外科学第二講座
 

著書(和文)
佐治重豊,杉山保幸:アポト−シス,癌診療の知識.磯野可一他編,東京,篠原出版,1997.106-113
 
佐治重豊,杉山保幸,国枝克行:非特異的免疫賦活剤,癌化学療法時の薬物間相互作用.赤沢修吾他編,東京,先端医学社,1998.214-226
 
杉山保幸、佐治重豊:クレスチン(PSK)の新しい研究動向,これからの癌免疫療法〜21世紀に向かって〜.塚越 茂他編,東京,医薬ジャ−ナル社,1998.108-121
 
佐治重豊,加藤元久:腫瘍関連抗原(含む腫瘍マ−カ),専門医のための消化器外科学レビュ−'98.跡見 裕他編,東京,総合医学社,1997.28-33
 
佐治重豊:腫瘍,標準外科学,8版.小柳 仁編,東京,医学書院,1998.187-212
 
佐治重豊、加藤元久、宮 喜一、深田代造:腫瘍、臨床侵襲学、第1版.小川道雄編、東京、へるす出版、1998.53-56
 
総説(和文)
佐治重豊:抗腫瘍免疫機構における非特異的免疫賦活剤の役割と新しい作用機序.Oncology Frontier,56-61 (1996)
 
佐治重豊,梅本敬夫,若原正幸:好中球メディエ−タ.Biotherapy 10,931-939 (1996)
 
杉山保幸,佐治重豊,李 宗一,永田 緑:癌治療におけるアポト−シス関連サイトカインの役割.Surgery Frontier 3,18-22 (1996)
 
佐治重豊:癌免疫療法の今日と明日.癌治療・今日と明日 18,12-15 (1996)

杉山保幸,佐治重豊:自己腫瘍細胞障害活性と癌免疫.外科 58,1825-1829 (1996)

佐治重豊,曽根三郎:BRM製剤の臨床評価の問題点.Biotherapy 11,247-248 (1996)
 
佐治重豊,加藤元久:免疫応答からみたSIRSの病態生理−宿主防御機構破綻へのステップ−.医学のあゆみ 181,1 (1997)
 
佐治重豊,杉山保幸:癌のBRM療法の意義−その後の展開と期待−.PTM 8,6 (1997)

佐治重豊,深田代造,梅本敬夫、杉山保幸:結腸左半切除術.外科治療 76,668-670 (1997)

佐治重豊:学会記−癌治療学会.日本医事新報 3837,42-44 (1997)

杉山保幸,佐治重豊:癌治療とアポト−シス.消化器外科 20,1895-1901 (1997)
 
佐治重豊,国枝克行:免疫機能検査.消化器外科 21,556-558 (1998)
 
佐治重豊,杉山保幸,堅田昌弘,安田邦彦,足立尊仁:BRM製剤によるアポト−シス誘導とその臨床応用について.癌治療と宿主 10,67-74 (1998)

佐治重豊:学会印象記.第10回日本BRM学会(広島)−飛翔BRMと毛利元就が見事にマッチした記念大会を振り返って−.Biotherapy 12,332-334 (1998)
 
原著(和文)
杉山保幸,佐治重豊:消化器スト−マ造設が必要な疾患と術式.総合消化器CARE 1,50-56 (1996)

辻 恭嗣:病期進行度stage・a+・b,・a+・b胃癌症例における腹腔内洗浄細胞診施行時の組織CEA染色併用意義について.岐阜大医紀 44,510-519 (1996)
 
辻 恭嗣,須原貴志,加藤元久,杉山保幸,鷹尾博司,国枝克行,梅本敬夫,宮 喜一,深田代造,佐治重豊,下川邦泰:肉眼的腹膜播種性転移陰性胃癌症例における洗浄細胞診陽性例の臨床病理学的特徴について.岐阜大医紀 44,520-527 (1996)

宮 喜一,佐治重豊,深田代造,梅本敬夫,国枝克行,杉山保幸,鷹尾博司,加藤元久,河合雅彦:胃切除後の逆流性食道炎に対するメシル酸カモスタット(Foipan)の使用経験.現代医療 28,2499-2503 (1996)
 
