2 共同研究・受託研究 (国内・外) の実施状況 (1993年−1996年 6 月)
 
(解剖学第一講座)
正村静子: ヒトの関節の血管支配 (Anatomisches Institut, Universitat Wurzburg, Germany 1993−1996)
 
(解剖学第二講座)
小野塚 實: 単一ニューロンレベルでの抑制性グルタミン酸レセプターの分子遺伝学的解析 (岐阜大学農学部, 1996−;東京都立大学理学部, 1996−), 咀嚼運動における頬粘膜内Σ受容器の機能解析 (東京歯科大学, 1992−), 脳内生理活性物質の加齢変化とその機能的意義 (東京都老人総合研究所, 1996−;神奈川歯科大学, 1993−;藤田保健衛生大学医学部, 1995−), 痙攣関連蛋白の解析 (愛知県心身障害者コロニー発達障害研究所, 1993−;神奈川歯科大学, 1985−1994;東京都立大学理学部, 1987−1995;国立台湾大学動物系 (台湾) 1986−), 唾液腺癌と性ホルモンレセプター (神奈川歯科大学, 1990−)
 
(生理学第一講座)
森田啓之: 食塩感受性高血圧の発症機序 (香川医科大学, 1996−), ネガティブ・フィートフォワード調節機構による体液恒常性維持 (香川医科大学, 1996−), 心不全時の自立神経性循環調節 (香川医科大学, 1996−)
李  憲: 神経伝達物質または神経調節因子としての一酸化窒素の役割に関する研究 (京都大学医学部, 1992−)
渡邊和子: 単一ニューロンレベルでの抑制性グルタミン酸レセプターの分子生物学的解析:whole-cell patch clamp technique と PCR 法の併用 (岐阜大学農学部, 1996−), 老化促進マウス (SAM) を用いた加齢による脳内神経伝達物質および受容体の動態変化の解析 (藤田保健衛生大学医学部, 1995−・神奈川歯科大学, 1993−), 咀嚼運動における頬粘膜内Σ受容器の機能的役割 (東京歯科大学・神奈川歯科大学, 1992−), 痙攣関連蛋白の解析 (神奈川歯科大学, 1990−1994・東京都立大学理学部, 1990−1994)
 
(生理学第二講座)
惠良聖一, 桑田一夫:  1 H-NMR による血漿アルブミン分子の構造転移と molecular aging および水構造の研究 (岡崎国立共同研究機構・生理学研究所, 1993−1994),生体組織内の水構造及びエネルギー代謝の研究 (岡崎国立共同研究機構・生理学研究所,1993−1994),タンパク質の 「モルテン・グロビュール構造」 に関する物理化学的研究 (岡崎国立共同研究機構・生理学研究所, 1995−), 1 H-NMR によるタンパク質の高次構造に関する研究 (藤田保健衛生大学・総合医科学研究所, 1993−1995),電子スピン共鳴法によるタンパク質の分子運動解析 (北海道教育大学・物理, 1993−), ラマン分光法によるタンパク質の動的挙動に関する研究 (関西学院大学・理学部・化学, 1993−)
桑田一夫: 完全緩和行列解析プログラムの開発 (カリフォルニア大学・サンフランシスコ校 (UCSF), 1994−)
 
(生化学講座)
野澤義則: ras トランスフェクト線維芽細胞の Ca 2+ オシレーション機構 (金沢大学医学部・神経情報施設, 1992−), PAF受容体cDNA発現細胞の情報伝達解析 (東京大学医学部・生化学, 1992−), 低分子量 G 蛋白質の分子生物学的研究 (東京工業大学理工学部, 1992−1995),ホルモン受容体の imprinting 機構 (ハンガリー・セメルワイス大, 1989−), 原生動物細胞の情報伝達遺伝子解析 (米国・テキサス大, 1992−), SCF(stem cell factor) によるシグナル伝達機構 (東京大学医学部・物療内科, 1991−1994), ras トランスフェクト線維芽細胞の変異ゲルゾリンの機能解析 (北海道大学医学部・癌研究所分子遺伝, 1993−1994),耳下腺低分子量 G 蛋白質 (朝日大学歯学部・口腔生化学, 1993−1994),肝細胞増殖因子 (HGF) のシグナル伝達機構 (大阪大学・バイオメディカル教育研究センター, 1993−), プロスタグランジン F 2α の情報伝達 (関西医科大学・医化学, 1994−), PLCδの部位特異変異導入による活性化機構解析 (動物遺伝研究所, 1994−), 血小板 MAP キナーゼ活性化機構 (岐阜薬科大学・生物, 1993−1994),低分子量 G 蛋白質 Ram の組織発現 (東北大学医学部・解剖学, 1994−1995), 原生動物細胞αグルコシダーゼ遺伝子クローニング (岐阜薬科大学・生化学, 1994−1996),真菌の情報伝達分子の遺伝子解析 (名古屋大学理学部・分子生物, 1995−), 核内情報伝達酵素 (PLD) の性状と機能解析 (名古屋大学医学部・病態制御研究所, 1995−), G蛋白質βγサブユニットによる PLC 活性化機構 (愛知県身障者コロニー研究所・生化学, 1993−1995),病原性真菌の情報伝達分子の遺伝子解析 (オタゴ大, ニュージーランド, 1995−), 病原性真菌の病原性因子の遺伝子解析 (UCLA, 米国, 1994−), 情報変換酵素 PLD の遺伝子および細胞機能解析 (ニューヨーク州立大, 米国, 1996−)
 
