泌尿器科学講座
 
著書 (和文)
河田幸道:膿尿の診断, モダン・クリニカルポイント泌尿器科, 吉田 修, 奥山明彦編, 東京,金原出版, 1993. 12-13
 
竹内敏視, 河田幸道:泌尿器科領域 (尿路・男性性器) における超音波検査法, 腹部超音波検査 PART2 −実地臨床での活用をめざして−, (岐阜市内科会編), 岐阜, トーカイ出版, 1993. 46-61
 
石原 哲:Vocabulario em Portugues para Uso em Hospitais, 病院でのブラジル・ポルトガル語 (単著), 美濃加茂, 美濃加茂国際交流協会, 1993. 全218p
 
栗山 学:前立腺癌の腫瘍マーカー−特に PSA について−, モダン・クリニカルポイント 泌尿器科, 吉田 修, 奥山明彦編, 東京,金原出版, 1993. 176-177
 
栗山 学:前立腺腫瘍マーカー (前立腺肥大症・癌の診断手技), 前立腺検診の手引き, 前立腺検診協議会, 前立腺研究財団編, 東京,金原出版, 1993. 43-51
 
栗山 学, 河田幸道:泌尿器腫瘍マーカー (腫瘍マーカー), 新しい臨床検査マーカーの開発と展望, 東京,六法出版, 1993. 58-68

栗山 学, 河田幸道:糖尿病 (その他の合併症), 腎移植マニュアル, 東間紘, 大島伸一, 長谷川昭編, 東京, 中外医学社, 1993. 177-179 
 
山本直樹, 栗山 学, 河田幸道:前立腺特異抗原 (PSA) (腫瘍マーカー), 検査値のみかた (臨床医1993年増刊号), 東京,中外医学社, 1993. 587-588
 
河田幸道, 高橋義人:MRSA 術後感染症, MRSA 感染症, 横田 健編, 東京,新興医学出版社, 1994. 31-35
 
河田幸道:腸球菌, Colour Atlas Medical Microbiology, 三橋 進監修, 東京, 協和企画通信, 1994. 33-36
 
河田幸道:合成抗菌剤−フレロキサシン, スパルフロキサシン, 今日の医薬情報 第16集, 堀岡正義監修, 東京, 薬事新報社, 1994. 128-131
 
河田幸道:尿路感染症の成立機転と原因菌分布, 腸内細菌群の基礎と臨床, 三橋 進, 熊本悦明, 島田 馨編, 東京, ライフサイエンスメディカ, 1994. 129-136
 
坂 義人:淋菌性および非淋菌性尿道炎, 今日の治療指針 (1994年版),日野原重明, 阿部正和監修, 東京, 医学書院, 1994. 445p
 
石原 哲, 河田幸道:抗菌薬物の副作用, 泌尿器科診療 Q&A 第14号, 東京,六法出版, 1994. 950-951
 
出口 隆, 高橋義人, 河田幸道, 伊藤慎一, 伊藤康久, 土井達朗, 西野好則, 藤広 茂, 河村 毅, 小林 覚, 米田尚生, 堀江正宣, 篠田 孝:前立腺癌のリンパ節微小転移の遺伝子診断, 第20回尿路悪性腫瘍研究会記録 「前立腺癌の診断・治療の最近の話題, 市川篤二, 新島端夫, 阿曽佳郎編, 東京, 協和企画通信, 1994. 26-29
 
永井 司, 栗山 学, 河田幸道:エリスロポエチンの貧血改善効果が CAPD 患者食細胞活性酸素産生能に及ぼす影響の検討, 第 2 回腎とエリスロポエチン研究会 Proceeding, 東京, ライフサイエンス出版, 1994. 31-36
 
栗山 学:鉄欠乏 (F. 血球・凝固系), 透析療法における合併症, 越川昭三編, 大阪, 医薬ジャーナル, 1994. 186-188
 
河田幸道:精巣上体炎, 精巣炎, 今日の治療指針, 日野原重明, 阿部正和 監修, 東京, 医学書院, 1995. 461p
 
河田幸道:腎盂腎炎, A. 尿路感染症総論, 最新内科学大系57, 荒川正昭, 長澤俊彦編, 東京, 中山書店, 1995. 195-204
 
河田幸道:Q11. 薬効評価をどうするか, Q33. 前立腺炎とは, 泌尿器科領域感染症 Q&A, 熊澤浄一編, 大阪,医薬ジャーナル社, 1995. 35-36, 82-83
 
河田幸道:尿路感染症の部位診断, 尿路感染症の部位診断−ACB 法, メチシリン耐性黄色ブドウ球菌, 泌尿器科診療 Q&A, 町田豊平編, 東京, 六法出版, 1995. 945-2〜945-3, 945-4〜945-5, 951-2〜951-3
 
河田幸道, 栗山 学, 伊藤康久, 石原 哲, 伊藤雅康:尿路感染症における白血球機能に関する研究, H 4 − 6 年度科学研究費補助金 (一般研究 C#04670958)研究成果報告書, 岐阜, 1995.
 
坂 義人:急性単純性腎盂腎炎の診断は?急性単純性腎盂腎炎の治療は?, 泌尿器科領域感染症 Q&A, 熊澤浄一編, 大阪, 医薬ジャーナル社, 1995. 56-59
 
栗山 学:腫瘍マーカー V 診断, 前立腺癌診療マニュアル, 財団法人前立腺研究財団編, 東京,金原出版, 1995. 161-172
 
栗山 学, 高橋義人:前立腺性酸性ホスファターゼ (PAP) (免疫学的検査, Tumor marker), 広範囲血液・尿化学検査, 免疫学的検査−その数値をどう読むか− (日本臨床1995年増刊号), 東京,日本臨床社, 1995. 771-774
 
出口 隆:前立腺特異抗原 mRNA 発現の検出を利用した前立腺癌微小転移の遺伝子診断, 第33回日本癌治療学会総会 EDUCATIONAL BOOK, 1995. 486-488
 
出口 隆, 多田晃司, 米田尚生, 河田幸道:クラミジア, 淋菌の DNA 診断, 遺伝子診断実践ガイド, 中井利昭 編, 東京, 中外医学社,1995. 382-386 
 
高橋義人:腎移植症例における術前エリスロポエチン投与の臨床的検討, 岐阜県エリスロポエチン研究会記録, 1995. 41-44
 
栗山 学, 上野一哉, 鄭 漢彬, 河田幸道:PSA-ACT complex と free PSA, KEY WORD 1996-'97 泌尿器系, 東京, 先端医学社, (印刷中)
 
栗山 学, 高橋義人, 山本直樹, 河田幸道:PSA の標準化, KEY WORD 1996-'97 泌尿器系, 東京, 先端医学社, (印刷中)
 
河田幸道:尿路感染症の化学療法 新しいβ−ラクタム系抗生物質 嫌気性菌による尿路感染の意義, 泌尿器科診療 Q&A, 町田豊平編, 東京,六法出版社, 1996. P948-949 P951 P1004-1005
 
坂 義人:カテーテル留置尿路感染症, 抗生物質療法ガイド, 和田 攻, 大久保昭行, 永田直一, 矢崎義雄編, 東京, 文光堂, (印刷中)
 
坂 義人:細菌尿検査, 検査値のみかた, 中井利昭編, 東京,中外医学, 1996. 800-802
 
高橋義人, 土屋 博, 安田 満, 楊 睦正, 仲野正博, 西野好則, 尾関茂彦, 江原英俊, 山本直樹, 出口 隆, 栗山 学, 坂 義人, 河田幸道:進行性膀胱腫瘍に対する術前動注化学療法 (Ia-MAC) の臨床的検討, −膀胱温存の可能性について−第22回尿路悪性腫瘍研究会記録 浸潤性膀胱癌の治療, 新島橋夫, 阿曽佳郎編, 東京,協和企画通信, 1996. 37-40
 
著書 (欧文)   
Kuriyama M, Ueno K, Uno H, Nagai T, Yang M, Takahashi Y, Yamamoto N, Shinoda I, Takeuchi T,Kawada Y: Clinical studies of PSA and PSA-ACT complex in Japanese urological patients, Fundamental Approaches to the Diagnosis and Treatment of Prostate Cancer and BPH, Proceeding of the Fifth Tokyo Symposium (ed. Imai K, Shimazaki J & Karr JP). Adenine Press, New York, 1994. 75-81
 
