する調査研究報告,東京,長寿社会開発センター,1997,20-22
 
伊藤嘉浩:オーストラリア・ニュージーランドにおける医療福祉,高齢者および知的障害者の権利譲渡に関する調査研究報告,東京,長寿社会開発センター,1997,62-69
 
伊藤嘉浩:オーストラリア・ニュージーランド病院訪問記,高齢者および知的障害者の権利譲渡に関する調査研究報告,東京,長寿社会開発センター,1997,104-106
 
総説(和文)
小出浩之:精神病理学と心理学.第24回日本医学界総会会誌U,552-553(1996)

高岡 健:<境界>の精神医学A診断行為論.ら・るな 3巻 28-34(1996)
 
高岡 健,高田知二:セクシャル・ハラスメント.Medicina 33巻 1770-1771(1996)
 
高岡 健:英国の精神保健法とコミュニティケア.ぎふ精神保健 34(1)81-85(1997)
 
高田知二、高木千浩、野嵜 理、吉田 優、高岡 健:日本におけるインタ−フェロン療法に伴う精神症状・文献的検討.総合病院精神医学 8巻 20-28(1996)

田村純子、高岡 健:児童虐待の実態と対策.教育と医学 45(9)832-842(1997)
 
伊藤嘉浩:意思能力の判定について.高齢者の人権と財産権擁護の新次元 32-43(1996)
 
総説(欧文・国内)
Takaoka K,Takata T:Change in sutudies of school refusal:a comparison between U.K and Japan.IMJ 4 81-85(1997)
 
Nozaki O,Takagi C,Takata T,Yosida M,Takaoka K:Psychiatric manife stations accompanying interferon therapy for patients with chronic hepatitis C:An overview of cases in Japan Psychiatry and Clinical Neurosciences 51 175-180(1997)
 
Takata T,Takagi C,Nozaki O,Takaoka K,Yosida M:Prevention and Treatment of Interferon-Induced Mental Disorders:An Overview of Cases in Japan 5(2)135-141(1998)
 
原著(和文)
高岡 健、森 貞子、柴田昭彦:うつ状態の後にanorexia nervosaと不登校を残した1症例.小児の精神と神経 36,173-179(1996)
 
植木啓文:SLEによる二次性躁病の1症例−発症と経過についての精神医学的検討−臨床精神医学 25,1591-1597(1996)
 
飯田 眞,横山知行,佐藤 新,大橋正和、市川 潤、植木啓文:双生児研究からみた躁うつ病の発症モデル.PHARMA MEDICA 15,27-34(1997)
 
植木啓文、深尾 琢、上松正幸、児玉佳也、高井昭裕:大うつ病エピソードの経過と感情表出との関連についての検討.精神医学 40,23-30(1998)
 
小川直志、植木啓文、野口耕司、吉村 剛、井上真人、寺田佳代:老年期の大腿骨骨頭骨折患者をめぐるリエゾン精神医学的問題.精神科治療学 13,93-99(1998)
 
高田知二、児島一樹、高岡 健:精神遅滞者の非定型精神病.臨床精神医学 25,689-696(1996)
 
高田知二、渡会龍一、藤川昭彦、安立富明:ある円形脱毛症の治癒過程−そのオートポイエーシス論的理解を目指して−岐阜赤十字病院医学雑誌 8,20-28(1996)
 
高田知二、小出浩之:産褥精神病の心的力動.臨床精神病理 25,231-243(1996)
 
高田知二、磯村陽子、高岡 健、池田哲朗、寺田龍也、加藤芳幸、鈴木 隆:冠攣縮性狭心症とパニック障害を伴う1例.精神科治療学 12,805-810(1997)
 
高田知二、高岡 健:若年者のうつ病における持続的葛藤状況に対する検討.臨床精神医学 26,1483-1488(1997)
 
その他
小出浩之:「健康なこころ」の幻想:岐大ひろばvol.27p7(1996)
 
小出浩之:「死の恐怖を訴える閉所恐怖症の中年男性との面接」(松本由紀子著)へのコメント:京都大学教育学部心理教育相談室紀要・臨床心理事例研究 22(1995)p176-177
 
小出浩之:巻頭言:「実証君」と「直感君」の会話:精神医学 39(5),p454-455(1997)
 
小出浩之:初老期の精神保健:ぎふ精神保健 34(2),p2-3(1997)
 
高岡 健:ポスターセッション演題11〜12に対するコメント:児精医誌 37巻p205(1996)
 
高岡 健:ポスターセッションについて:児精医誌 37巻p216(1996)
 
高岡 健:倫敦で見た独立系邦画の精神:地球の子ども舎通信 21巻p7-8(1996)
 
高岡 健:一般演題「神経症」について:児精医誌 38巻p175-176(1997)
 
植木啓文:EEと単極性うつ病の経過について:平成7年度厚生省精神・神経疾患研究委託費研究報告集 p61(1996)
 
田中生雅:土岐総合病院における診療の実態:無床総合病院精神科における機能的現状と課題,土岐市立総合病院年報 9:9-14(1997)
 
清水章子:精神保険福祉愛知 1996,39-53(1997)