眼 科 学 講 座
 
著書 (和文)
北澤克明:眼科診療 Q&A, 5-FU またはマイトマイシンC を用いた緑内障手術, 東京, 六法出版社, 1993. 889-890
 
杉山和久:眼科診療 Q&A, 血管微細構造と血流動態, 東京, 六法出版社, 1993. 761ノ4
 
山本哲也:レーザー線維柱帯形成術 (レーザートラベクロプラスティ), 眼科診療プラクティス 3 . レーザー治療の実際, 田野保雄編, 東京, 分光堂, 1993. 156-159
 
直原修一:レーザー線維柱帯切開術, 眼科診療プラクティス 3 . レーザー治療の実際, 田野保雄編, 東京, 分光堂, 1993. 166-168
 
直原修一:ホルミウムYAGレーザーによるスクレロストミー ab externo, 眼科診療プラクティス 3 . レーザー治療の実際, 田野保雄編, 東京, 分光堂, 1993. 206-207
 
富田剛司:1.白内障に必要な解剖, 2. 瞳孔処理, 眼科診療プラクティス 5. 眼科手術に必要な局所解剖, 田野保雄編, 東京, 分光堂, 1993.
 
北澤克明:総論 分類, 眼科学大系 3 A. 緑内障, 北澤克明 塚原重雄編, 東京, 中山書店, 1993. 3-8
 
山本哲也:隅角, 眼科学大系 3 A. 緑内障, 北澤克明 塚原重雄編, 東京, 中山書店, 1993. 113-120
 
富田剛司:画像診断 (検査), 眼科学大系 3 A. 緑内障, 北澤克明 塚原重雄編, 東京, 中山書店, 1993. 129-133
 
北澤克明:原発開放隅角緑内障, 眼科学大系 3 A. 緑内障, 北澤克明 塚原重雄編, 東京, 中山書店, 1993. 161-175

直原修一:酵素阻害薬, 酵素刺激薬, 眼科学大系 3 B. 眼薬物療法, 東京, 中山書店, 1993. 205-209
 
北澤克明:緑内障疾患 (隅角), 眼科学大系 5B. レーザー眼科, 東京, 中山書店, 1994. 149-154
 
山本哲也:上強膜静脈圧測定とその意義, 眼科診療プラクティス 10. 緑内障診療の進め方, 根木 昭編, 東京, 文光堂, 1994. 45
 
山本哲也:5-FU, マイトマイシン C の使い方, 眼科診療プラクティス 10. 緑内障診療の進め方, 根木 昭編, 東京, 文光堂, 1994. 240-241
 
山本哲也:緑内障 (あおそこひ), 家庭の医学 (第 4 版). 東京, 保健同人社, 1994. 1100-1104
 
井戸忠美:角膜強膜の病気, ぶどう膜の病気, 症状からみた家庭の医学. 東京, 保健同人社, 1994. 1074-1081   
 
廣沢和代, 白土城照, 山本哲也:眼内レンズ, 図説臨床看護医学新版17. 人工臓器と臓器移植, 東京, 同朋舎出版, 1994. 264-267
 
富田剛司:各種誘発試験とその意義, 眼科診療プラクティス 10. 緑内障診療の進め方, 根木 昭編, 東京, 文光堂, 1994. 42-43
 
富田剛司:緑内障における眼内血流動態, 眼科診療プラクティス 10. 緑内障診療の進め方, 根木 昭編, 東京, 文光堂, 1994. 77
 
直原修一:混合型緑内障, 眼科診療プラクティス 10. 緑内障診療の進め方, 根木 昭編, 東京, 文光堂, 1994. 148-149
 
直原修一:レーザー治療. C. その他の使用方法, 眼科診療プラクティス 10. 緑内障診療の進め方, 根木 昭編, 東京, 文光堂, 1994. 236-237
 