Kuriyama M, Kawada Y: Can PSA predict staging of prostate cancer?, 4th International Symposium on Recent Advances in Urological Cancer; Diagnosis and Treatment, (ed Murphy G, Khoury S, Chatelain C, Denis L). Scientific Communication International, Channel Islands, 1995. 110-114
 
Kuriyama M, Takahashi Y, Sahashi M, Ono Y, Ohshima S, Tanaka T, Shimizu H, Miyake K, KawadaY: Prospective and ramdomized evaluation of endocrine-chemo combination therapy for initial treatment of prostate cancer. Proceeding of ASCO 15, 1996. 267
 
総説 (和文)
河田幸道:薬効評価基準の国際的統一. 化学療法の領域 9, 2240-2241 (1993)
 
河田幸道:図説・診断の基礎 (2) 泌尿器感染症. Medical News (332), 3-5 (1993)
 
河田幸道:合成抗菌薬 フレロキサシン・スパルフロキサシン. カレントテラピー 11, 2401-2403 (1993)
 
河田幸道:持続性ニューキノロン剤 スパラ錠臨床試験, 副作用. 時の新薬 19, 187-192 (1993)
 
河田幸道:尿の色と量について. 暮らしと健康 8, 14-15 (1993)
坂 義人:性行為感染症の解析評価総評. 岐阜県結核・感染症サーベイランス情報 [平成 4 年報] No.12, 74-79 (1993)
 
坂 義人:特集・泌尿器科治療薬マニュアル 「MRSA の対策」. 臨床泌尿器科 47(増刊号), 144-146 (1993)
 
坂 義人:検査値のみかた 「細菌尿検査」. 臨床医 19(増刊号), 682ー683 (1993)
 
栗山 学, 河田幸道:Question & Answer−透析患者の肉眼的血尿. 腎と透析 34, 947-948 (1993)
 
志田圭三, 秋元 晋, 栗山 学, 荒井陽一:フリータイプの前立腺腫瘍マーカー. Medical Tribune 26 (1993年11月 4 日号), 34-35 (1993)
 
出口 隆, 米田尚生, 河田幸道:PCR を用いた病原微生物の検出 Chlamydia trachomatis. 臨床検査 37, 149-153 (1993)
 
竹内敏視, 前田真一, 河田幸道:特集・小児の内視鏡的治療−最近の動向 「小児腎盂尿管移行部狭窄に対する endopyelotomy」. 小児外科 25, 1017-1021 (1993)
 
伊藤康久, 河田幸道:尿路感染症と検査の進め方. Medical Technology 21, 27-33 (1993)
 
志田圭三, 秋元 晋, 栗山 学, 荒井陽一:フリータイプの前立腺腫瘍マーカー. Medical Tribune 26, 34-35 (1993)
 
石原 哲, 河田幸道:膀胱炎での膀胱内抗菌剤注入の意義. 日本医事新報 3623, 133 (1993)
 
山本直樹, 栗山 学, 河田幸道:検査値のみかた 「前立腺特異抗原 (PSA)」. 臨床医 19(増刊号), 587-588 (1993)
 
山本直樹, 坂 義人, 河田幸道:尿路変更術. 臨床看護 19, 935-938 (1993)
 
河田幸道, 中島光好:メガロシンの泌尿器科領域感染症に対する有用性をめぐって. 日経メディカル 1, 42-45 (1994)
 
河田幸道, 中島光好:メガロシンの泌尿器科領域感染症に対する有用性をめぐって. ドクターサロン 38, 236-243 (1994)
 
河田幸道:化学療法に尽くした人々(13)・西浦常雄博士. 化学療法の領域 10, 908-909 (1994)
 
坂 義人:性行為感染症の解析評価総評. 岐阜県結核・感染症サーベイランス情報 [平成 5 年報] No.13, 70-75 (1994)
 
坂 義人:特集/細胞接着因子 「尿路感染症と接着因子」. 腎と透析 37, 507-510 (1994)
 
坂 義人, 石原 哲:カルバペネム薬の現況・その基礎と臨床 「尿路感染症」. 臨床と微生物 21, 449-454 (1994)
 
栗山 学, 坂 義人, 河田幸道:前立腺癌診断における血清前立腺特異抗原. 臨床泌尿器科 48, 277-288 (1994)
 
栗山 学:これだけは知っておきたい検査のポイント・第 5 集. 腫瘍マーカー, d. 泌尿器系 2) PSA. Medicina 31(11増刊号), 496-497 (1994)
 
栗山 学:特集/前立腺癌の診断と治療の問題点 「前立腺癌の腫瘍マーカー」. 癌と化学療法 21, 1915-1922 (1994)
 
栗山 学, 上野一哉, 宇野裕巳, 高橋義人, 篠田育男, 河田幸道:特集/腫瘍マーカーの進歩と問題点 「前立腺癌の腫瘍マーカー」. 癌の臨床 40, 759-767 (1994)
 
栗山 学, 河田幸道:再燃癌の耐性化と内分泌化学療法への期待 (連載企画:前立腺癌−診療のFrontier). Medicament News No.1459(1994.12.5号), 17-18 (1994)
 
栗山 学, 横井繁明, 河田幸道:特集/インターフェロン療法の基礎と臨床:インターフェロン療法の実際と効果 「腎がん」. 臨床と研究 71, 1463-1467 (1994)
 
栗山 学:一週一話:rHuEPO 療法と腎不全患者の QOL. 日本医事新報 No.3653(1994.4.30号), 105 (1994)
 
栗山 学 (監修):PSA の登場により簡易なシステムで一次スクリーニングが可能に (前立腺疾患診断の基本技術−前立腺腫瘍マーカー). 日経メディカル 1994.6.25 臨時増刊号付録, 15-16 (1994)
 
栗山 学:腫瘍マーカー (泌尿器癌の診断と治療, 最近の進歩に関する第 4 回国際シンポジウム). Medical Tribune 27(1994年 8 月11日号), 14 (1994)
 
栗山 学:前立腺癌の腫瘍マーカー (特集:前立腺癌の診断と治療の問題点). 癌と化学療法 21, 1915-1922 (1994)
 
栗山 学:PSA-ACT 測定の臨床的意義, 特に早期前立腺癌診断における有用性. Conferance News 第 4 号 (11/04/1994発行), ヘスコインターナショナル (1994)
 
出口 隆, 河田幸道:STD 最近の話題 「泌尿器科領域−淋菌, クラミジア, ウレアプラズマおよびマイコプラズマ−」. Medical Practice 11, 705-707 (1994)
 
石原 哲, 河田幸道:特集/細菌感染症−最新の化学療法 「クラミジア−性器感染症」. 臨床と微生物 21, 81-82 (1994)
 
石原 哲, 栗山 学, 河田幸道:院内感染 「尿路感染症」. Medicament News 1994.8.5号 (1994)
 
河田幸道:尿路感染症とペニシリン剤−ユナシン S 静注用の有用性. TODAY'S THERAPY '95 特別号, 53-55 (1995)

河田幸道:尿路感染症. 化学療法の領域 11(S-1), 106-110 (1995)
 
河田幸道:再発性腎盂腎炎に対する抗生剤の少量長期投与. 医事新報 NO.3712, 136-137 (1995)
 
河田幸道:尿路感染症にクランベリージュースが有用?. CLINICIAN 42, 701-702 (1995)
 
坂 義人:抗生物質療法ガイド 「カテーテル留置尿路感染症」. Medical Practice 12, 426 (1995)
 
坂 義人:性行為感染症の解析評価総評. 岐阜県結核・感染症サーベイランス情報 [平成 6 年報] No.14, 62-67 (1995)
 
栗山 学, 河田幸道:前立腺癌発症の要因 (特集:前立腺癌早期発見・治療のポイント). Geriatric Medicine 33, 1373-1376 (1995)
 
栗山 学, 楊 睦正:続発性副甲状腺機能亢進症と三次性副甲状腺機能亢進症. 日本臨床 〔特集:副甲状腺 (上皮小体) 疾患〕 53, 965-967 (1995)
 
出口 隆, 河田幸道:特集 各科領域における化学療法の反省−感染症 2 「尿路・性器感染症」. 化学療法の領域 11, 2093-2100 (1995)
 
