麻酔・蘇生学講座
 
著書 (和文)
土肥修司:麻酔と蘇生 −高度医療時代の患者サーヴィス, 中公新書, 中央公論社, 1993. 1122
 
土肥修司:臨床中毒 (最新内科学大系76), 井村裕夫, 高久史麿, 尾形悦郎, 垂井清一郎編集, 1993. 覚醒剤麻薬 130, 覚醒剤中毒, シンナー中毒 130-134, 麻薬中毒 134-139
 
土肥修司:TEXT 麻酔・蘇生学, 内藤裕史, 土肥修司編集, 南山堂出版, 土肥修司:最新麻酔科学 (上), 改訂第 2 版, 稲田 豊, 藤田昌雄, 山本 亨編集, 克誠堂出版, §3. 脳循環・代謝と脊髄循環, 1995. 227-240
 
土肥修司:クリティカルケア・マニュアル 集中治療管理指針, 窪田達也, 勝屋弘忠, 丸川征四郎, 篠崎正博編集, 秀潤社出版, X. 心肺脳蘇生法と脳死. 1995. 心肺蘇生法 456-458, 溺水の蘇生法 461-462
 
土肥修司:麻酔ニューマニュアル, 高折益彦, 弓削孟文編集, 金原出版, 1995. 2. 局所麻酔 (サイドメモ) 19-46, 4. 産科麻酔 350-355, 熱傷患者の麻酔 355-357
 
赤松 繁:翻訳;MGH 麻酔の手引き, 第3版, 稲田 豊, 稲田英一監訳, メディカル・サイエンス・インターナショナル, 1995. 19. 周術期の循環管理 279-292, 20. 腹部手術の麻酔 307-324
 
総説  (和文)
土肥修司:輸液・輸血路確保の実際. 産婦人科治療 5, 610-618 (1993)
 
土肥修司:局所麻酔薬の局所作用と全身作用. 医学のあゆみ 167, 113-117 (1993)
 
赤松 繁, 土肥修司:経食道心エコー図法. 集中治療 5, 133-145 (1993)
 
太田宗一郎, 土肥修司:悪性腫瘍による疼痛とその除痛. 外科 55, 1573-1575 (1993)
 
土肥修司:救急医療と脳蘇生. 岐阜医会誌 6, 51-57 (1993)
 
土肥修司:局所麻酔に関連した医療過誤の現状. 医学のあゆみ 168, 267-269 (1994)
 
土肥修司, 橋本友紀:心肺・脳蘇生 −血液循環とそのモニタリング−. 呼吸 13(6), 542-551 (1994)
 
飯田宏樹, 土肥修司:流量計の原理と問題点. 医科機械学 64(10), 473-479 (1994)
 
土肥修司:頭蓋内圧 (脳圧) 亢進時の麻酔管理. 麻酔 43(増刊号), S77-S85 (1994)
 
土肥修司, 濱屋吉拡:腎臓と自律神経反射. Anesthesia Today 13(4), 22-31 (1994)
 
土肥修司:頭蓋内圧亢進と麻酔 −クッシングの時代からの課題−. 日本医事新報 3686, 3-9 (1994)

土肥修司, 浅野斗志男:脊髄におけるα2-アドレナリン受容体の鎮痛機構. 医学のあゆみ 173 (8), 691-695 (1995)
 
土肥修司:バランス麻酔の過去 −NLA 出現以前−. 麻酔 44(増), 141-143 (1995)
 
西川俊昭, 土肥修司:麻酔前投薬クロニジンのコツと留意点, Pitfalls & Knack, 臨床麻酔のコツと落とし穴 Part 1, 36-37 (1996)
 
土肥修司:局所麻酔薬にアドレナリン添加の是非, Pitfalls & Knack, 臨床麻酔のコツと落とし穴 Part 1, 36-37 (1996)
 
飯田宏樹, 土肥修司:ケタミン使用のコツと留意点, Pitfalls & Knack, 臨床麻酔のコツと落とし穴 Part 1, 36-37 (1996)
 
総説 (欧文・国外)
Nishikawa T, Dohi S: Errors in the measurement of cardiac output by thermodilution. Can. J. Anaesth 40, 142-153 (1993)
 
原著 (和文)
松宮直樹, 遠藤拓男, 永沼利博, 石沢由美子:帯状疱疹患者の受信時期と予後. ペインクリニック 14, 83-86 (1993)
 
石沢由美子, 土肥修司:術中・術後の肺血栓梗塞症. 麻酔 42, 417-422 (1993)
 
花岡一雄, 並木昭義, 古賀義久, 土肥修司, 弓削孟文, 西山友貴:麻酔導入時におけるミダゾラムおよびバルビツレートの併用による臨床的有用性. 日本臨床麻酔学会誌 13, 49-54 (1993)
 