富田剛司:メラニン色素と薬沈着, 眼科診療プラクティス 11. 眼科治療薬ガイド, 本田孔士編, 東京, 文光堂, 1994. 91
 
北澤克明:開発途上の眼圧降下薬, 眼科診療プラクティス 11. 眼科治療薬ガイド, 本田孔士編, 東京, 文光堂, 1994. 100-101
  
北澤克明:緑内障の診断と分類, 眼科クルグス. 東京, 南江堂, 1994. 447-750
 
北澤克明, 直原修一, 富田剛司, 谷口 徹:緑内障の治療 (レーザー治療. 手術も含む), 眼科クルグス, 松井瑞夫, 増田寛次郎, 本田孔士編, 東京, 南江堂, 1994. 451-465
 
北澤克明:トラベクレクトミー後に眼圧適正化を図るための 2 方法, 眼科手術のコツと落し穴 (第一版). 小暮文雄, 林文彦編, 東京, 中山書店, 1995. 84
 
北澤克明:緑内障 (薬物治療), 今日の治療指針, 日野原重明, 阿部正和編, 東京, 医学書院, 1995. 767
 
北澤克明:薬剤に対する感受性が遺伝的に規定される事例があるか?, 眼科診療プラクティス 18. 眼科診療に役立つ遺伝子学, 大庭紀雄編, 東京, 文光堂, 1995. 39
 
北澤克明, 山本哲也:眼科診療 Q&A 追録16号. 緑内障の分子遺伝学, 東京, 六法出版, 1995. 1057の2-1057の3
 
布田龍祐, 白土城照, 山本哲也:隅角アトラス, 北澤克明編, 東京, 医学書院, 1995.
 
