1 学生の受入れ


学生募集の方法
学部学生
1 学生部から全学一括で,学生募集要項及び入学者選抜に関する要項を県下各高等学校を中心に郵送配布しているとともに,学務課で希望者に対し直接又は郵送で配布している。
2 医学部紹介パンフレット「医学を志す皆さんへ(医学生に望ましい資質)」及び「テュトーリアル・システム」を作成し,大学紹介参加者及び高等学校,予備校等に配布している。
3 大学紹介において,医学部長及び教務厚生委員長の概要説明並びに模擬講義及び施設見学等があり,より効果的な紹介とするため,参加者からアンケートをとって教務厚生委員会における計画立案の参考としている。
4 その他,受験雑誌社等の紹介に対し対応するとともに,私塾主催の入試説明会にも教務厚生委員を派遣し積極的に取り組んでいる。
5 情報交換の場として,岐阜県下,愛知県下の高等学校の進路指導担当の先生との懇談会を開催している。
大学院学生
1 学生募集要項を全国の国公私立医・歯系大学及び希望者に対して配布している。
2 教務厚生委員会の主催で5年生及び6年生と懇談し,大学院への進学を積極的に奨励している。

 

入学者選抜の方法と方針
 医学生に望ましい学生を入学させるため, 入学者の選抜については長年研究を重ね, 入試教科・科目の選定を行っている。
 大学入試センター試験を導入した平成 2 年度以降の推移は次のとおりである。

平成 2 年度推薦選抜を導入募集人員5 人以内


募集要件高校学習成績概評



推薦枠 2人以内(1校につき)


選抜方法入試センター試験, 面接, 小論文

個別学力検査の教科及びセンター試験を含む教科別配点の見直し



理科を個別学力検査から削除し, 入試センター試験 (数学, 外国語) の傾斜配点
平成 5 年度推薦選抜の見直し募集人員5人


募集要件高校学習成績概評 A 以上



推薦枠撤廃

分離・分割制の導入前期日程募集人員 65人


選抜方法入試センター試験, 個別試験 (数学,外国語) 及び調査書


後期日程募集人員 10人


選抜方法入試センター試験, 小論文, 面接及び調査書
平成 7 年度募集人員の見直し推薦入学15人


前期日程55人


後期日程10人
平成 9 年度個別学力検査の教科及び入試センター試験を含む教科別配点の見直し



理科を個別学力検査に取り入れ, 入試センター試験(数学, 理科, 外国語)の傾斜配点


学生の受入れ状況
 学生定員充足状況:過去9年間の入学(志願者・入学者)に関する状況は下表のとおりである。

 

編入学制度と実態
 学則において,再入学,編入学及び転入学による学生の受入制度を設けているが,医学部では実績はない。

研究生の受入れと実態
 過去8年間にわたる研究生の受入れ状況は下表のとおりである。