太田宗一郎, 鈴木 照, 原田知和, 竹中元康, 下中浩之, 土肥修司:病的鎖骨骨折:まれな術中合併症. 日本臨床麻酔学会誌 13, 104-107 (1993)
 
西垣和彦, 荒川迪生, 赤松 繁, 寺澤悦司, 土肥修司, 加川憲作, 三輪啓志, 伊藤義巳, 平川千里:経食道ドプラ心エコー図法による左房機能の解析. 日本臨床生理学会誌 23, 195-202 (1993)
 
石山忠彦, 土肥修司, 赤松 繁, 下中浩之:脳血管のデキサメデトミジンに対する反応性の検討. 脳循環代謝 4, 120 (1993)
 
西垣和彦, 荒川迪生, 赤松 繁, 寺澤悦司, 土肥修司, 加川憲作, 三輪啓志, 伊藤義巳, 野田俊之, 平川千里:肺静脈血流速波形から推測するヒト左房機能. 岐大医紀 41, 72-79 (1993)
 
田辺久美子, 石山忠彦, 鈴木 照, 太田宗一郎, 下中浩之, 土肥修司:脳動脈瘤術後に高 CK 血症を呈した 1 症例. 麻酔 43, 119-121 (1994)
 
佐藤祐子, 水谷太郎, 水山和之, 田中 誠, 大久保直光, 土肥修司:Kabuki Make-up Syndrome 2 症例の麻酔経験. 日本臨床麻酔学会誌 14, 56-59 (1994)
 
田中 誠, 土肥修司:エフェドリンとフェニレニンの動脈血酸素分圧に及ぼす影響 −片肺換気時における検討−. 麻酔 43(8), 1124-1129 (1994)
 
石沢由美子, 半田裕二朗, 滝 和美, 田中克幸, 土肥修司:カンボジア国での口唇口蓋裂手術における全身麻酔の施行と教育の問題点について. 麻酔 43(10), 1611-1614 (1994)
 
深尾いづみ, 土肥修司, 加藤利政, 赤松 繁, 下中浩之:皮膚切開時の心血管反応に対する吸入麻酔薬イソフルレンの濃度効果について. 麻酔 43(12), 1851-1856 (1994)
 
土肥修司, 石山忠彦, 飯田宏樹, 渡辺章久:K+チャネル開口薬の脳微小血管各調査用の機序. Therapeutic Research 16(4), 106-109 (1995)
 
寺澤悦司, 下中浩之, 大畠博人, 上田宣夫, 石沢由美子, 赤松 繁, 土肥修司:心臓手術における血中のカルシトニン遺伝子関連物質および心房性利尿ホルモンレベルの変動. 麻酔 44(9), 1202-1207 (1995)
 
太田宗一郎, 丹羽雅之, 野崎正勝, 服部雅仁, 下中浩之, 土肥修司:麻薬・拮抗誠鎮痛薬のμ,δおよびκオピオイド受容体親和性について. 麻酔 44(9), 1228-1232 (1995)
 
竹田智雄, 飯田宏樹, 太田宗一郎, 浅野斗志男, 織田章義, 土肥修司:内蔵神経ブロック後, 新たに出現した腹痛に対し星状神経ブロック (SGB) が有効であった 3 症例. ペインクリニック 16(5), 698-700 (1995)
 
太田宗一郎, 丹羽雅之, 野崎雅之, 服部雅仁, 下中浩之, 土肥修司:モルヒネ依存におけるモルモット脳内オピオイド受容体の変動について. 麻酔 44(11), 1452-1457 (1995)
 
竹田智雄, 飯田宏樹, 太田宗一郎, 浅野斗志男, 高田基志, 赤松 繁, 土肥修司:ニコランジルが有効であった幻肢痛の一例. ペインクリニック 16(6), 951-953 (1995)
 
赤松 繁, 寺澤悦司, 上田宣夫, 山本拓巳, 土肥修司:心腔内血流動態と PGE1 −経食道ドップラー 心エコー図法による増幅弁逆流血流の評価−. 現代医療 27(増)V, 2445-2453 (1995)
 
原著 (欧文・国外)
Ishizawa Y, Dohi S: Halothane concentrations required to block the cardiovascular responses to incision (MAC CVR) in infants and children. Can J Anaesth 40, 18-23 (1993)
 
Mizuyama K, Dohi S: An accidental subdural injection of a local anaesthetic resulting in respiratory depression. Can J Anaesth 40, 83-84 (1993)
 
Mizuyama K, Dohi S, Harukuni I: Coronary artery spasm with ventricular tachycardia after administration of methoxamine during cervical epidural anesthesia -a case report. Acta Anaesth Scand 37, 79-81 (1993)
 