山本哲也:緑内障手術の歴史, 眼科手術書第 3 巻 緑内障, 北澤克明編, 東京, 金原出版, 1995. 3-10
 
富田剛司:緑内障手術に必要な解剖学的知識, 眼科手術書第 3 巻 緑内障, 北澤克明編, 北澤克明編, 東京, 金原出版, 1995. 11-48
 
井戸忠美:レーザー虹彩切除術, 眼科手術書第 3 巻 緑内障, 北澤克明編, 東京, 金原出版, 1995. 57-70
 
井戸忠美:レーザー瞳孔形成術, 眼科手術書第 3 巻 緑内障, 北澤克明編, 東京, 金原出版, 1995. 71-74
 
山本哲也:線維柱帯切除術, 眼科手術書第 3 巻 緑内障, 北澤克明編, 東京, 金原出版, 1995. 75-88
 
直原修一:レーザー全層濾過手術, 眼科手術書第 3 巻 緑内障, 北澤克明編, 東京, 金原出版, 1995. 89-95
 
杉山和久:全層濾過手術, 眼科手術書第 3 巻 緑内障, 北澤克明編, 東京, 金原出版, 1995. 107-118
 
山本哲也:線維芽細胞増殖阻害薬とその使用法, 眼科手術書第 3 巻 緑内障, 北澤克明編, 東京, 金原出版, 1995. 127-136
 
直原修一:毛様体冷凍術, 眼科手術書第 3 巻 緑内障, 北澤克明編, 東京, 金原出版, 1995. 195-202
 
直原修一:毛様体光凝固術, 眼科手術書第 3 巻 緑内障, 北澤克明編, 東京, 金原出版, 1995. 203-213
 
杉山和久:毛様体解離術, 眼科手術書第 3 巻 緑内障, 北澤克明編, 東京, 金原出版, 1995. 214-221
 
直原修一:房水の流出 (隅角路), 眼科診療プラクティス17, 眼科診療に必要な生理学, 本田孔士, 東京, 文光堂, 1995. 50-52
 
山本哲也:IMAGEnet, 眼科診療プラクティス18, 眼科診断機器とデータの読み方, 東京, 文光堂, 1995. 66-67
 
山本哲也, 望月清文:緑内障濾過胞感染, 眼科診療プラクティス21, 眼感染症治療戦略, 東京, 文光堂, 1995. 206-207
 
山本哲也:眼圧下降薬選択のコツ, 眼科治療のコツと落し穴, 小暮文雄, 林文彦, 三宅謙作編, 東京, 中山書店, 1995. 76-77
 
山本哲也:眼圧下降薬選択の副作用と予防法, 眼科治療のコツと落し穴, 小暮文雄, 林文彦, 三宅謙作編, 東京, 中山書店, 1995. 82-83
 
直原修一:β遮断薬点眼剤を使うときの注意, 眼科治療のコツと落し穴, 小暮文雄, 林文彦, 三宅謙作編, 東京, 中山書店, 1995. 89
 
直原修一:炭酸脱水酵素阻害薬を使うときの注意, 眼科治療のコツと落し穴, 小暮文雄, 林文彦, 三宅謙作編, 東京, 中山書店, 1995. 92
 
著書 (欧文)
Raitta C, Tomita G: Glaucoma In, Principles of Ophthalmology, (ed Tarkkanen A). Recallmed Ltd, 1995, 233-259
 
総説 (和文)
北澤克明:緑内障のレーザー治療. 日本の眼科 65, 471-475 (1994)
 
富田剛司, 北澤克明:緑内障・眼圧の展望 (1) −1993年度−. 眼科 37, 1-17 (1995)
 
富田剛司, 北澤克明:緑内障・眼圧の展望 (2) −1993年度−. 眼科37, 111-127 (1995)
 
富田剛司:新しい治療と検査シリーズ 50. ハイデルベルグレチナトモグラフによる乳頭診断. あたらしい眼科 12, 1251-1252 (1995)
 
山本哲也, 北澤克明:線維芽細胞増殖阻害薬を併用するトラベクレクトミー:その光と陰. 眼科 37, 39-46 (1995)  
 
山本哲也:マイトマイシンC併用線維柱帯切除術の実際. 眼科手術 8, 393-398 (1995) マイトマイシン C 併用線維柱帯切除術の実際
 
澤田 明, 山本哲也:近い将来の緑内障新薬 (ブナゾシン, ドルゾラミド). あたらしい眼科 12, 1355-1360 (1995)
 
山本哲也:緑内障性視神経障害に対する薬物療法の可能性. あたらしい眼科 12, 1367-1372 (1995)
 
総説 (欧文・国外)
Yamamoto T, Kitazawa Y: The place for mitomycin trabeculectomy: an overview, Asia Pacif J. Ophthalmol 7, 2-5 (1995)

原著 (和文)
直原修一:レーザーによる緑内障の治療. 臨床眼科 47, 14-16 (1993)
 
曽賀野茂世, 山本哲也, 北澤克明:正常眼圧緑内障と診断された症例の眼圧経過. 日本眼科学会雑誌 97, 65-70 (1993)
 
井上隆夫:原発閉塞隅角緑内障における周辺虹彩前癒着の分布, 形態. 日本眼科学会雑誌 97, 78-82 (1993)
 
直原修一:他科のための眼科治療学・緑内障, NM シンポジウム. 日経メディカル 2, 138-141 (1993)
 
富田剛司, 山田 俊, 松原恵子, 北澤克明:視野欠損を伴わない緑内障様乳頭と早期正常眼圧緑内障乳頭との関連について. 日本眼科学会雑誌 97, 228-231 (1993)
 
北澤克明:眼科領域でのレーザー医学, 特集/最新レーザー医学横断. 新医療 20, 98-101 (1993)
 
井戸忠美, 西村幸三九, 田中春仁:転移性結膜腫瘍の 1 例. 臨床眼科 47. 400-401 (1993)
 
北澤克明, 水上勇三:ALO2145点眼液の第 1 相臨床試験. 眼科臨床医報 87, 773-731 (1993)
 
北澤克明, 東 郁郎, 新家 真, 白土城照, 景山萬里子, 真鍋禮三, 溝上国義, 米虫節夫:ALO2145点眼液の Argon Laser Trabeculoplasty 後眼圧上昇に対する臨床効果 −多施設二重盲検群間比較法による用量設定試験−. 眼科臨床医報 87, 1047-1057 (1993)
 