(分子病態学講座)
岡野幸雄: ヒト Aik 遺伝子・ヒト TSC22 遺伝子の染色体局在 (三重大学生物資源学部, 1995−;理化学研究所筑波ライフサイエンスセンター, 1995−), ヒト Aik 遺伝子の酵母 IPL1 変異株における相補性実験 (University of Texas, Austin, USA, 1995−), Aik 遺伝子のヒト細胞における機能解析 (理化学研究所筑波ライフサイエンスセンター, 1995−), 新規ユビキチン付加酵素遺伝子のクローニング (国立遺伝学研究所, 1996−)
 
(薬理学講座)
植松俊彦: 毛髪蛋白の糖化度の測定 (三共(株)代謝分析研, 1995−), 薬効解析のための PK-PD モデルの母集団薬物動態学的検討(エーザイ(株)臨床薬理センター, 1995−), 毛髪内薬物分析(ユタ大学 Center for human toxicology, 1995−)
松野浩之: 血管肥厚と再狭窄のメカニズム (ベルギー, ルーバン大学, Center for Molecular & Vascular Biology, 1995−), 血小板粘着とインテグリン機能 (ベルギー, ルーバン大学, Laboratory for Thrombosis Research IRC, 1995−)
 
(病理学第一講座)
森 秀樹: DL アラニンの安全性再評価 (厚生省, 1995−), 天然物質の 8−hydroxyguanine生成阻害作用 (産業医大産業形態研, 1996−), 植物成分の大腸発がん抑制作用の検討 (生産開発科学研, 1994−), Hydroxyanthraquinone 類の長期毒性発癌性の検討 (中京女子大栄養科学, 1993−), 天然物質の抗酸化作用及び発癌抑制作用 (名古屋大学農学部食品機能科学, 1995−)
田中卓二: 発癌過程における新規 biomarker の検討 (岐阜薬科大学生化学, 1991−), 柑橘類由来の発癌修飾物質の同定 (近畿大学生物理工学部, 愛媛県青果連, 1993−;和歌山県青果連, 1996−), Triazine 誘導体の発癌修飾作用 (国立がんセンター化学療法部, 1995−), 新規合成セレニウムの発癌修飾作用 (American Health Foundation, Naylor Dana Institute, 1995−)
吉見直己: グルカロン酸水素カリウムの発癌抑制効果 (テキサス大学 MD アンダーソン癌センター, 1994−)
 
(微生物学講座)
江崎孝行: Burkholderia pseudomallei の LPS の構造と生物活性 (北里研究所, タイ国立研究所, 1993−), 非発酵菌の分類学的研究 (大阪市立大学, 1993−), Mycobacterium avium complex の分類学的研究 (UCLA, 1993−), ミール宇宙船内生物相の計測 (宇宙利用開発促進事業団, 1993−), 微生物の分類同定に関する研究 (バイオインダストリー協会, 1993−)
山本啓之: 生理活性に基準においた環境細菌群の調査研究 (東京大学海洋研究所, 1993−1994),原始共生系の進化と生態 (信州大学, 岩手大学, 奈良女子大学, 国際基督教大学, 豊橋技術科学大学, 1993−), 地球史と微生物生態系 (名古屋大学, 岩手大学, 1995−)
 
