口腔外科学講座
 
著書 (欧文)
Ikeda N, Zain BR, Handa, Y, Axell T: Criteria for Diagnosis of Oral Mucosal Lesions, An Aid for Examiners of Epidemiological Surveys in South East Asia, Oral Mucosal Lesions Survey of Adults in Malasia, (ed Zain BR). Malasia Ministry of Health, Kuala Lumpur, 1995. 1-41
 
総説 (和文)
半田祐二朗, 池田憲昭:歯科衛生士と国際医療協力 −Part 1 途上国の現場で必要とされる知識と能力−. 歯科衛生士 18, 23-29 (1994)
 
総説 (欧文 国外)
Durward C, Ikeda N, Handa Y: Cleft Lip and Palate Surgery in Cambodia. FDI World 5, 9-10 (1996)
 
原著 (和文)
安岡 忠, 奥田 孝, Win KKS, 加藤幸弘, 奥村康明, 立松憲親, 岡 伸光:過去15年間に当科で治療を施行した歯原性良性腫瘍:統計および臨床的検討. 日本口腔外科学会雑誌 39, 58-60 (1993)
 
保甫典子, 兵東 巌, 神野正康, 富田美穂子, 佐木宏吉, 森 聡次郎, 松野充康, 牧田浩樹, 中島英一郎, 安藤 恵, 阿部一雄, 安田 聡, 坂本 積, 加藤幸弘, 松田一雄, 藤塚秀樹, 坂井隆之, 奥田 孝, 市原秀記, 奥村康明, 安岡 忠, 半田祐二朗, 奥富 直, 立松憲親, 岡  伸光:Cefuroxime axetil (CXM-AX) の口腔外科領域における新しい投与法に関する検討. 診療と新薬 30, 1086-1091 (1993)
 
加藤幸弘, 奥田 孝, 佐木宏吉, 松野充康, 兵東 巌, 坂本 積, 市原秀記, 奥村康明, 安岡 忠, 立松憲親, 岡 伸光, 柳原 誠:尋常性天疱瘡に対する漢方使用経験. 漢方診療 12, 17-21 (1993)
 
加藤幸弘, 安岡 忠, 佐木宏吉, 森 聡次郎, 市原秀記, 兵東 巌, 奥田 孝, 奥富 直, 立松憲親, 岡  伸光:三重複癌の 1 例. 日本口腔腫瘍学会雑誌 5, 290-296 (1993)
 
伊藤直子, 奥田 孝, 安岡 忠, 兵東 巌, 中田隆明, 中島正人, 土井田 誠:エナメル上皮線維歯牙腫の1例および文献的考察. 日本口腔科学会雑誌 44, 108-111 (1995)
 
中島正人, 奥田 孝, 安岡 忠, 立松憲親, 岡 伸光:卵巣摘出と咬合の変化が成長期のラット顎関節に及ぼす影響について(U) エストロゲン投与による変化. 岐阜大学医学部紀要 43, 385-397 (1995)
 
松野充泰, 市原秀記, 藤塚秀樹, 保甫典子, 半田祐二朗, 立松憲親, 岡 伸光:最近行っている顎変形症に対する上下同時骨切り術について. 岐阜大学医学部口腔外科学教室年報 18, 59-68 (1993)
 
佐木宏吉, 市原秀記, 加藤幸弘, 安藤 恵, 阿部一雄, Win KKS, 井上孝典, 藤塚秀樹, 杉山貴敏, 奥田 孝, 奥村康明, 半田祐二朗, 奥富 直, 立松憲親, 岡 伸光:口腔粘膜疾患および舌痛症に対するセファランチン R 内服療法の臨床的効果の検討. 日本口腔科学会雑誌 43, 84-89 (1994)
 
石沢由美子, 半田祐二朗, 滝 和美, 田中克幸, 土肥修司:カンボジアでの口唇口蓋裂手術における全身麻酔の施行と教育の問題点について. 麻酔 43, 1611-1614 (1994)
 
村居正雄, 半田祐二朗, 中村修一, 真木吉信, 上條英之, 池田憲昭:歯科保健医療分野における国際協力の確立に関する総合的研究 −発展途上国の問題解決に有効な協力のあり方と方法論−. 日本歯科医学会雑誌 14, 48-52 (1995)
 
白木完治, 石丸純一, 半田祐二朗, 土井田 誠, 立松憲親, 岡 伸光:羊顎関節を用いた変形性顎関節症における Bone remodeling と Osteoid との関連について. 岐阜大学医学部紀要 44, 355-359 (1996)
 
大久保恒正, 田中卓二, 大埜間 勉, 藤塚秀樹, 立松憲親, 岡 伸光, 松下捷彦:家兎 vx2 舌癌に対する Lentinan の坑腫瘍効果増強−少量 CDDP との投与タイミング−. BIOTHERAPY 7, 1493-1498 (1993)
 