出口 隆:尿道炎の原因と治療 「非淋菌性尿道炎」. Theapeutic Research 16, 4440-4442 (1995)
 
石原 哲, 河田幸道:尿定性・半定量検査プラクティス 各論 (I) 7. 亜硝酸塩 B. 臨床. 臨床病理 (臨時増刊) 100, 143-146 (1995)
 
石原 哲, 河田幸道:反復性・難治性尿路感染症. Clinical Infection & Chemotherapy 1, 11-14 (1995)   
 
高橋義人, 河田幸道:特集;腎・尿路・性器の外傷の救急治療−尿管外傷−. 泌尿器外科 8, 881-884 (1995)
 
河田幸道:感染症と抗生物質の使い方−尿路感染症−. 医学と薬学, (印刷中)
 
坂 義人:性行為感染症の解析評価総評. 岐阜県結核・感染症サーベイランス情報 [平成 7 年報], (印刷中)
 
栗山 学:癌診断における腫瘍マーカーの有用性とその限界−男性生殖器系悪性腫瘍−. 日本臨床 54, 1631-1636 (1996)
 
栗山 学:腫瘍マーカーはどこまで役立つか (前立腺疾患 '96−前立腺癌). 臨泌 50, 163-165 (1996)
 
栗山 学:高齢者の排尿障害. 岐阜県医学会雑誌, (印刷中)
 
出口 隆, 宇野雅博, 安田 満, 米田尚生, 河田幸道:注目すべき感染症 Mycoplasma genitalium. J Clin Infect Chemother 2, 44-45 (1996)
 
石原 哲, 河田幸道:最近の性病の傾向と治療の進歩 軟性下疳・鼠径リンパ肉芽腫症. 臨床と研究 37, (印刷中)
 
総説 (欧文・国外)
Shida K, Akimoto S, Kuriyama M, Arai Y: Free-type prostate tumor markers. Medical Tribune (World Version), November 4, 1993 issue (1993)
 
Kuriyama M: Prostate-specific antigen as a tumor marker in prostate cancer. Internatl. J. Urol., 1, 99-103 (1994)
 
Kawada Y, S.E. Lee, C. Chen, B.M. Limson, P. Chan, A. Kongkanand, S. Wudhikarn, K.H. Tung, P. Rahardjo, Saito I, Doi T: Evaluation of clinical efficacy of antimicrobials in complicated urinary tract infections. Drugs 49(S-2), 362-364 (1995)
 
原著 (和文)
河田幸道, 伊藤康久, 他:複雑性尿路感染症に対する S-1108 と cefteram pivoxil の比較検討. CHEMOTHERAPY 41, 1305-1324 (1993)
 
河田幸道, 藤広 茂, 他:複雑性尿路感染症に対する S-1108 の臨床用量の検討. CHEMOTHERAPY 41(S-1), 483-498 (1993)
 
河田幸道, 兼松 稔, 前田真一, 松田聖士, 他:複雑性尿路感染症に対する loracarbef の臨床用量の検討. CHEMOTHERAPY 41(S-3), 336-352 (1993)
 
河田幸道, 他:複雑性尿路感染症に対するloracarbefとcefiximeの比較検討. CHEMOTHERAPY 41(S-3), 353-370 (1993)
 
河田幸道, 他:非ステロイド性抗アンドロゲン剤フルタミドの前立腺癌に対する治療効果第U相用量設定試験. 泌尿器科紀要 39, 391-406 (1993)
 
栗山 学, 江崎奈々, 篠田育男, 伊藤 慎一, 山田伸一郎, 徳山宏基, 出口 隆, 高橋義人, 河田幸道, 秋元 晋, 島崎 淳:新しい EIA による前立腺特異抗原の測定, とくに早期前立腺癌と前立腺肥大症との鑑別診断における有用性について. 日泌尿会誌 84, 244-250, (1993)
 
栗山 学, 小幡浩司, 林 秀治, 島谷政佑, 加藤次朗, 小野佳成, 朴木繁博, 加藤雅史, 米田勝紀, 増田宏昭, 北川元昭, 中野 優:腎盂尿管腫瘍の臨床的検討−東海地方会腫瘍登録611例の解析と治療成績の変遷に関して−. 日本泌尿器科学会雑誌 84, 1839-1844 (1993)
 
栗山 学, 河田幸道, 山田伸一郎, 伊藤慎一, 岡野 学, 高橋義人, 篠田育男, 出口 隆, 大川二朗, 宮脇 章, 藤井昭男:新しい non-isotopic immunoassay (DELFIA PSA) を用いた血清 prostate-specific antigen の測定. 腫瘍マーカー研究会誌 8, 255-257 (1993)
 
出口 隆, 河田幸道, 斉藤 功, 岡崎武二郎, 荒川創一, 守殿貞夫, 田中正利, 熊澤淨一:男子非淋菌尿道炎に対する tosufloxacin tosilate の臨床的検討. CHEMOTHERAPY 41, 376-391 (1993)
 
高橋義人, 伊藤慎一, 土井達朗, 出口 隆:重症尿性敗血症 (urosepsis) に関する臨床的検討. 岐阜市民病院年報 13, 69-72 (1993)
 
高橋義人, 伊藤慎一, 土井達朗, 出口 隆:原発性上皮小体 (副甲状腺) 機能亢進症の治療経験. 岐阜市民病院年報 13, 73-75 (1993)
 
江原英俊, 兼松 稔, 山田伸一郎, 出口 隆, 河田幸道:右坐骨腫瘤を呈した前立腺癌骨転移. 臨床泌尿器科 47, 328-330 (1993)
 
西野好則, 藤広 茂, 波多野紘一, 河田幸道:XXmale の 1 例. 泌尿器科紀要 39, 93-95 (1993)
 
西野好則, 藤広 茂:非特異性限局性尿管炎の 1 例. 臨床泌尿器科 47, 570-572 (1993)
 
西野好則, 藤広 茂, 斉藤昭弘, 河田幸道:腎嚢胞に合併した腎腺腫の 1 例. 西日本泌尿器科 55, 86-88 (1993)
 
西野好則, 藤広 茂, 小坂譲二, 鳥澤昌紀, 柴田明彦, 藤川明彦:横紋筋融解症による急性腎不全の 3 例. 岐阜赤十字病院医学雑誌 5, 39-42 (1993)
 
山本直樹:腎細胞癌における好銀性核小体形成関連蛋白の研究:特に増殖能の指標としての意義. 日本泌尿器科学会雑誌 84, 1441-1449 (1993)
 
兼松 稔, 山田伸一郎, 米田尚生, 斉藤昭弘, 伊藤康久, 藤広 茂, 坂 義人, 河田幸道, 玉木正義, 前田真一:新規経口用カルバセフェム剤 loracarbef の抗菌力, 前立腺組織内濃度ならびに泌尿器科感染症に対する臨床効果の検討. CHEMOTHERAPY 41, 284-295 (1993)
 
米田尚生, 出口 隆, 多田晃司, 伊藤康久, 岩田英樹, 原田吉将, 岡野 学, 斉藤昭弘, 山田伸一郎, 坂 義人, 河田幸道, 江崎孝行, 玉木正義, 前田真一, 斉藤 功:男子クラミジア性尿道炎の治療効果判定における PCR 法の応用. CHEMOTHERAPY 41, 770-773 (1993)
 
米田尚生, 出口 隆, 伊藤康久, 坂 義人, 河田幸道, 斉藤 功, 前田真一, 嶋津良一, 鄭 漢彬:Chlamydiazyme による男子尿道炎患者の初尿からの Chlamydia trachomatis 検出の有用性について. 臨床と微生物 20, 223-226 (1993)
 
米田尚生, 原田吉将, 岩田英樹, 斉藤昭弘, 伊藤康久, 林 秀治, 武田明久, 徳山宏基, 兼松 稔, 坂 義人, 河田幸道:入院患者における尿路感染症分離菌の検討 1983−1990年の臨床統計. 西日本泌尿器科 55, 343-349 (1993)
 
