7 海外の大学との交流協定の締結状況と活動状況


 医学部が主軸となって大学間交流協定を結んでいるのは次の 3 大学である。


交流活動(全学レベルでの大学間交流協定校も含む。)

・ 1984年 8 月 赤星病院長が中国医科大学及び北京医学院を訪問し,特別招待講演及び研究情報交換を行った。
・ 1986年 5 月 磯野学部長が浙江医科大学を訪問し,学術交流及び視察を行った。
・ 1986年 9 月 磯野学部長が中国医科大学を訪問し,学術交流及び視察を行った。
・ 1986年 9 月 山本病院長が浙江医科大学及び中国医科大学を訪問し,学術交流及び視察を行った。
・ 1989年11月 浙江医科大学から学長が来訪し,留学生の研究状況の視察及び学術交流を行った。
・ 1990年 8 月 江崎教授が浙江医科大学及び中国医科大学を訪問し,国際交流促進のため情報交換を行った。
・ 1990年10月 サントトマス大学から医学部長,理学部長が来訪し,共同研究者の竹内教授を交えて学術交流を行った。
・ 1991年 9 月 立松助教授,奥富講師が浙江医科大学を訪問し,講演及び技術提供を行った。
・ 1991年11月 インドネシア大学から学長,副学長及び工学部長が来訪し,学術交流を行った。
・ 1992年 1 月 浙江医科大学から副学長が来訪し,留学生を交えて学術交流を行った。
・ 1992年10月 磯野学部長,森教授,宮田教授が浙江医科大学を訪問し,国際交流の促進及び招待講演を行った。
  同大学校長から磯野学部長に両校間の学術交流促進の功績に対し感謝状と客員教授の称号が贈られた。
・ 1993年10月 浙江医科大学から学長,外事処長が来訪し,医学情報交換及び視察を行った。
・ 1994年 9 月 浙江医科大学,中国医科大学及びサントトマス大学から学長等が来訪され,医学部創立50周年・同附属病院創立120周年記念式典等に出席及び学術交流を行った。
・ 1995年 5 月 松永学部長が浙江医科大学及び上海第 2 医学院を訪問し,学術講演及び研究情報交換を行った。
・ 1995年 9 月 松永学部長,岡地事務部長,日比野看護部長が,中国医科大学及び積水譚医院を訪問し,学術講演及び学術情報交換を行った。
・ 1996年 5 月 浙江医科大学から副学長ほか 7 名が来訪し,臨床医学教育について視察ならびに意見交換を行った。
・ 1997年 5 月 安岡講師がユタ大学,及びユタ州立大学を訪問し学術交流協定書の調印及び学術交流実施に関する打ち合わせ並びに,大学施設の視察を行った。
・ 1997年 9 月 植松教授がユタ大学を訪問し学術交流を行った。
・ 1997年10月 興富助教授が浙江医科大学を訪問し学術交流を行った。
・ 1998年 3 月 浙江医科大学から学長,教務処長,国際交流処員が来訪し今後の国際交流,特に学生交流について意見交換を行った。