(公衆衛生学講座)
清水弘之: 難病の疫学調査研究 (名古屋大学医学部, 1993−), コホート研究による発がん要因の評価法に関する研究 (愛知県がんセンター, 1993−), 高齢者の社会活動に関する研究 (名古屋大学医学部, 1993), ロサンゼルス在住日系人・白人の生活習慣とがん罹患に関する研究 (南カリフォルニア大学医学部, 1993), 日系米人の母国集団におけるがん罹患率と環境因子 (和歌山県立医科大学他, 1993−1996),地域における高齢者の社会年齢とうつ病発生に関する研究 (昭和大学医学部他, 1994−), 大規模コホート設定等による保健サービス効果測定に関する研究 (高山保健所, 1995−1996),特発性造血障害調査研究に関する研究 (東京女子医科大学, 1993−1996),少子化時代に対応した母子保健事業に関する研究 (東京大学医学部, 1993), HPV と子宮頚癌 (東京大学医学部分院, 1994−1995),糖尿病の予防・疫学に関する研究班 (国立京都病院他, 1995−1996),保健医療行動に影響を及ぼす健康観の日米比較 (ハワイ大学他, 1994−)
川上憲人: 職業性ストレスと健康に関する大規模長期コホート研究 (東京医科大学他, 1996−), 職業性ストレスの日欧比較研究 (ブリュッセル自由大学, 1996−), NIOSH 職業性ストレス調査票日本語版の開発 (産業医学総合研究所, 米国職業安全保健研究所, 1993−), 地域住民を対象とした精神障害の疫学調査 (国立精神保健研究所, ミシガン大学, 1995−), 長期閉鎖環境における精神・心理の健康管理および異文化適応に関する研究 (宇宙環境利用推進センター, 1995−)
 
(法医学講座)
大谷 勲, 武内康雄: 薬物代謝酵素の組織化学的研究 (岐阜薬科大学, 継続中)
 
(寄生虫学講座)
高橋優三: 旋毛虫症 (米国コーネル大学;オランダ NIH;香港大学;山形大学;鳥取大学, 継続中), ブラジル天疱瘡の免疫病理 (ウイスコンシン医科大学, −1995), 犬回虫症 (神戸大学, 1994), ブラストシスチスの遺伝子多型 (奈良女子大学, 継続中), エキノストーマの分類 (九州大学, 継続中), クリプトスポリジウムの遺伝子診断 (大阪市立大学, 1994), タイ肝吸虫症と胆管癌の発生 (コンケン大学, 1996−)
伊藤 亮: エキノコックス症の分子生物学 (大阪大学微生物病研究所, 大阪大学医学部, 1993−), 猫条虫, エキノコックス感染病態の画像解析 (北海道大学大学院獣医学研究科, 1993−), 難治性寄生虫病エキノコックス症, 嚢虫症の発症機序 (旭川医科大学, 国立予防衛生研究所, 実験動物中央研究所, 1996−), 開発途上国の疾病対策に貢献できる医学教育のあり方 (長崎大学熱帯医学研究所, 1996−), テニア症, 嚢虫症, エキノコックス症の遺伝子診断法,分子分類学 (大阪大学医学部, 北海道衛生研究所, 1995−) 国際共同研究人体寄生テニア科条虫の実験動物モデル開発 (実験動物中央研究所, 大阪大学医学部, National Yang-Ming University, Taiwan, National Chunbuk University, Korea, 1995−), エキノコックス症, 嚢虫症についての血清診断法 (CDC (USA), UNAM (Mexico), University of Melbourne (Australia), University of Salford (UK), Chongqing University (China), Catholic University (Korea), 1993−), 実験動物におけるエキノコックス感染動態解析 (Hohenhaim Univeristy (Germany), 旭川医科大学, 1993−), 東南アジアにおける伝統的食習慣と寄生虫病 (Tribhuvan University (Nepal), University of Indonesia (Indonesia), 大阪大学医学部, 国立予防衛生研究所), チベット, 新彊ウイグル自治区におけるエキノコックス症, 嚢虫症疫学 (CDC (USA), Brigham Young University (USA), University of Salford (UK), Queensland Institute of Medical Research (Australia), Xinjiang Medical College (China), 1995−), 嚢虫症, 肺吸虫症の分子, 免疫診断法 (Catholic University (Korea), Chongqing University (China), 大阪大学医学部, 帯広畜産大学, 1995−)
 