河野吉喜, 前田美保子, 山本哲也, 北澤克明:緑内障眼における High-Pass Resolution Perimetry と Differential Light Sensitivity Perimetry の検査結果の比較. 日本眼科学会雑誌 97, 644-648 (1993)
 
北澤克明, 東 郁郎, 新家 真, 白土城照, 相沢芙束, 景山萬里子, 土坂寿行, 竹中康雄, 塚原重雄, 岩田和雄, 塩瀬芳彦, 桑山泰明, 大鳥利文, 溝上国義, 三嶋 弘, 布田龍佑, 米虫節夫:Argon Laser Trabeculoplasty 後の眼圧上昇に対する ALO2145点眼液の臨床評価−Placebo を対照とした多施設二重盲検試験−. 眼科臨床医報 87, 1252-1262 (1993)
 
北澤克明, 井戸忠美, 清水梅次, 松波香代子, 水上勇三:炭酸脱水酵素阻害薬 MK-507点眼液の第1相臨床試験−第 1 報:健常人における単回投与試験−. 眼科臨床医報 87, 1301-1308 (1993)
 
北澤克明, 井戸忠美, 清水梅次, 松波香代子, 水上勇三:炭酸脱水酵素阻害薬 MK-507点眼液の第 1 相臨床試験−第 2 報:健常人における連続投与および連続投与時の薬物動態−. 眼科臨床医報 87, 1309-1325 (1993)
 
北澤克明, 東 郁郎, 新家 真, 白土城照, 相沢芙束, 景山萬里子, 土坂寿行, 竹中康男, 塚原重雄, 岩田和雄, 塩瀬芳彦, 桑山泰明, 大鳥利文, 溝上国義, 三嶋 弘, 布田龍佑, 米虫節夫:Argon Laser Iridotomy 後の眼圧上昇に対する ALO2145点眼液の臨床評価−Placebo を対照とした多施設二重盲検試験−. 眼科臨床医報 87, 1508-1518 (1993)

安藤 公, 曽賀野茂世, 富田剛司:網膜中心静脈閉塞症に毛様網膜動脈閉塞を合併した鉄欠乏性貧血の一例. 眼科臨床医報 87, 1488-1493 (1993)
 
西村幸三九, 井戸忠美, 稲積幸介:クリスタリン網膜症の 1 例. 岐阜市民病院年報 13, 161-165 (1993)
 
曽賀野茂世, 松原恵子, 富田剛司:緑内障術後の乳頭変化−正常眼圧緑内障と原発開放隅角緑内障との比較−. 日本眼科紀要 44, 975-979 (1993)
 
河合憲司:予後不良と思われた眼内異物の一例. 眼科臨床医報 87, 159-163 (1993)
 
北澤克明, 東 郁郎, 新家 真, 白土城照, 相沢芙束, 景山萬里子, 土坂寿行, 竹中康男, 塚原重雄, 岩田和雄, 塩瀬芳彦, 桑山泰明, 大鳥利文, 溝上国義, 三嶋 弘, 布田龍佑, 米虫節夫:Nd-YAG Capsulotomy 後の眼圧上昇に対する ALO2145点眼液の臨床評価−Placebo を対照とした多施設二重盲検試験−. 眼科臨床医報 87, 1508-1518 (1993)
 
山本哲也, 末森央美, 一圓三恵子:線維芽細胞増殖阻害剤を併用する線維柱帯切除術. あたらしい眼科 10, 1455-1460 (1993)
 
北澤克明:炭酸脱水酵素阻害薬 MK-507点眼液− 1 回点眼時の眼圧下降作用−. 日本眼科紀要 44, 1357-1365 (1993)
 
 啓民, 山本哲也, 北澤克明:緑内障眼における上強膜静脈圧と眼圧の関係. 日本眼科紀要 44, 1385-1388 (1993)
 
岡田和正, 直原修一, 山本哲也, 市橋 寛, 吉田英世:未熟児網膜症の発症に関係する全身因子. 日本眼科紀要 44, 1410-1414 (1993)
 
富田剛司, 北澤克明:視神経所見と緑内障診断. 臨床検査 37, 1351-1353 (1993)
 