窪田 実, 川口良人, 野本保夫, 土田弘基, 二瓶 宏, 久保和雄, 大森安恵, 馬場園哲也, 小椋陽介, 原 茂子, 多川 斉, 斉藤 肇, 栗山 哲, 篠田俊雄, 大塚正一, 笹岡拓雄, 東海林隆雄, 高山公洋, 中尾俊之, 下村 旭, 河田幸道, 栗山 学, 林田重昭, 那須誉人, 藤見 星, 保利 敬, 小出 輝, 酒井 紀, 堺 秀人, 越川昭三, 三村信英, 前田貞亮:Continuous Amburatory Peritoneal Dialysis (CAPD) 患者の腎性貧血に対するリコンビナントエリスロポエチンの効果:皮下投与による維持投与法の検討−多施設共同研究-. 日腎誌 35, 1081-1090 (1993)
 
伊藤康久, 徳山宏基, 山田伸一郎, 米田尚生, 高橋義人, 岡野 学, 斉藤昭弘, 出口 隆, 兼松 稔, 河田幸道:泌尿器科領域におけるメチシリン耐性黄色ブドウ球菌 (MRSA) の分離症例に関する検討. 日本泌尿器科学会雑誌 84, 514-520 (1993)
 
竹内敏視, 長谷行洋, 石原 哲, 多田晃司, 小出卓也, 杉山誠一, 酒井俊助, 玉木正義, 前田真一, 根笹信一, 小林 覚, 堀江正宣, 河田幸道:経尿道的尿管腎盂切開術について. 日本泌尿器科学会雑誌 84, 873-878 (1993)
 
宇野雅博, 山田伸一郎, 尾関茂彦, 岡野 学, 出口 隆, 栗山 学, 坂 義人, 河田幸道, 奥村 中, 田中卓二, 星山直基, 野尻 真:レニン産生腎腫瘍の 1 例. 日泌尿会誌 84, 1130-1133 (1993)
 
藤田公生, 松島 常, 仲野正博:経尿道的前立腺切除術後の感染管理期間の検討. CHEMOTHERAPY 41, 1191-1194 (1993)
 
藤田公生, 宗像昭夫, 松島 常, 金子正志, 仲野正博:女性の急性単純性膀胱炎に対する Lomefloxacin 7 日間療法の検討. 西日本泌尿器科 55, 1685-1689 (1993)
 
守殿貞夫, 河田幸道, 坂 義人, 高橋義人, 鄭 漢彬, 武田明久, 他:新規合成セフェム系注射用抗生物質 DQ-2556 の複雑性尿路感染症に対する臨床効果及び用量の検討. CHEMOTHERAPY 41(11), 1195-1217 (1993)
 
永井 司, 浅野 学, 蓑島謙一, 米田尚生, 斉藤昭弘, 出口 隆, 栗山 学, 坂 義人, 河田幸道:特発性腎破裂により Hemoperitoneum をきたし, 保存的に治癒せしめた CAPD の 1 例. 日本透析療法医学会雑誌 26, 407-412 (1993)
 
松田聖士, 浅野元脩, 栗山 学, 江崎奈々, 永井 司, 岡野 学, 伊藤康久, 斉藤昭弘, 出口 隆, 河田幸道:CAPD における細菌性腹膜炎の基礎的検討 -CAPD 排液中の細菌増殖動態について. 日本透析療法医学会雑誌 26, 1137-1140 (1993)
 
宇野裕巳, 西田泰幸, 小林克寿, 山本修美, 栗山 学, 坂 義人, 河田幸道:続発性副甲状腺機能亢進症に合併した甲状腺微小癌. 日本透析療法学会雑誌 26, 1381-1385 (1993)
 
熊本悦明, 河田幸道, 他:STD としての男子尿道炎と子宮頸管炎に対する Clarithromycin の治療効果の検討−特に Chlamydia trachomatis 感染症を中心に−. 日本性感染症学会誌 4, 96-101 (1993)
 
前田真一, 玉木正義, 竹内敏視, 酒井俊助, 藤本佳則, 磯貝和俊, 米田尚生, 河田幸道:小児上部尿路通過障害に対する内視鏡的治療の試み. 日本小児外科会雑誌 29, 1239-1244 (1993)
 
徳山宏基, 出口 隆, 長谷川義和, 説田 修, 栗山 学, 坂 義人, 河田幸道, 加藤直樹, 上野一恵:Fournier's gangrene の 1 例. 西日本泌尿器科 55, 450-454 (1993)
 
守殿貞夫, 河田幸道, 坂 義人, 伊藤康久, 原田吉将, 土井達朗, 磯貝和俊, 藤本佳則, 兼松 稔, 江原英俊, 他:複雑性尿路感染症に対する Cefozopran の臨床用量設定試験. 西日本泌尿器科 55, 950-965 (1993)
 
守殿貞夫, 河田幸道, 伊藤康久, 他:複雑性尿路感染症に対する Cefozopran と Ceftazidime の臨床的有用性に関する比較検討. 西日本泌尿器科 55, 966-985, (1993)
 
山田伸一郎, 福岡明久, 宇野雅博, 蓑島謙一, 西田泰幸, 根笹信一, 永井 司, 宇野裕巳, 岩田英樹, 原田吉将, 山本直樹, 米田尚生, 岡野 学, 伊藤康久, 斉藤昭弘, 出口 隆, 栗山 学, 坂 義人, 河田幸道:表在性膀胱腫瘍75例の再発率に影響をおよぼす因子についての検討. 西日本泌尿器科 55, 1543-1546 (1993)
 
松島 常, 藤田公生, 金子正志, 仲野正博, 宗像昭夫:巨大な pyelogenic cyst を形成した移行上皮癌の 1 例. 泌尿器外科 6(臨時増刊号, 研究症例集), 1005-1008 (1993)
 
伊藤慎一, 高橋義人, 土井達朗, 波多野紘一:両側重複腎盂尿管の 1 手術例. 岐阜市民病院年報 13, 157-160 (1993)
 
谷口光宏, 尾関茂彦, 永井 司, 原田吉将, 高橋義人, 藤本佳則, 武田明久:精巣損傷の臨床的検討. 高山赤十字病院紀要 17, 9-12 (1993)
 
尾関茂彦, 谷口光宏, 武田明久, 永井 司, 水口宏平:右腎動脈狭窄に対して経皮的腎血管拡張術 (PTRA) を施行した 1 小児例. 高山赤十字病院紀要 17, 95-98 (1993)     
 
山田伸一郎, 藤本佳則, 磯貝和俊, 出口 隆, 根笹信一, 川本正吾, 西田泰幸, 玉木正義, 江原英俊, 高橋義人, 岡野 学, 竹内敏視, 河田幸道, 田中卓二:膀胱癌に対する動注治療の効果の予測因子の検討 −ATP 法による抗癌剤感受性試験の有用性について−. 日本泌尿器科学会雑誌 85, 1528-1533 (1994)
 
荒川創一, 守殿貞夫, 坂 義人, 河田幸道, 公文裕已, 大森弘之, 松本哲朗, 熊澤浄一, 片岡陳正, 小川暢也:複雑性尿路感染症に対する SY-5555 の臨床用量検討試験. CHEMOTHERAPY 42, 70-87 (1994)
 
河田幸道, 坂 義人, 他:複雑性尿路感染症に対する FK037 の臨床用量の検討. CHEMOTHERAPY 42, 1048-1065 (1994)
 
河田幸道, 出口 隆, 他:複雑性尿路感染症に対する biapenem の臨床用量検討. CHEMOTHERAPY 42, 1114-1127 (1994)
 
河田幸道, 坂 義人, 他:複雑性尿路感染症に対する FK037 と ceftazidime の比較検討. CHEMOTHERAPY 42, 1176-1193 (1994)
 
河田幸道, 出口 隆, 他:複雑性尿路感染症に対する biapenem と imipenem/cilastatinの比較検討. CHEMOTHERAPY 42, 1368-1384 (1994)
 
岩田英樹, 宇野裕巳, 山田伸一郎, 米田尚生, 伊藤康久, 坂 義人, 河田幸道, 林 秀治, 尾関茂彦, 武田明久:尿路性器感染症に対する SY5555 の基礎的・臨床的検討. CHEMOTHERAPY 42(S-1), 454-461 (1994)

米田尚生, 伊藤康久, 坂 義人, 河田幸道, 多田晃司, 小出卓也, 竹内敏視, 酒井俊助, 玉木正義, 前田真一:尿路感染症に対する Tazobactam/Piperacillin の基礎的・臨床的検討. CHEMOTHERAPY 42(S-2), 521-528 (1994)
 