佐藤元一,梅本敬夫,国枝克行,杉山保幸,佐治重豊,下川邦泰:紅皮症に合併した早期胃癌の一例.日本臨床外科医学会雑誌 57,1931-1935 (1996)
 
杉山保幸,佐治重豊,宮 喜一,深田代造,梅本敬夫,国枝克行,鷹尾博司,加藤元久,河合雅彦:大腸癌肝転移に対する局所療法の検討.癌と化学療法 23,1433-1436 (1996)
 
宮 喜一,佐藤元一,安江紀裕,辻 恭嗣,加藤元久,杉山保幸,鷹尾博司,国枝克行,梅本敬夫,深田代造,佐治重豊:糖尿病併存胃癌切除症例の検討.JJPEN 18,306-310 (1996)
 
梅本敬夫,佐治重豊,加藤元久:胃全摘後1年9ヵ月目に空腸ρル−プ全壊死をきたした一治験例.日本腹部救急医学会誌 16,1167-1171 (1996)
 
白子隆志,佐治重豊,深田代造,宮 喜一,梅本敬夫,国枝克行,杉山保幸,鷹尾博司,加藤元久,永田 緑:早期胃癌におけるPCNA,laminin,p53,nm23,c-erbB-2のリンパ節転移高危険因子に関する検討.日本消化器外科学会誌 30,8-14 (1997)
 
日比俊也,佐治重豊,国枝克行,杉山保幸,平岡敬正:下部直腸癌に対する超低位直腸前方切除術施行例の術後排便機能について−直腸肛門内圧所見と臨床スコア−からの検討.岐阜大医紀 45,147-159 (1997)
 
加藤元久,佐治重豊,宮 喜一,梅本敬夫,Richard B.Bankert:SCIDマウス移植ヒト癌細胞に対するhuman IL-12の抗腫瘍効果に関する研究.Biotherapy 11,416-418 (1997)
 
北村文近,佐治重豊,深田代造,宮 喜一,国枝克行,杉山保幸,鷹尾博司,加藤元久:p53,c-erbB-2,PCNA,CD44,nm23の免疫組織染色所見からみた大腸癌異時性肝転移高危険群の検索について.日本消化器外科学会誌 30,838-845 (1997)
 
国枝克行,竹村茂之,加藤元久,杉山保幸,村瀬全彦,下川邦泰,佐治重豊:重症筋無力症に併存した後腹膜原発Castlemanリンパ腫の1例.日本臨床外科医学会誌 58,672-676 (1997)

永田 緑,杉山保幸,李 宗一,石原和浩,佐治重豊:OK-432の末梢血単核球に対する直接作用および末梢血単核球を介する腫瘍細胞傷害機構に関する基礎的検討.Biotherapy 11,356-358 (1997)
 
梅本敬夫,佐治重豊,杉山保幸:耳鼻咽喉科との共同手術による頸部食道再建術17症例の検討.日本外科系連合学会誌 22,159-162 (1997)

永田 緑,佐治重豊,宮 喜一,杉山保幸,安田邦彦,李 宗一,石原和浩,鴻村 寿:BRM製剤の末梢血単核球に対する作用機序についての基礎的検討.Biotherapy 11,604-606 (1997)
 
鴻村 寿,杉山保幸,国枝克行,宮 喜一,深田代造,佐治重豊:大腸癌におけるMatrix Metalloproteinase-9,Urokinase-type Plasminogen ActivatorおよびTissue Inhibitor of Metalloproteinaseの発現と転移に関する研究.岐阜大医紀 45,92-99 (1997)
 
鴻村 寿,杉山保幸,国枝克行,宮 喜一,深田代造,佐治重豊:胃癌におけるMatrix Metalloproteinase-9,Urokinase-type Plasminogen ActivatorおよびTissue Inhibitor of Metalloproteinaseの発現と転移に関する研究.岐阜大医紀45,100-109 (1997)
   
