2 施設・設備の安全性の確保


  防災訓練を昼間・夜間において,毎年 2 回実施して安全及び防災対策に万全を期している。 一方, 今後の課題として,動物実験棟,廃棄物の保管場所,及び焼却炉の整備が必要である。とりわけ,ダイオキシン問題でとりざたされている焼却炉については,医療機関における今後の在り方を見直す必要がある。(因に,当面のダイオキシン排出濃度は基準値をクリアしている。)また基幹設備が地下に設置されているため地下水の浸水を受けていること,あるいは構内駐車場が狭いため路上駐車が多くなって災害時の緊急車両の進入障害になっていることなどが早急の改善課題である。