米田尚生, 出口 隆, 安田 満, 多田晃司, 岩田英樹, 石原 哲, 坂 義人, 河田幸道, 江崎孝行, 斉藤 功:Polymerase chain reaction 法による男子非淋菌性尿道炎患者からの Mycoplasma genitalium の検出. 感染症学雑誌 68, 1376-1380 (1994)
 
石原 哲, 米田尚生, 山羽正義, 岡野 学, 伊藤康久, 斉藤昭弘, 坂 義人, 河田幸道, 上野一哉, 藤本佳則, 磯貝和俊, 江原英俊, 兼松 稔:複雑性尿路感染症に対する FK037 の基礎的・臨床的検討. CHEMOTHERAPY 42(S-3), 243-249 (1994)
 
出口 隆, 石原 哲, 伊藤康久, 坂 義人, 河田幸道, 武田明久, 前田真一:Biapenem の抗菌力と尿路感染症における臨床的有用性. CHEMOTHERAPY 42(S-4), 477-485 (1994)
 
出口 隆, 安田 満:細菌の新しい系統分類と同定方法 U. 実技編 A.16S リボゾーム RNA の配列の決定 3. 発色方法を使ったシークエンス法. 日本細菌学雑誌 49, 839-841 (1994)
 
熊本悦明, 河田幸道, 前田真一, 他:尿路性器 Chlamydia trachomatis 感染症の疫学調査. 日本性感染症学会誌 5, 32-42 (1994)
 
藤田知洋, 秋野裕信, 蟹本雄右, 岡田謙一郎:前立腺偶発癌に関する臨床的検討. 日本腎泌尿器疾患予防医学研究会誌 2, 57-59 (1994)

伊藤康久, 米田尚生, 斉藤昭弘, 出口 隆, 坂 義人, 河田幸道:泌尿器科領域における癌化学療法時の感染症の検討. 泌尿器科紀要 40, 221-224 (1994)
 
西野好則, 藤広 茂:前立腺全摘除術後に発症した肺塞栓症の 1 例. 泌尿器科紀要 40, 253-256 (1994)
 
西野好則, 藤広 茂:外傷性陰茎転位症の 1 例. 西日本泌尿器科 56, 782-784 (1994)
 
西野好則, 藤広 茂, 上村修一, 栄枝裕文, 島 寛人:腰痛を主訴とした腎血管筋脂肪腫自然破裂の 1 例. 岐阜赤十字病院医学雑誌 6, 67-69 (1994)
 
蟹本雄右, 鈴木裕志, 岡田謙一郎:31P-Magnetic Resonance Spectroscopy による尿路性器癌の放射線療法および化学療法の効果に関する実験的研究. 泌尿器科紀要 40, 295-301 (1994)
 
藤本佳則, 上野一哉, 山田伸一郎, 磯貝和俊, 米田尚生, 坂 義人:清潔間欠導尿法の臨床的検討. 泌尿器科紀要 40, 309-313 (1994)
 
宇野雅博, 小林 覚, 石原 哲, 栗山 学, 河田幸道:異時性両側性精巣悪性リンパ腫の 1 例. 泌尿器科紀要 40, 901-903 (1994)
 
林 秀治, 米田尚生, 原田吉将, 岩田英樹, 武田明久, 斉藤昭弘, 伊藤康久, 徳山宏基, 藤広 茂, 兼松 稔, 坂 義人, 河田幸道:外来患者における尿路感染症分離菌の変遷と薬剤感受性. 西日本泌尿器科 56, 222-227 (1994)
 
荒川創一, 坂 義人, 河田幸道, 他:複雑性尿路感染症に対する SY5555 と Cefotiam-hexetil の二重盲検比較試験. 西日本泌尿器科 56, 300-319 (1994)
 
玉木正義, 前田真一, 栗山 学, 河田幸道, 溝口良順, 笠原正男:カルチノイド様前立腺癌の 1 例. 臨床泌尿器科 48, 49-52 (1994)
 
玉木正義, 前田真一, 岩田英樹, 山本直樹, 栗山 学, 坂 義人, 河田幸道:MVP 化学療法により完全寛解を得た腎細胞癌肺転移の 1 例. トヨタ医報 4, 89-92 (1994)
 
仲野正博, 藤田公生, 松島 常, 金子正志, 宗像昭夫:一部に腺癌の組織像を認めた精巣由来と思われる嚢胞状病変の 1 例. 泌尿器外科 7, 51-53 (1994)
 
古武俊彦, 河田幸道, 他:尿路上皮癌患者における化学療法施行時の好中球減少症に対する rG・CSF 注の臨床的有用性の検討. 泌尿器外科 7, 1123-1133 (1994)
 
杉野信博, 安藤明利, 平沢由平, 河田幸道, 栗山 学, 永井 司, 他:保存期慢性腎不全の腎性貧血患者に対する rHuEPO(EPOCH) の薬効評価 −二重盲検法による 3 用量群間比較試験−. 腎と透析 37, 1171-1185 (1994)
 
高橋義人, 出口 隆, 栗山 学, 仲野正博, 上野一哉, 篠田育男, 武田明久, 伊藤慎一, 土井達朗, 竹内敏視, 堀江正宣, 前田真一, 長谷行洋, 小林 覚, 永井 司, 兼松 稔, 山田伸一郎, 藤本佳則, 磯貝和俊, 坂 義人, 河田幸道:進行性膀胱腫瘍に対する術前動注化学療法 (Ia-MAC) の臨床的検討. 癌と化学療法 21, 2311-2314 (1994)
 
高橋義人, 兼松江巳子, 栗山 学, 河田幸道:MRSA 創部感染症に対する Vancomycin 添加 Povidone Iodine Gel の経験. 新薬と臨床 43, 1969-1975 (1994)
 
高橋義人, 出口  隆, 栗山 学, 仲野正博, 上野一哉, 篠田育男, 武田明久, 伊藤慎一, 土井達朗, 竹内敏視, 堀江正宣, 前田真一, 長谷行洋, 小林 覚, 永井 司, 兼松 稔, 山田伸一郎, 藤本佳則, 磯貝和俊, 坂 義人, 河田幸道:進行性膀胱腫瘍に対する術前動注化学療法 (Ia-MAC) の臨床的検討. 癌と化学療法 21, 2311-2314 (1994)
 
矢橋俊文, 木村得次, 坂野信也, 川地俊明, 奥村恭己, 金森勇雄, 藤本佳則, 上野一哉, 磯貝和俊:超音波像による腎細胞癌浸潤度の検討. 超音波医学 21, 278-285 (1994)

松波和子, 野田紀子, 坂 義人:盲目患者に対するストーマケア 「用具の考察と工夫」. STOMA 6, 163-165 (1994)
 
宇野雅博, 小林 覚, 石原 哲, 尾関信彦:陰嚢内硬化性脂肪肉芽腫の 1 例. 岐阜県医師会医学雑誌 7, 297-299 (1994)
 
伊藤雅康, 長谷川義和:前立腺肥大症に対する経尿道的単回高温度療法の経験. 岐阜県医師会医学雑誌 7, 383-385 (1994)
 
尾関茂彦, 谷口光宏, 武田明久, 林 秀治, 栗山 学, 諏訪哲也:腎上部に発生した後腹膜神経鞘腫の 1 例. 高山赤十字病院紀要 18, 143-146 (1994)
 
藤広 茂, 西野好則:岐阜赤十字病院泌尿器科における開設 3 年間 (1991〜1993年) の入院・手術統計. 岐阜赤十字病院医学雑誌 6, 25-28 (1994)
 
栗山 学, 上野一哉, 宇野裕巳, 永井 司, 楊 睦正, 安田 満, 横井繁明, 仲野正博, 山本直樹, 高橋義人, 篠田育男, 斉藤昭弘, 竹内敏視, 河田幸道:Enzymun-Test PSA による血清 PSA の測定. 泌尿器外科 7, 739-744 (1994)
 
宇野雅博, 小林 覚, 石原 哲, 栗山 学, 河田幸道:異時性両側性精巣悪性リンパ腫の 1 例. 泌尿紀要 40, 901-903 (1994)
 