藤塚秀樹, 大久保恒正, 大埜間 勉:家兎 VX2 舌癌に対する BRM 製剤 Lentinan の抗腫瘍効果について−免疫組織学的検討および AgNORs 数測定による経時的効果判定−. 岐阜大学医学部紀要 43, 611-617 (1995)
 
加藤幸弘, 奥田 孝, 佐木宏吉, 松野充泰, 兵東 巌, 坂本 積, 市原秀記, 奥村康明, 安岡 忠, 立松憲親, 岡 伸光, 柳原 誠:尋常性天庖瘡に対する漢方使用経験. 漢方治療 12, 17-22 (1993)
 
加藤幸弘, 安岡 忠, 佐木宏吉, 森 聡次郎, 市原秀記, 兵東 巌, 奥田 孝, 奥富 直, 立松憲親, 岡 伸光:三重複癌の 1 例. 口腔腫瘍 5, 290-296 (1993)
 
市原秀記:ラット骨肉腫に対する電磁場刺激の影響. 岐阜大学医学部紀要 43(4), 509-523 (1995)
 
佐木宏吉, 阿部一雄, 市原秀記, 加藤幸弘, 立松憲親, 岡 伸光:ラット由来骨肉腫 (MSK) に対する G-CSF および M-CSF の影響. 岐阜大学医学部紀要 44(1), 49-58 (1996)
立松憲親, 津屋多美子, 市原秀記, 江崎智香子, 野田徳朗:顔面腫瘍切除後の広範囲欠損に対する補綴的処置の経験. 岐阜大学医学部紀要 44(2), 388-392 (1996)
 
市原秀記, 加藤幸弘, 佐木宏吉, 立松憲親, 土井田 誠, 奥富 直:長期間にわたり再発をくり返し悪性化した頬部多形性腺腫の 1 例. 日本口腔外科学会誌 42(4), 424-426 (1996)
 
奥富 直, 奥田 孝, 兵東 巌, 藤塚秀樹, 佐木宏吉, 立松憲親, 岡 伸光:当科における ubenimex (Bestatin◯R)を加えた口腔癌術後補助的免疫化学療法の臨床効果. Biotherapy 10(3), 506-508 (1996)
 
兵東 巌, 森 聡次郎, 高木宣雄, 立松憲親, 岡 伸光:炎症性骨吸収に関する研究 (T1) −内毒素 (LPS) による骨吸収と抗炎症剤の効果について. 岐阜大学医学部紀要 41, 793-803 (1993)
 
中田隆明, 兵東 巌, 森 聡次郎, 米本武史, 立松憲親, 岡 伸光:呼吸困難を生じた頚部蜂窩織炎の 1 例. 岐阜大学医学部紀要 43, 554-556 (1995)
 
井上孝典, 兵東 巌, 森 聡次郎, 米本武史, 中田隆明, 立松憲親, 岡 伸光:下顎に発生した大きな歯原性角化嚢胞の 1 例. 岐阜大学医学部紀要 43, 557-559 (1995)
 
中田隆明, 兵東 巌, 森 聡次郎, 谷江勇一, 米本武史, 立松憲親, 岡 伸光:炎症性骨吸収に関する研究 (T) −第 2 報 S. mitis による顎骨骨髄炎における抗炎症剤, 抗菌剤の骨吸収抑制効果について. 岐阜大学医学部紀要 43, 642-650 (1995)
 
森 聡次郎, 兵東 巌, 中田隆明, 谷江勇一, 米本武史, 立松憲親, 岡 伸光:炎症性骨吸収に関する研究 (U) −ゴールデンハムスターを用いた歯周疾患モデルにおける歯槽骨吸収に関する研究. 岐阜大学医学部紀要 43, 758-767 (1995)
 
谷江勇一, 兵東 巌, 米本武史, 中田隆明, 森 聡次郎, 田川智也, 立松憲親, 岡 伸光:炎症性骨吸収に関する研究 (V) −顎骨骨髄炎モデルにおける組織からの O −2 の生成. 岐阜大学医学部紀要 43, 723-734 (1995)
 
米本武史, 兵東 巌, 谷江勇一, 森 聡次郎, 和仁俊広, 田川智也, 立松憲親, 岡 伸光:炎症性骨吸収に関する研究 (V) −顎骨骨髄炎モデルにおける炎症部位からの O −2 の生成に対する抗酸化剤の影響について. 岐阜大学医学部紀要 44, 343-354 (1996)
 
立松憲親, 長井昭彦, 白木完治, 根尾尚志, 岩田千鶴子, 米本武史:OK-432 局注療法における海綿状リンパ管腫の治療. 岐阜大学医学部紀要 44, 324-327 (1996)
 