(内科学第一講座)
武藤泰敏: リポ蛋白代謝に関する研究 (Harvard 大学 (米国), 1991−), 脂質代謝調節 (Columbia 大学 (米国), 1993−), 肝繊維化に関する研究 (Washinton 州立大学 (米国), 1994−), 人工肝臓の開発に関する研究 (Kings 大学 (英国), 1993−), レチノイドによる癌化学予防に関する研究 (東京女子医科大学, 1990−),
森脇久隆: 発癌予防に関する基礎的, 臨床的研究 (国立がんセンター, 癌研究会, 埼玉がんセンター, 1995−)
大西弘生: 肝細胞壊死の免疫学的発生機序に関する研究 (Kings 大学 (英国), 1996−)
杉原潤一: 重症肝疾患の余地とその対策に関する研究 (木曽川町, 1991−)
加藤則広: 胃癌と hericobacter pyroli の関連に関する研究 (国立がんセンター, 1996−)
村上啓雄: 高齢者の感染症に関する研究 (東京大学, 1993−)
四童子好弘: レチノイドの作用機序に関する基礎的研究 (東京大学, 1995−)
奥野正隆: 肝繊維化の病態と治療に関する基礎的研究 (理化学研究所, 大阪医科大学, 1994−)
武藤泰敏: 人工肝臓の開発 (テルモ(株), 1994−)
 
(内科学第三講座)
石塚達夫: インスリン作用の分子機構に関する研究 (米国, 南フロリダ大学)
宗 友厚: 11β水酸化ステロイド脱水酵素異常症に関する研究 (米国, コーネル大学, 1993−1994年, テキサス大学, 1994−1995)
森田浩之: アルドステロン生成酵素に関する研究 (米国, ミズーリコロンビア大学, 1994−)
山本眞由美: 血管内皮細胞機能と PKC に関する研究 (米国, 南フロリダ大学, 1995−)
 
(産婦人科学講座)
今井篤志: 子宮癌由来増殖因子のクローニング (サントリー医薬研究所, 1993−)
藤本次良: 受容体の変異体の婦人科腫瘍増殖に関する研究 (岡崎国立共同研究機構基礎生物学研究所, 1993)
三鴨廣繁: 実験感染モデル (エーザイ東京研究所, 1994−), 感染症とサイトカイン (慶応義塾大学・救急部, 1995−)
 
(耳鼻咽喉科学講座)
宮田英雄: 宇宙における錯覚・失認対策法に関する研究 (宇宙開発事業団, 1993−1995), 宇宙における錯覚・失認機序とその対策法に関する研究, 直線加速度に対する前庭脊髄反応の研究, 視運動性眼振と後眼振に対する重力変化の影響の検討 (宇宙環境利用推進センター, 1996−)
 
(皮膚科学講座)
北島康雄: 天疱瘡のシグナルトランスダクションにおけるリン酸化の研究 (京都薬科大学・生命研究所・分子生体制御研究部門, 1993−), 水疱症に関する免疫電顕学的研究 (慶應義塾大学医学部・皮膚科, 1995ー), ヘミデスモソームの形成と分散機序に関する研究 (名古屋大学情報文科学学部・自然情報科, 1993−)
 
(小児科学講座)
近藤直実: Ataxia-telangiectasia の分子遺伝学的研究 (クイーンズ大学, Australia, 1994−), 免疫不全症の分子遺伝学的研究 (カロリンスカ研究所, Sweden, 1993−)
鈴木康之: ペルオキシソーム病の病因 (信州大学医学部生化学, 1985−), 副腎白質ジストロフィーの治療 (Johns Hopkins Univ., USA, 1990−), 不飽和脂肪酸代謝 (ハリマ化成, 1993−), エーテルリン脂質代謝異常 (Amsterdam Univ. Netherlands, 1996−)
下澤伸行: ペルオキシソーム形成機構に関する分子生物学的研究 (姫路工業大学理学部生命科学, 1994−), 動物細胞を用いた遺伝性ペルオキシソーム欠損症の病因解明 (九州大学理学部生物学科, 1994−)
深尾敏幸: β−ケトチオラーゼ欠損症の病因解析 (信州大学医学部生化学, 1988−), ミトコンドリアβ−酸化系異常症の病因解析 (信州大学医学部生化学, Amsterdam Univ. Netherlands, 1995−), サクシニル-CoA:3-ケト酸 CoA トランスフェラーゼ欠損症の病因解析 (Hopital Ste-Justine, Canada, 1994−), Ataxia-telangiectasia の病因解析 (Tel Aviv Univ, Israel, 1995−)
祐川和子: ムコ多糖症U型 (ハンター病) の分子生物学的研究 (Hadassah Univ Hosp, Israel, 1996−)
福田誠司: ムコ多糖症WA型 (モルキオ病) の遺伝子解析 (Univ Krankenhaus Eppendorf, Germany, Univ de los Andes, Colombia, Univ Manchester, England, Adelaide Children's Hosp, Australia, 1993−), ムコ多糖症WA型 (モルキオ病) の遺伝子治療 (E Biochimica Generali, Italy, 1994−), ムコ多糖症Z型マウスの作製 (St Louis Univ, USA, 1995−)
 