辻 恭嗣,須原貴志,加藤元久,鷹尾博司,杉山保幸,国枝克行,梅本敬夫,宮 喜一,深田代造,佐治重豊:Phosphatidylinositol phopholipase Cを用いたcarcinomebryonic antigen可溶化の試みと腹腔洗浄細胞診への応用.日本消化器外科学会誌 30,1725-1733 (1997)
 
佐治重豊,国枝克行,宮 喜一:逆流性食道炎防止機構を備えた胃全摘後再建術式と術後評価.手術 51,1311-1318 (1997)
 
佐治重豊,加藤元久,杉山保幸,国枝克行:進行胃癌患者の免疫能.消化器外科 20,1399-1407 (1997)

日比俊也,佐治重豊,深田代造,宮 喜一,梅本敬夫,国枝克行,杉山保幸,加藤元久:下部直腸癌に対する超低位直腸前方切除術施行例の術後排便機能回復経緯について−直腸肛門内圧検査と臨床スコア−からの評価−.日本外科系連合学会誌 22,601-610 (1997)
 
辻 恭嗣,国枝克行,須原貴志,加藤元久,杉山保幸,梅本敬夫,深田代造,宮 喜一,佐治重豊,下川邦泰:胃癌の腹腔播種性転移に及ぼす転移陽性リンパ節の影響−腹腔洗浄細胞診による検討−.日本消化器外科学会誌 30,2140-2145 (1997)
 
杉山保幸,佐治重豊,宮 喜一,永田 緑,李 宗一,石原和浩,安田邦彦,鴻村 寿:サイトカインとの関連からみたPSKの作用機序.Biotherapy 11,610-612 (1997)
 
国枝克行,佐治重豊,熊沢伊和生,杉山保幸,宮 喜一,下川邦泰:肝転移に対し肝動注免疫化学療法が有効であった総胆管カルチノイドの1例.日本消化器外科学会誌 30,2201-2205 (1997)
  
安藤智重,永田 緑,佐野 純,杉山保幸,国枝克行,佐治重豊:胃癌治癒切除例に対する術後補助免疫化学療法で非奏効となる血行転移症例の特徴について−SIP研究症例を用いた免疫組織学的検討−.Biotherapy 11,937-948 (1997)
   
高木幸浩,鴻村 寿,二村 学,青木信一郎,山口和也,川口順敬,加藤元久,鷹尾博司,杉山保幸,国枝克行,梅本敬夫,宮 喜一,深田代造,佐治重豊:新しい癌抑制遺伝子とSMAD-2,SMAD-4のヒト大腸癌での異常と臨床的悪性度との関連.消化器癌の発生と進展9,17-18 (1997)
 
堅田昌弘,杉山保幸,国枝克行,佐治重豊,渡辺 祥,渡辺 敬:大腸前癌病変アポト−シス制御機構の関与に関する検討.消化器癌の発生と進展 9,501-503 (1997)

国枝克行,佐治重豊,川口順敬,加藤元久,杉山保幸,梅本敬夫,宮 喜一,深田代造,稲田 潔,下川邦泰:血清α−fetoprotein陽性胃癌の臨床病理学的特徴と増殖活性、基底膜形成に関する検討.日本消化器外科学会誌 30,2231-2238 (1997)
 
足立尊仁,竹内 賢,永田 緑,加藤元久,宮 喜一,佐治重豊:凍結融解処理肝組織感作による肝細胞増殖因子の誘導と感作部病理所見の検討.日本外科系連合学会誌 22,740-743 (1997)
 
佐治重豊,相羽恵介,荒木 浩,佐々木一晃,白坂哲彦,曽和融生,田中正俊,鄭 容錫,峠 哲哉,平田公一,安元公正,山光 進,和田洋巳:低用量CDDP,5-FU療法の現況について.癌と化学療法 24,1892-1900 (1997)
 
深田代造,佐治重豊,川口順敬,梅本敬夫,宮 喜一,下川邦泰:Dynamic MRIによる広汎な乳管内進展の診断が術式決定に有用であった乳癌の1例.日本外科系連合学会誌 22,922-924 (1997)
 
