2 学生生活への配慮

(1) 奨学金の種類と採択状況
 最近 3 年間のデータは下表のとおりである。
 各種奨学金について、日本人学生を対象にした各種奨学金はそのほとんどが貸与で、留学生は給与であり、留学生用の各種奨学金は希望者に比べ非常に少ない。
  外国人留学生各種奨学金受給者数
 
(2) 授業料免除の状況
 最近 3 年間の授業料免除者は下表のとおりである。
 例年、申請者のうち、約 7 割以上が半免を含め許可になっている。
                         ( ) 内は、留学生で内数
 
(3) 学生生活相談の体制と実態
 学生の個人的な生活に関する相談については、学務課学務係が窓口として対応している。
 個人的及び講座レベルでの指導事項については、教官が個人的に相談に応ずるか、教務厚生委員会において対応している。
 
(4) 課外活動の実態
 医学部においては、課外活動を振興するために、それに係る学生団体を許可しているが、教育目的に沿う医学部生を対象とした団体の場合には、課外活動団体として教務厚生委員会が認定し、サークルの施設設備及び用具の貸与等の便宜を与え、その活動を援助している。
 これらの団体に属している学生数は下表のように集約される。

  課外活動加入状況 ( ) 内はサークルの数