(臨床検査医学講座)
野間昭夫: Lp (a) リポ蛋白の簡易・迅速測定法及びイソ型測定法の開発並びに臨床への応用 (徳山曹達(株)つくば研究所,(株) SRL 研究所, −1993)
 
(口腔外科講座)
安岡 忠: 産卵鶏におけるカルシュウム代謝:排卵周期中の上皮小体ホルモンおよびカルシトニン受容体の結合能の変動について (岐阜大学農学部教授 川島光夫, 岐阜大学農学部名誉教授/東京農業大学教授 田中克英, 継続中)
半田祐二朗: 羊を用いた顎関節の変形性関節症モデル:日本, オーストラリア, スゥエーデン (岐阜大学, 愛知学院大学, アデレード大学, ルント大学), 口腔粘膜疾患の疫学:日本, カンボジア, マレーシア (岐阜大学, 愛知学院大学, プノンペン大学, マラヤ大学, 継続中)
 
(嫌気性菌実験施設)
渡辺邦友: 熱帯地における慢性下痢症の病因学的研究 (琉球大学, −1993), Clostridium difficile の臨床疫学的研究 (旭川医科大学, 1993), Clostridium difficile の疫学的研究 (順天堂大学, 1995), 臨床材料から分離される嫌気性菌に関する研究 (青森県立中央病院検査部, 1995−)
加藤直樹: 熱帯地における慢性下痢症の病因学的研究 (琉球大学, −1993), Clostridium difficile の臨床疫学的研究 (旭川医科大学, 1993), Clostridium difficile の疫学的研究 (順天堂大学, 1995), 小児における Clostridium difficile の保菌状況 (名鉄病院, 1996), 老人ホーム及び老人病院における Clostridium difficile の保菌状況 (名古屋市厚生院, 1996), 肝硬変における Clostridium difficile の保菌状況 (日本赤十字病院, 1996), 整形外科領域における嫌気性菌感染症に関する研究 (日本赤十字病院, 1995−)
田中香お里: Bilophila wadsworthia 感染症に関する研究 (青森県立中央病院, 1994), Protein kinase に対する嫌気性菌の sphingophospholipidの影響 (埼玉県立ガンセンター, 1994), 臨床材料から分離される嫌気性菌に関する研究 (青森県立中央病院検査部, 1995−), 放線菌に関する研究 (浜松医科大学, 1995), 菌血症から分離される嫌気性菌 (杏林大学, 1995)
加藤はる: 熱帯地における慢性下痢症の病因学的研究 (琉球大学, −1993), Clostridium difficile の臨床疫学的研究 (旭川医科大学, 1993), Clostridium difficile の疫学的研究 (順天堂大学, 1995), 小児におけるClostridium difficile の保菌状況 (名鉄病院, 1996), 老人ホーム及び老人病院におけるClostridium difficile の保菌状況 (名古屋市厚生院, 1996), 肝硬変患者におけるClostridium difficile の保菌状況 (日本赤十字病院, 1996), 整形外科領域における嫌気性菌感染症に関する研究 (日本赤十字病院, 1995−)
 
(動物実験施設)
杉江茂幸: 有機セレニウムの発癌抑制効果 (Naylor Dana Institute, American Health Foundation, N.Y., U.S.A., 1994−)
 
(輸血部)
大塚節子: 輸血後 GVHD 発症における免疫遺伝学的解析, 自己免疫性甲状腺疾患の遺伝解析 (東京医科歯科大学難治疾患研究所成人異常代謝部門, 1991−), 同上 (岐阜県日赤血液センター, 1987−), 同上 (Tufts University; New England Medical Center 輸血部, Boston, USA, 1987−)
 
(薬剤部)
片桐義博, 杉山 正: 薬物代謝酵素に関する研究 (岐阜薬科大学・薬剤学, 1994−)