Fukuda T, Dohi S, Naito H: Comparisons of tetracaine spinal anesthesia with clonidine or phenylephrine in normotensive and hypertensive humans. Anesth. Analg 78, 106-111 (1994)
 
Ishizawa Y, Dohi S: Epidural clonidine for treatment of intractable abdominal pain in a patient with diabetes. Pain Research 9, 15-20 (1994)
 
Tanaka M, Dohi S: Effects of phenylephrine and ephedrine on pulmonary arterial pressure in patients with cervical or lumber epidural anesthesia, or enflurane anesthesia. J. Anesth 8(2), 125-131 (1994)
 
Ishizawa Y, Dohi S, Iida H., Akamatsu S., Ohta. S. Shimonaka H: Mechanisms of vasodilation of cerebral vessels induced by the potassium channel opener nicorandil in caine in vivo experiments. Stroke 25(8), 1644-1650 (1994)
 
Hamaya Y, Nishikawa T, Dohi S: Diuretic effect of clonidine during isoflurane, nitorous oxide, and oxygen anesthesia. Anesthesiology 81(4), 811-819 (1994)
 
Iida H, Christine A. Gleason, Tomas P. O'brien, Richard J. Traystman: Fetal responses to acute fetal cocaine injection in sheep. Am J Physiol 267, H1968-H1975 (1995)
 
Ishiyama T, Dohi S, Iida H, Watanabe Y, Shimonaka H: Mechanisms of dexmedetomidine- induced cerebrovascular effects in caine in vivo experiments. Anesth Analg 81, 1208-1215 (1995)
 
その他
土肥修司:教授の条件:器と責任. 麻酔 42, 105 (1993).
 
土肥修司:文部省科学研究費報告書 (一般研究 B);脳・脊髄血管の反応性及び薬物感受性制御機構の生態内顕微鏡による解析
 
太田宗一郎:文部省科学研究費補助金 (一般研究 C);平成 4-5 年度研究成果報告書 モルヒネ耐性および依存における脳内オピオイド受容体の変化に関する研究
 
土肥修司:21世紀の麻酔学はどうあるべきか 21世紀における大学麻酔学教室の方向. 臨床麻酔 14(9), 45-48, 1994
 
土肥修司:麻酔と蘇生 −名称の重み−. 治療 77(4), 149-151 (1995)
 
飯田宏樹, 石山忠彦, 渡辺章久, 土肥修司:脳および脊髄軟膜微小血管の観察. 治療 77(4), 152-154 (1995)
 
土肥修司:レポート 第29回日本ペインクリニック学会総会 −リフレッシャーコース−. ペインクリニック 16(6), 786-788 (1995)
 
土肥修司:開業医に役立つ救急蘇生法の理論 (1). 月刊保団連 481(8), 61-64 (1995)
 
土肥修司:開業医に役立つ救急蘇生法の理論 (2). 月刊保団連 482(9), 61-64 (1995)
 
下中浩之, 山本拓巳:Combined Spinal /Epidural Anesthesia とモルヒネ投与について. 臨床麻酔 19(11), 1649-1651 (1995)
 
竹田智雄, 村上典之, 原田知和, 田辺久美子, 下中浩之, 土肥修司:気管支ファイバー光による経鼻挿管法. 臨床麻酔 21(1), 118-119 (1996)
 
Shigeru Akamatsu, Yuji Kondo, Shuji Dohi, Norio Ueda, Etsuji Teresawa: Velocity Measurements and with a new Doppler Catheter Indipendent of Incidence Angle., 文部省科学研究費 (一般研究 B) 研究成果報告書
 
Yukinaga Watanabe, Hiroki Iida, Tadahiko Ishiyama, Shuji Dohi: Systemic Bupivacaine and Ropivacaine without Respiratory Acidosis and Alkalosis., 文部省科学研究費 (一般研究 B) 研究成果報告書
 
太田宗一郎:急性および慢性疼痛下での脳内オピオイド受容体の変動とモルヒネ投与による影響. 平成 7 年度文部省科学研究費補助金 (一般研究 C) 研究成果報告書
 
飯田宏樹:心肺蘇生後の脳血流維持におけるα2 作動薬および Ca 拮抗薬の作用に関する研究. 平成 6-7 年度文部省科学研究費補助金 (一般研究 C) 研究成果報告書
 
Toshio Asano, Soichiro Ohta, Hiroki Iida, Shuji Dohi: Spinal Anti-Nociceptive Effects of Alpha-2 Agonists thorough Epidural Injection in Rats. Japanese Journal of Physiology 45 Suppl(2), S248, 1995
 
浅野斗志男, 飯田宏樹, 土肥修司, 竹田智雄, 織田章義, 太田宗一郎:Nicorandile の鎮痛効果についての検討, Therapeutic Research 17(4), 62-64, 1996