杉山保幸,佐治重豊,石原和浩:Low-dose CDDP,5-FU,レンチナン療法の治療成績と免疫学的意義.Biotherapy 11,1238-1244 (1997)
 
竹村茂之,石原和浩,杉山保幸,鷹尾博司,国枝克行,梅本敬夫,宮 喜一,佐治重豊:担癌生体における手術侵襲とステロイド処置前投与の功罪について.Biotherapy 12,147-150 (1998)
 
石原和浩,李 宗一,永田 緑,杉山保幸,佐治重豊:進行再発癌症例に対する免疫化学療法の免疫活性に及ぼす影響について.Biotherapy 12,241-243 (1998)
  
安田邦彦,佐治重豊,宮 喜一,杉山保幸,李 宗一,石原和浩,永田 緑,竹村茂之:OK-432,IL-2徐放型エマルジョンの肝転移抑制機序に関する検討.Biotherapy 12,83-86 (1998)  
 
李 宗一,永田 緑,石原和浩,安田邦彦,竹村茂之,杉山保幸,宮 喜一,佐治重豊:OK-432により誘導されるサイトカインの腫瘍細胞傷害機序に関する検討.Biotheapy 12,23-26 (1998)
 
杉山保幸,佐治重豊,深田代造,宮 喜一,梅本敬夫,国枝克行,鷹尾博司,加藤元久,河合雅彦,川口順敬,足立尊仁,渡辺 敦:高度進行癌に対する低用量化学療法剤とlenchinan,PSKの併用投与の有用性.Biotherapy 12,127-130 (1998)
 
国枝克行,山田 誠,山口和也,加藤禎洋,佐治重豊,清水信雄:HBs抗原陽性小児成人型肝癌の1例.小児外科 30,317-321 (1998)

国枝克行,河合雅彦,佐野 文,渡辺 敦,竹村茂之,佐治重豊,後藤裕夫,下川邦泰:直腸癌を合併した成人腸回転異常症の2例.日本消化器外科学会誌 31,1136-1140 (1998)

国枝克行,石原和浩,山口和也,加藤元久,杉山保幸,佐治重豊:臍転移(Sister Mary Joseph's nodule)で発見された4型胃癌の1例.日本外科系連合学会誌 23,113-116 (1998)
 
竹内 賢,渡辺 敦,足立尊仁,加藤元久,佐治重豊:凍結融解処理肝組織前感作による切除後肝の再生作用と四塩化炭素障害肝に対する保護作用の検討.日本消化器外科学会誌 31,1065-1072 (1998)
 
足立尊仁,永田 緑,李 宗一,杉山保幸,佐治重豊:凍結融解処理腫瘍抗原とBRM製剤併用によるTh1,Th2バランスの制御と抗腫瘍効果増強の可能性に関する基礎的検討.Biotherapy 12,704-706 (1998)
 
北村文近,佐治重豊,深田代造,宮 喜一,国枝克行,杉山保幸,加藤元久,早川雅弘,山口和也,佐野 純:大腸癌異時性肝転移予測因子としての腫瘍内微小血管密度の検索について.日本臨床外科医学会誌 56、1496-1500 (1998)
 
原著(欧文・国内)
Kato M,Saji S,Kanematsu M,Hoshi H,Ishiguchi T,Kunieda K,Takao H,SugiyamaY:Palliative Therapy Using Polyurethane-covered Self-expandable Metallic Stents for Malignant Esophagel Stricutures:Experiences in Six Patients.Jpn J Clin Oncol 26,461-464 (1996)

Saji S,Sugiyama Y,Kunieda K:Pre-and/or Post-operative Immunochemotherapy for Advanced Digestive Cancer.Jpn J Cancer Chem 24,239-249 (1998)
 