杉野信博, 安藤明利, 平沢由平, 平嶋邦猛, 二瓶 宏, 小椋陽介, 久保和雄, 鈴木正司, 佐中 孜, 荒井純子, 小池隆夫, 東 徹, 後藤裕美子, 飯村功, 浦 信行, 吉永 馨, 斉藤喬雄, 福地總逸, 高橋充彦, 荒川正昭, 河田幸道, 栗山 学, 永井 司, 小川暢也 他:保存期慢性腎不全の腎性貧血患者に対する rHuEPO(EPOCH) の薬効評価−二重盲検法による3用量群間比較試験−. 腎と透析 37, 1171-1185 (1994)

浅野 学, 小口健一, 兼松江巳子, 小林克寿, 栗山 学, 河田幸道:生体腎移植ドナーの残腎に発生した腎細胞癌差の 1 例. 腎移植・血管外科 6, 157-160 (1994)
 
石原 哲, 安田 満, 多田晃司, 米田尚生, 伊藤康久, 斉藤昭弘, 出口 隆, 栗山 学, 坂 義人, 河田幸道 他, 岐阜UTI研究会14施設:複雑性尿路感染症由来 Enterococcus faecalis の臨床的検討と薬剤感受性について. 日本化学療法学会雑誌 43, 451-456 (1995)
 
石原 哲, 原田吉将, 小出卓也, 米田尚生, 岩田英樹, 岡野 学, 伊藤康久, 斉藤昭弘, 坂 義人, 河田幸道, 尾関茂彦, 武田明久:尿路感染症における balofloxacin の基礎的・臨床的検討. 日本化学療法学会雑誌 43(S-5), 317-323 (1995)
 
石原 哲, 小林 覚, 斉藤昭弘, 出口 隆, 兼松 稔, 栗山 学, 坂 義人, 河田幸道, 前田真一, 小口健一, 小林克寿, 北島和一:血液透析患者の膿尿, 細菌尿所見 2. 分離菌種について. 日本透析医学会雑誌 28, 31-37 (1995)
 
杉野信博, 河田幸道, 栗山 学 他54名:保存期慢性腎不全の腎性貧血患者に対する rHuEPO (EPOCH) 皮下投与の薬効評価−二重盲検法によるプラセボとの群間比較試験−. 腎と透析 38, 151-162 (1995)
 
高橋義人, 山田伸一郎, 米田尚生, 岩田英樹, 石原 哲, 岡野 学, 斉藤昭弘, 伊藤康久, 兼松 稔, 栗山 学, 坂 義人, 河田幸道, 伊藤慎一, 土井達朗:尿路・性器感染症に対する grepafloxacin の基礎的・臨床的検討. 日本化学療法学会雑誌 43(S-1), 386-396 (1995)
 
高橋義人, 宇野裕巳, 栗山 学, 宮田英雄, 下川邦泰, 河田幸道:尿路外症状 (嚥下困難と労作時呼吸困難) によって発見された腎細胞癌の 1 例. 癌と化学療法 22, 133-136(1995)
 
永井 司, 兼松 稔, 栗山 学, 河田幸道:CAPD 患者の QOL に影響を及ぼす因子の検討. 日本透析医学会雑誌 28, 1127-1133 (1995)
 
永井 司, 兼松 稔, 高木康雄, 江原英俊:精巣内に発生した adenomatoid tumor の 1 例. 泌尿器外科 8, 907-909 (1995)
 
永井 司, 栗山 学, 河田幸道:CAPD 患者に対するエリスロポエチン少量頻回投与法の検討. 臨床透析 11, 383-387 (1995)
 
秋元 晋, 赤倉功一郎, 大木健正, 島崎 淳, 栗山 学, 河田幸道:前立腺癌治療経過における前立腺特異抗原の高感度測定の有用性. 日泌尿会誌 86, 256-262 (1995)
 
上野一哉, 栗山 学, 篠田育男, 楊 睦正, 浅野 学, 林 秀治, 河田幸道, 秋元 晋, 島崎 淳:Ab ビーズ PSA‘栄研’による血清 PSA の測定. 泌尿器外科 8, 523-526 (1995)
 
仲野正博, 多田晃司, 高橋義人, 出口 隆, 栗山 学, 坂 義人, 河田幸道, 華房順子, 森田浩之, 安田圭吾:ACTH 非依存性両側副腎皮質大結節性過形成 (AIMAH) による Cushing 症候群の 1 例. 泌尿紀要 41, 529-532 (1995)
 
玉木正義, 前田真一, 岩田英樹, 山本直樹, 栗山 学, 坂 義人, 河田幸道:Methotrexate, Vinblastine, Pepleomycine(MVP) 化学療法により完全寛解をえた腎細胞癌肺転移の 1 例. 泌尿器科紀要 41, 205-507 (1995)
 
玉木正義, 前田真一, 田代和弘, 仲野正博, 坂 義人, 河田幸道:腎平滑筋肉腫の 1 例. 臨床泌尿器科 49, 753-755 (1995)
 
玉木正義, 前田真一, 田代和弘, 仲野正博, 斉藤昭弘, 栗山 学, 坂 義人, 河田幸道:腎平滑筋肉腫の 1 例. トヨタ医報 5, 68-71 (1995)
 
三摩 宏, 浅野 学, 尾関茂彦, 江原英俊, 高橋義人, 石原 哲, 出口 隆, 栗山 学, 坂 義人, 河田幸道:動注化学療法が著効を示した内分泌療法抵抗性前立腺癌の 1 例. 癌と化学療法 22, 1694-1696 (1995)
 
浅野 学, 川本正吾, 石原 哲, 栗山 学, 河田幸道:生体腎移植後に発生した出血性膀胱炎の 1 例. 腎移植・血管外科 7, 171-174 (1995)
 
秋元 晋, 赤倉功一郎, 大木健生, 島崎 淳, 栗山 学, 河田幸道:前立腺癌治療経過における前立腺特異抗原の高感度測定の有用性. 日本泌尿器科学会雑誌 86, 256-262 (1995)
 
宇野裕巳:前立腺肥大症と前立腺癌の鑑別診断における PSA-density(PSAD) の臨床的意義. 日本泌尿器科学会雑誌 86, 1776-1783 (1995)
 
河田幸道, 伊藤康久, 山田伸一郎, 蟹本雄右, 岡田謙一郎, 斉藤 功:腎機能障害患者における grepafloxacin の体内動態に関する検討. 日本化学療法学会雑誌 43(S-1), 190-193 (1995)
 
河田幸道, 他 20 名:尿路・性器感染症に対する grepafloxacin の有用性の検討. 日本化学療法学会雑誌 43(S-1), 410-423 (1995)

伊藤康久, 米田尚生, 石原 哲, 斉藤昭弘, 坂 義人, 河田幸道, 兼松 稔, 江原英俊:尿路感染症に対する pazufloxacin の基礎的・臨床的検討. 日本化学療法学会雑誌 43(S-2), 349-355 (1995)

斉藤昭弘, 米田尚生, 岩田英樹, 林 秀治, 石原 哲, 岡野 学, 伊藤康久, 出口 隆, 坂 義人, 河田幸道, 西野好則, 藤広 茂:尿路感染症に対する ritipenem acoxil の基礎的・臨床的検討. 日本化学療法学会雑誌 43(S-3), 242-248 (1995)
 
岡野 学, 上野一哉, 米田尚生, 石原 哲, 斉藤昭弘, 伊藤康久, 出口 隆, 坂 義人, 河田幸道, 酒井俊助, 土井達朗, 嶋津良一:尿路感染症に対する cefluprenam の基礎的・臨床的検討. 日本化学療法学会雑誌 43(S-4), 111-116 (1995)
 
加藤直樹, 加藤はる, 田中香お里, 渡辺邦友, 上野一恵, 多田晃司, 河田幸道:マクロライド系抗菌薬 Azithromycin の嫌気性菌と Ureaplasma に対する抗菌力. 日本化学療法学会雑誌 43(S-6), 31-39 (1995)
 
浅野 学, 小口健一, 兼松江巳子, 北島和一, 河田幸道, 松本哲哉, 山口恵三:Campylobacter による CAPD 腹膜炎の 1 例. 日本透析医学会雑誌 28, 301-305 (1995)

兼松江巳子, 小口健一, 北島和一, 清 正夫, 山本修美, 是松元子, 浅野 学, 河田幸道, 宮村隆三, 小林克寿, 下山博身, 白井哲夫:上皮小体全摘術後の長期成績. 日本透析医学会雑誌 28, 1367-1373 (1995)
 