北澤克明:シンポジウム IX 緑内障のレーザー治療. 第14回日本レーザー医学会大会大会論文集, 219-220 (1993)
 
河合憲司:予後不良と思われた眼内異物の 1 例. 眼科臨床医報 87, 2039-2043 (1993)
 
河合憲司, 山田 俊:気体注入を併用した強膜内陥法術後の合併症. 臨床眼科 47, 814-815 (1993)
 
松波智恵子, 松波香代子, 森田則彦, 直原修一:転移性細菌性眼内炎の 1 例. 眼科 35, 901-904 (1993)
 
山本哲也:トラベクレクトミーにおけるマイトマイシン C の使用方法と注意すべき点について. Current Insights in Ophthalmic Surgery 5, 12 (1993)

北澤克明:新しい坑緑内障薬 プロスタグランジン関連物質・交感神経遮断薬. Ophthalmology Update 18, (1993)

本部千博, 富田剛司, 杉山和久, 北澤克明:SLO による黄斑部血流速度の測定. Therapeutic Research 14, 198 (1993)
 
北澤克明:眼疾患 オーバービュー. 現代医療 26, 511-512 (1994)
 
山本哲也:緑内障, Up date 早期診断とその対応 (眼疾患). 現代医療 26, 523-526 (1994)
 
谷口 徹, 北澤克明:緑内障の診断と治療−原発開放隅角緑内障. 医報フジ 92, 5-7 (1994)
 
山本哲也,  啓民, 北澤克明:UF-021とピロカルピンの併用による眼圧下降作用−原発開放隅角緑内障および高眼圧症における検討−. 日本眼科学会雑誌 98, 202-205 (1994)
 
小栗章弘, 川瀬和秀, 曽賀野茂世, 山本哲也:老人性円板状黄斑変性症に多量の脈絡膜出血をきたした 1 例. あたらしい眼科 11, 290-292 (1994)
 
本部千博, 富田剛司, 松原恵子, 岡部いづみ, 北澤克明:レーザー走査眼底観察装置 Heidelberg Retina Tomograph による視神経乳頭測定とその再現性. あたらしい眼科 11, 293-296 (1994)
 
北澤克明, 塚原重雄, 高瀬正弥, 東 郁郎, 塩瀬芳彦, 米虫節男:原発開放隅角緑内障および高眼圧症に対する塩酸ブナゾシン点眼液の後期第二相臨床治験 −多施設二重盲検比較試験−. あたらしい眼科 11, 413-429 (1994)
 
本部千博, 杉山和久, 富田剛司, 北澤克明:マイクロコンピューターを利用した網膜微小血管の血流速度測定の方法. あたらしい眼科 11, 471-474 (1994)
 
北澤克明, 塚原重雄, 高瀬正弥, 東 郁郎, 塩瀬芳彦, 米虫節男:原発開放隅角緑内障および高眼圧症に対する塩酸ブナゾシン点眼液の長期投与試験. あたらしい眼科 11, 631-635 (1994)
 
井戸忠美, 稲積幸介:人間ドック受診者の午前と午後の眼圧の差異. 臨床眼科 48, 287-289 (1994)
 
杉山和久, 本部千博, Sabbir Resa Haque, 富田剛司, 北澤克明:サル毛様網膜動脈による視神経乳頭表層の分節状血流支配について. 日本眼科学会雑誌 98, 340-343 (1994)
 
早川澄子, 浜島信之, 山本哲也, 北澤克明:原発開放隅角緑内障の治療内容解析−比例ハザードモデルと生命表法による検討−. 日本眼科学会雑誌 98, 379-384 (1994)
 
河村充哉, 富田剛司, K. Jamsen, C. Raitta:コンピューター画像解析法を用いた正常眼圧緑内障視神経乳頭の形態解析とその視野異常との関連性. 岐阜大学医学部紀要 42, 398-403 (1994)
 