Kato M,Saji S,Kanematsu M,Fukada D,Miya K,Umemoto T,Kunieda K,Sugiyama Y,Kuwabara I,Shimokawa K:A Case of Liver Metastasis from Colon Cancer Masquerading as Focal Sparing in a Fatty Liver.Jpn J Clin Oncol 27,189-192 (1998)
 
Kato M,Saji S,Kunieda K,Yasue T,Nishio K,Adachi T:Mediastinal Lipoma:Report of a Case.Jpn J Surg 27,766-768 (1997)

Adachi T,Takeuchi M,Uno S,Kato M,Miya K,Saji S:Characterization of Certain Hepatocyte-Proliferationg and/ or Protective Factors Induced by the Sensitization of Freezing-Thawing Hepatic Tissue.Jpn J Surg 27,1144-1149 (1997)
 
原著(欧文・国外)
Adachi T,Nakashima S,Saji S,Nakamura T,Nozawa Y:Mitogen-Activated Protein Kinase Activation in Hepatocyte Growth Factor-Stimulated Rat Hepatocytes:Involvement of Protein Tyrosine Kinase and Protein Kinase C.HEPATOLOGY 23,1244-1253 (1996)
 
Adachi T,Nakashima S,Saji S,Nakamura T,Nozawa Y:Phospholipase D Activataion in Hepatocyte Growth Factor-Stimulated Rat Hepatocytes Mediates the Expressions of c-jun and c-fos:Involvement of Protein Tyrosine Kinase,Protein Kinase C and Ca2+.HEPATOLOGY 24,1274-1281 (1996)
 
Williams S,Chen F,Kida H,Yokota S,Miya K,Kato M,Barcos M,Wang H,Alosco T ,Umemoto T,Croy B,Reposky E and Bankert R:Engraftment of Human Tumor-Infiltratry Lymphocytes and the Production of Anti-Tumor Antibadies in SCID mice.J.Immunolgy 156,1908-1915 (1996)

Kato M,Saji S,Tsuya H,Miya K,Fukada D,Umemoto T,Kunieda K,Takao H,Sugiyama Y,Tsuji K,Sato M:Colinical Study of the Relationship Between Cytological Cancer Cases With Special Reference to Nuclear DNA Content and Nucleolar Organizer Regions.J Surg Oncol 64,36-41 (1997)
 
Adachi T,Nakashima S,Saji S,Nakamura T,Nozawa Y:Possible Involvement of Pertussis Toxin-Sensitive G Protein in Hepatocyte Growth Factor-Induced Signal Transduction in Cultured Rat Hepatocytes,Pertussis Toxin Treatment Inhibits Act ivation of Phospholipid Signaling,Calcium Oscillation,and Mitogen-Activated Protein Kinase.HEPATOLOGY 26,295-297(1997)
 
Takagi Y,Osada H,Kuroishi T,Mitsudomi T,Kondo M,Niimi T,Saji S,Gazdar A,Takahashi T,Minna J,Takahashi T:p53 Mutations in non-small-cell lung cancers occurring in individuals without a past history of active smoking.British J Cancer 77,1568-1572 (1998)
 
Futamura M,Takagi Y,Koumura H,Kida H,Tanemura H,Shimokawa K,Saji S:Spread of Colorectal Cancer Micrometastases in Regional Lymph Nodes by Reverse Transcri ptase-Polymerase Chain Reactions for Carcinoembryonic Antigen and Cytokeratin 20.J Surg Oncol,68,34-40 (1998)
 
その他
医学関係の内容での新聞,週刊誌記事
 
九州医事新報,久留米大学集学センタ−セミナ−第8回講座−外科医からみたがんの集学医療,平成9年11月
   
中日新聞,主治医のカルテ,平成9年12月 
Medical Tribune,第20回癌局所療法研究会,第7回日本癌病態治療研究会合同大会,平成10年4月

MEDICAMENT NEWS,癌治療とQOL,平成10年 5月  

文部省報告 
国枝克行:PI-PLCによるCEA遊出現象を応用した胃癌潜在性腹膜播種性転移検出法の開発平成6年度科学研究費補助金(基盤B)研究成果報告書,1-28(1998)