5 卒後臨床研修の方針と状況


 医師免許取得後の臨床研修は医師にとって最も重要な研修であり,その効果的な実施は医学部附属病院に課せられた任務の中で最も重要なものの一つである。
 本院は毎年80人前後の医学部卒業生を受け入れて初期臨床研修を実施,岐阜地域における優秀な臨床医,臨床研究者の育成に重要な役割を果たしている。
(1)医員(研修医)について
 医員(研修医)の研修については,卒後研修委員会作業部会を中心に,各診療科の協力を得て,平成 7 年度から新しくローテート研修プログラムがスタートした。 平成 8 年度からはこれを改訂し,さらに充実させたプログラムにより初期臨床研修を実施している。
   過去8年間の医員(研修医)の受入状況

(2)医員について
 医員は, 非常勤の医師として, 診療に従事し必要に応じ診療を通じての臨床補助的職務及び診療に関しての研究にも従事している。
  過去8年間の医員の受入状況