原著 (欧文 国内)
Okuda T, Yasuoka T, Nakashima M, Oka N: Alteration of temporomandibular joint remodeling in the growing period: Effect of ovariectomy and reduction of maximal intercuspal position. 岐阜大学医学部紀要 43, 264-274 (1995)
 
Takahashi T, Kawashima M, Yasuoka T, Kamiyoshi M, Tanaka K: Diuretic and antidiuretic effects of mesotocin as compared with the antidiuretic effect of arginine vasotocin in the hen. Poultry Sc 74, 890-892 (1995)
Ishimaru J, Handa Y, Toida M, Shiraki K, Mori S, Oka N: Temporomandibular joint osteoarthritis following maxillofacial trauma. Annual of Gifu City Hospital 13, 139-144, (1993)
 
Toida M, Watanabe F, Ishimaru J, Handa Y, Tatematsu N, Oka N: A large cell sub-mandibular sialolith in an asymptomatic patient. Hosp Dent 5, 52-53, (1993)
 
Ishimaru J, Handa Y, Kurita K, Tatematsu N: Establishment of an animal model for temporomandibular joint osteoarthritis. Acta Scholae Medicinalis Universitatis in Gifu 41, 453-479 (1993)
 
Ishimaru J, Handa Y, Toida M, Shiraki K, Tatematsu N: Clinical management for temporomandibular joint disorders. Annual of Gifu City Hospital 14, 73-76 (1994)
 
Win KKS, Toida M, Tsuneyo Kaneda T, Handa Y, Tatematsu N: Studies on ossification in 5,6-dimethoxysterigmatocystin-induced osteosarcoma. Acta Scholae Medicinalis 42, 201-208 (1994)
 
Toida M, Nakamura K, Ichihara H, Okutomi T, Ishimaru J, Handa Y, Suzuki H, Hayashi K, Koizumi H: Infrared absorption spectrum analysis of a foreign body embedded in an unerupted supernumerary tooth. Hosp Dent 6(1), 8-9 (1994)
 
Ikeda N, Miyazaki H, Zain R B, Khim S P, Win K K S, Handa Y, Kawai T: Validity of Khmer general dentists in diagnosing oral mucosal lesions: training and calibration of examiners for oral cancer screening. Hosp Dent 7, 12-15, (1995)
 
Ishimaru J, Kurita K, Ogi N, Handa Y, Toida M: Effect of tizanidine for a primary care of patients with myofacial pain: a preliminary study. Hosp Dent 7, 2-7 (1995)
 
Toida M, Ishimaru J, Shiraki K, Handa Y, Tatematsu N: Evaluation of tetrachrome method for demonstration of osteoid in sheep temporomandibular joint osteoarthritis model. Hosp Dent 7, in press (1995)
 
Ishimaru J, Handa Y, Kurita K, Goss A N: The effect of occlusal loss on normal and pathological temporo-mandibular joints: an animal study. Journal of Cranio-Maxillo-Facial Surgery 22, 95-102 (1994)
 
Kurita K, Ogi N, Ishimaru J, Handa Y: Diagnostic accuracy of the ultrathin arthroscope for temporomandibular joint osteoarthrosis: Comparison of arthroscopic and histologic findings in a sheep model. Journal of Oral and Maxillofacial Surgery 52, 278-281 (1994)
 
Ikeda N, Handa Y, Khim S P, C. Durward C, Axell T, Mizuno T, Fukao H, Kawai T: Prevalence study of oral mucosal lesion in a selected Cambodian population. C Den Oral Epide 23, 49-54 (1995)
 
Ohkubo T, Tanaka T, Ohnoma T, Fujitsuka H, Tanie U, Tatematsu N, Oka N: Anti-tumor effect on intra-tumoral and peripheral administration of lentinan. 高山赤十字病院紀要 18, 35-39 (1994)
 
原著 (欧文・国外)
Kawashima M, Takahashi T, Yasuoka Y, Kamiyoshi M, Tanaka T: A Vasoactive Intestinal peptide Binding Component in Hen Granulosa cells. PS Bio Med 209, 387-391 (1995)
 
Takahashi T, Kawashima M, Yasuoka T, Kamiyoshi M, Tanaka K: Mesotocin Binding to Receptors in Hen Kidney Plasma Membranes. PS 75, in press (1996)
 
Okuda T, Yasuoka T, Nakashima M, Oka N: The Effect of Ovariectomy on the Temporomandibular Joint of Growing Rats. JOMS 54, in press (1996)
 
Yasuoka T, Kawashima M, Takahashi T, Iwata A, Oka N, Tanaka K: Changes in Parathyroid Hormone Receptor Binding Affinity during Egg Laying: Implication for calcium homeostasis in chicken. JBR 11, in press (1996)