熊本悦明, 河田幸道 他:PCR 法による C. trachomatis 診断キットの基礎的, 臨床的検討. 日本性感染症学会誌 6,51-61 (1995)   
 
米田尚生, 出口 隆, 安田 満, 多田晃司, 石原 哲, 坂 義人, 河田幸道, 江崎孝行, 斉藤 功:PCR 法による男子非淋菌性尿道炎患者からの Mycoplasma genitalium の検出. 日本マイコプラズマ学会雑誌 第20号・第21号合本, 73-74 (1995)
 
栗山 学, 山本直樹, 篠田育男, 河田幸道, 秋元 晋, 島崎 淳:日本人症例における TANDEM PSA の臨床的評価と他法との比較. 泌尿器科紀要 41, 39-46 (1995)
 
栗山 学, 上野一哉, 七里泰正, 大石賢二, 吉田 修, 秋元 晋, 島崎 淳, 今井強一, 山中英壽, 出口修宏, 田崎 寛, 河田幸道:前立腺癌における PSA-α1-antichymotrypsin 複合体測定の臨床的意義. 泌尿器外科 8, 951-958 (1995)
 
仲野正博, 多田晃司, 高橋義人, 出口 隆, 栗山 学, 坂 義人, 河田幸道, 華房順子, 森田浩之, 安田圭吾:ACTH 非依存性両側副腎皮質大結節性過形成 (AIMAH) による Cushing 症候群の 1 例. 泌尿器科紀要 41, 529-532 (1995)
 
水谷一夫, 小野佳成, 加藤範夫, 武田明久, 山田 伸, 絹川常郎, 服部良平, 佐藤正文, 松浦 治, 竹内宣久, 大島伸一:前立腺癌に対する根治的前立腺全摘除術および骨盤内リンパ節郭清術の検討:リンパ節郭清術の意義について. 泌尿器科紀要 41, 867-871 (1995)
 
川本正吾, 篠田育男, 鄭 漢彬, 行岡直哉, 松下 厳, 河田幸道:黄色肉芽腫性変化を伴った腎軟結石の 1 例. 泌尿器科紀要 41, 1007-1010 (1995)
 
瀬古恵美, 青山名生子, 山本幸子, 谷口順子, 野田明美, 堀江正宣:代用膀胱の導尿指導. 東海ストーマ会誌 15, 49-51 (1995)
 
上野一哉, 栗山 学, 篠田育男, 楊 睦正, 浅野 学, 林 秀治, 河田幸道, 秋元 晋, 島崎 淳:Ab ビーズ PSA‘栄研’による血清 PSA の測定. 泌尿器外科 8, 523-526 (1995)
 
杉野信博, 河田幸道, 栗山 学, 他54名:保存期慢性腎不全患者の腎性貧血に対する rHuEPO (EPOCH) 皮下投与の薬効評価−二重盲検法によるプラセボとの群間比較試験−. 腎と透析 38, 151-162 (1995)
 
中村 豊, 堀江正宣, 長谷川正広:膜面積とβ2MG 除去能. 腎と透析 (ハイパフォーマンスメンブレン '95) 38, 184-188 (1995)
 
三摩 宏, 浅野 学, 尾関茂彦, 江原英俊, 高橋義人, 石原 哲, 出口 隆, 栗山 学, 坂 義人, 河田幸道:動注化学療法が著効を示した内分泌療法抵抗性前立腺癌の 1 例. 癌と化学療法 22, 1694-1696 (1995)

土井達朗, 三摩 宏, 伊藤慎一, 伊藤康久, 宇野雅博, 小口健一, 高橋義人, 武田明久:岐阜市民病院泌尿器科における1985年から1994年までの10年間の手術統計. 岐阜市民病院年報 15, 53-57 (1995)
 
伊藤康久, 伊藤慎一, 土井達朗, 村上典之, 浅野寿夫:尿管結石による敗血症性ショックの 1 例. 岐阜市民病院年報 15, 86-88 (1995)
 
伊藤慎一, 伊藤康久, 土井達朗, 加地秀樹, 尾関信彦:腎盂内自然破裂により発症した腎血管脂肪腫の 1 例. 岐阜市民病院年報 15, 89-91 (1995)
 
藤広 茂, 根笹信一, 西野好則, 山内 一, 鈴木英司, 島 寛人:感染性尿膜管嚢胞の 1 例. 岐阜赤十字病院医学雑誌 7, 33-35 (1995)
 
岡野 学, 上野一哉, 米田尚生, 石原 哲, 斉藤昭弘, 伊藤康久, 出口 隆, 坂 義人, 河田幸道, 酒井俊助, 土井達郎, 嶋津良一:尿路感染症に対する cefluprenam の基礎的・臨床的検討. 日本化学療法学誌 43(S-4), 111-116 (1995)
 
熊澤淨一, 松本哲朗, 熊本悦明, 折笠清一, 阿曽佳郎, 町田豊平, 河村信夫, 岡田敬司, 久住治男, 名出頼男, 河田幸道, 坂 義人, 守殿貞夫, 荒川創一, 大森弘之, 公文裕巳, 藤田幸利, 野田進士, 大井好忠, 永山在明, 小川 暢也:複雑性尿路感染症に対する Tazobactam/Piperacill in (TAZ/PIPC)と Piperacillin(PIPC)との比較試験. 西日泌尿 57, 360-383 (1995)
 
太田和夫, 荒井純子, 川口良人, 久保 仁, 二瓶 宏, 清水 公, 中尾俊之, 窪田 実, 秋葉 隆, 篠田俊雄, 前波輝彦, 原 茂子, 東海林隆男, 木村靖夫, 三浦靖彦, 北島和一, 下村 旭, 河田幸道, 酒井信治, 藤井正満, 西谷 博, 平野 宏, 山木戸道郎, 中本雅彦:1.1%アミノ酸含有腹膜透析液 BLA を用いた continuous ambulatory peritoneal dialysis療法による臨床的有用性の検討. 腎と透析 40, 507-527 (1996)
尾関茂彦, 濱本幸浩, 篠田育男, 石原 哲, 栗山 学, 河田幸道:前立腺乳頭状腺癌の 1 例. 西日本泌尿器科 58, 68-70 (1996)
 
尾関茂彦, 安田 満, 仲野正博, 石原 哲, 出口 隆, 坂 義人, 河田幸道, 武田明久:陰嚢内平滑筋肉腫の 1 例. 泌尿器科紀要 42, 229-232 (1996)
西野好則, 根笹信一, 藤広 茂, 河田幸道:原発性上部尿路上皮内癌の 1 例. 臨床泌尿器科 50, 139-141 (1996)
 
西野好則, 根笹信一, 藤広 茂, 波多野紘一, 河田幸道:前立腺粘液癌の 1 例. 臨床泌尿器科 50, 245-249 (1996)
 
根笹信一, 藤広 茂, 西野好則, 河田幸道:孤立性有茎性増殖を呈した嚢胞性膀胱炎. 臨床泌尿器科 50, 312-314 (1996)
 
藤広 茂, 根笹信一, 西野好則, 山内 一, 鈴木英司, 島 寛人:感染性尿膜管嚢胞の一例. 岐阜赤十字病院医学雑誌 7, 33-35 (1996)
 
仲野正博, 多田晃司, 高橋義人, 石原 哲, 出口 隆, 栗山 学, 坂 義人, 河田幸道, 下川邦泰:検診時に偶然発見された成人片側性多嚢胞性異形成腎 (Unilateral multicystic dysplasticv Kidney). 泌尿器科紀要 42, 373-376 (1996)
 
栗山 学, 上野一哉, 楊 睦正, 原 啓, 松本英亜, 三井 博, 那須誉人, 林田重昭, 古川利有, 鈴木唯司, 大木健正, 秋元 晋, 島崎 淳, 河田幸道:前立腺肥大症に対する VLAP の検討−多施設共同研究による OPTICA 60Z と Rotalase fiber の評価−. 泌尿器外科 9, 153-159 (1996)
 
小幡浩司, 栗山 学, 藤田公生, 酒井俊助, 置塩則彦, 阪上 洋, 東野一郎, 三宅弘治:前立腺癌の臨床的検討−東海地方会腫瘍登録683例の集計と予後調査−. 泌尿紀要 (印刷中)
 
村瀬達良, 栗山 学, 前田真一, 安藤 裕, 伊藤 博, 渡邊秀輝:前立腺偶発癌 stage A の予後についての検討. 泌尿紀要 (印刷中)

原著 (欧文・国内)
Maeda S,Tamaki M, Takeuchi T, Sakai S, FujimotoY, Isogai K, Yamamoto N, Kawada Y: Endoscopic and fluoroscopic pyeloureteromy for ureteropelvic junction obstruction and ureteral stricture in children. Jpn J Endourol ESWL 6, 182-184 (1993)
 
Uno M, Yamamoto N, Okano M, Saito A, Deguchi T, Kuriyama M, Ban Y, Kawada Y, Shimokawa K: A case of xanthogranulomatous pyelonephritis in a child. Jpn J Nephrol 35, 1271-1276 (1993)
 
Kawada Y, Kumamoto Y, Saito I, Kawamura N, Kamidono S, Ohmori H, Kumazawa J: An early phase U study on FK037 in urinary tract infections. CHEMOTHERAPY 42, 1036-1047 (1994)

Tada K, Takeuchi T, Nagatani Y, Koide T, Ishihara S, Sakai S, Kawada Y: Endoscopic diagnosis and treatment of disorders in the upper urinary tract. Jpn J Endourol ESWL 7, 169-173 (1994)

Maeda S, Tamaki M, Takeuchi T, Taniguchi M, Minoshima K, Sakai S, Nagai T, M Kanematsu, Yamamoto N, Nakano M, Ban Y, Kawada Y: Endourological reestablishment of traumatic membranous urethral disruption.Jpn J Endourol ESWL 7, 200-203 (1994)
 
Uno M, Kobayashi S, Ishihara S, Kawada Y: Idiopathic retroperitoneal fibrosis effectively treated with steroid therapy a report of two cases. Nishinihon Journal of Urolog 57, 300-303(1995)
 
原著 (欧文・国外)
Yamamoto N, Maeda S, Okada J, Takeuchi T, Nagatani Y, Shinoda I, Kuriyama M, Kawada Y: Endoscopic incision of persistent ureteral infoldings. Urology 41, 38-42 (1993)
 
Deguchi T,Doi T, Ehara H, Ito S, Takahashi Y, Nishino Y, Fujihiro S, Kawamura T, Komeda H, Horie M, Kaji H, Shimokawa K, Tanaka T, Kawada Y: Detection of micrometastatic prostate cancer cells in lymph nodes byreverse transcriptase-polymerase chain reaction. Cancer Res 53, 5350-5354 (1993)
 
Kawada Y: Sparfloxacin in the treatment of genitourinary tract infections. Drugs 45(S-3), 339 (1993)
 
Kawada Y: Multicentre study of ofloxacin in male urethritis in 7 Asian countries. Drugs 45(S-3), 375-376 (1993)
 
Kuriyama M, Takeuchi T, Takahashi Y, Takeda A, Ishihara S, Ozeki S, Ueno K, Taniguchi M, Yamamoto N, Nagatani Y, Kobayashi S, Shinoda I, Sakai S, Kawada Y: Intra-arterial chemotherapy using a reservoir for endocrine-refractory prostate canser. Cancer Chemother. Pharmacol 35(S), 27-30 (1994)
 
Tajika M, Tsuchiya T, Yasuda M, Ito Y, Nakamura T, Yamauchi K, Yamauchi H, Nishino Y, Fujihiro S, Shima H, Moriwaki H, Muto Y: A male case of synchronous double cancers of the breast and prostate. Internal Medicine 33, 31-35 (1994)
 
Nomoto Y, Kawada Y, et.al.: A multicenter study with once a week or once every two weeks high-dose subcutaneous administration of recombinant human erythropoietin in continuous ambulatory peritoneal dialysis. Peritoneal Dialysis International 14, 56-60 (1994)
 
Saito A, Kawada Y: Reliability of pyuria detection method. Infection 22(Suppl.1), S36-S37 (1994)
 
Kawada Y: Comparison of complicated urinary tract infections in men and women. Infection 22(Suppl.1), S55-S57 (1994)

Kawada Y, Saito I, Kamidono S, Ohmori H, Kumazawa J: Preliminary report on Du-6859a for urinary tract infection. Journal of Infection and Chemotherapy 1, 139-146 (1995)

Deguchi T, Yasuda M, Asano M, Tada K, Iwata H, Komeda H, Ezaki T, Saito I, Kawada Y: DNA Gyrase Mutations in Quinolone-Resistant Clinical Isolates of Neisseria gonorrhoeae. Antimicrob Agents Chemother 39, 561-563 (1995)
 
Deguchi T, Gilroy CB, Taylor-Robinson D: Comparison of Two PCR-Based Assays for Detecting Mycoplasma genitalium in Clinical Specimens. Eur J Clin Microbiol Infect Dis 14, 629-631 (1995)
 
Deguchi T, Komeda H, Yasuda M, Tada K, Iwata H, Asano M, Ezaki T, Kawada Y: Mycoplasma genitalium in non-gonococcal urethritis. Int J STD AIDS 6, 144-145 (1995)
 
Ehara H, Koji T, Deguchi T, Yoshii A, Nakano M, Nakane PK, Kawada Y: Expression of Estrogen Receptor in Diseased Human Prostate Assessed by Non-Radioactive In Situ Hybridization and Immunohistochemistry. Prostate 27, 304-313 (1995)

Ushio Y, Yamamoto N, Sanchez-Bueno A, Yoshida R: Failure to reject an allografted tumor after elimination of macrophages in mice. Microbiol Immunol (in press)
 
Kuriyama M, Obata K, Miyagawa Y, Nishikawa E, Koide T, Takeda A, Komeda Y, Kanbayashi T, Nakano M, Miyake K: Serum prostate-specific antigen values for prediction of clinical stages and prognosis in patients with prostate cancer An analysis of 749 cases. International J Urol (in press)
 
Deguchi T, Yasuda M, Nakano M, Ozeki S, Ezaki T, Saito I, Kawada Y: Quinolone-resistant Neisseria gonorrhoeae: cprrelation of alterations in the GyrA subunit of DNA gyrase and the ParC subunit of topoisomease IV with antimicrobial susceptibility profiles. Antimicrobial Agents Chemother 40, 1020-1023 (1996)
 
その他
出口 隆, 永井 司, 河田幸道:特集・術後感染の予防と治療 泌尿器科領域. Medicament News (1403), 6-8 (1993)
 
出口 隆, 河田幸道:クラミジア感染症の話題, クラミジアの臨床, 泌尿器科. Medico 24, 10456-10459 (1993)
 
出口 隆, 米田尚生, 河田幸道:特集・感染症における遺伝子診断−最近の進歩−クラミジア. Vita 10, 20-24 (1993)
 
栗山 学 (監修):PSA の登場により簡易なシステムで一次スクリーニングが可能に (前立腺疾患診断の基本技術−前立腺腫瘍マーカー). NIKKEI MEDICAL (6/25/1994-臨時増刊), 15-16 (1994)
 
栗山 学, 河田幸道:エポジン投与による QOL の改善 (エポジンパンフレット). 中外製薬 (1994)
 
栗山 学, 遠藤 恵:より充実した治療環境づくりを目指す (わが病院の仲間たち, 第 2 回). 透析ライフ 53, 18-20, (1995年冬号)
 
栗山 学:腫瘍マーカーを用いての鑑別診断. 前立腺肥大症クリニカルポイント 4, (1995)
 
栗山 学, 宇野裕巳, 河田幸道:PSA と前立腺肥大症. BPH TOPICS, (1995)
 
栗山 学:診断法の進歩 (前立腺癌). ラジオたんぱ 1996.1.29放送 (1996)
 
栗山 学:前立腺癌初期治療としての内分泌化学療法の意義 (UFT パンフレット). 大鵬製薬 (1996)
 
出口 隆, 宇野雅博, 安田 満, 米田尚生, 河田幸道:非淋菌性尿道炎における Mycoplasma genitalium の病原的意義. 感染症 26, 29-73 (1996)
 
坂 義人:「尿路感染症, オピニオン 投与量・投与法などの諸問題について」 トスキサシンの適正使用. ダイナボット リーフレット (印刷中)