河合憲司, 塩谷滝雄:CT 画像構成法を用いた眼内異物の診断. 臨床眼科 48, 956-957 (1994)
山本哲也, 一圓三恵子, 末森央美, 北澤克明:正常眼圧緑内障に対する線維柱帯切除術の成績. 日本眼科学会雑誌 98, 579-583 (1994)

小栗章弘, 佐藤之英, 本部千博, 山本哲也, 直原修一, 北澤克明:ダイオードレーザーによる経強膜毛様体光凝固術. あたらしい眼科 11, 967-970 (1994)
 
河野吉喜, 山本哲也:緑内障性視野異常進行の評価. あたらしい眼科 11, 1007-1013 (1994)
   
山本哲也:トラベクレクトミー. 眼科 36, 1237-1243 (1994)
 
北澤克明, 谷口 徹:緑内障の薬物治療. 治療学 28, 933-935 (1994)
 
馬嶋慶直, 飯田 了, 北澤克明, 安藤 公, 安藤文隆, 河合卓哉, 海谷忠良, 石川 隆, 柴田 満:複合止血剤オフタルム K◯R 錠の二重盲検法による臨床評価 −レーザー・フレアーセルメーターに対する白内障手術時の有用性評価. 日本眼科紀要 45, 903-913 (1994)
 
北澤克明, 山本哲也, 東 郁郎, 中島正之, 徳岡 覚, 新家 真, 白土城照:炭酸脱水酵素阻害薬 MK-507点眼液 −経口炭酸脱水酵素薬からの切り換え効果の検討−. 日本眼科紀要 45, 914-920 (1994)
 
北澤克明, 新家 真, 桑山泰明:炭酸脱水酵素阻害薬 MK507点眼液 −β遮断薬との併用効果の検討−. あたらしい眼科 11, 1419-1426 (1994)
 
北澤克明, 山本哲也, 岩瀬愛子, 井戸忠美, 水上勇三:炭酸脱水酵素阻害薬 MK507点眼液 −ジクロフェナシドとの予備的比較検討−. あたらしい眼科 11, 1427-1433 (1994)
 
東 郁郎, 増田寛次郎, 北澤克明, 高瀬正弥:原発開放隅角緑内障および高眼圧症に対する UF-021 (レスキュラメ点眼液の長期投与試験). あたらしい眼科 11, 1435-1440 (1994)
 
河合憲司, 塩谷滝雄:医原性鋸状縁裂孔網膜剥離と輪状締結術の有無について. 眼科臨床医報 88, 1607-1608 (1994)
 
塩谷滝雄, 直原修一:半導体レーザーによる経強膜網膜光凝固術. 眼科臨床医報 88, 1613-1615 (1994)
 
岡田和正, 杉山和久, Sabbir Resa Haque, 谷口 徹, 北澤克明:エンドセリンー 1 硝子体内投与後に生じる眼圧の二相性変動について. 日本眼科学会雑誌 98, 935-941 (1994)
 
山本哲也, 末森央美, 一圓三恵子, 川瀬和秀, 北澤克明:緑内障濾過手術−手術時期と線維芽細胞増殖阻害薬. あたらしい眼科 (別刷 1) 11 (Suppl. 1), 51-58 (1994)
 
富田剛司, K. Jamsen, 河村充哉, C. Raitta, 曽賀野茂世:コンピューター画像解析法を用いた視神経乳頭と網膜神経線維層の評価. あたらしい眼科 (別刷 1) 11 (Suppl. 1), 105-110 (1994)
 
山本哲也:濾過手術の注意点, 術前に考慮すべき点を中心に. 臨床眼科 48, 114-115 (1994)
安藤優子, 松波智恵子, 山本哲也, 北澤克明:新しいプロスタグランジン関連薬剤 S-1033 の健常人における眼圧下降効果と安全性. 日本眼科学会雑誌 98, 1109-1114 (1994)

稲積幸介, 山本哲也, 北澤克明:最大耐用薬物治療中の緑内障に対するアプラクロニジンの相加的眼圧下降効果. あたらしい眼科 11, 1767-1770 (1994)
 
山本哲也:日本に多いことの知られている正常眼圧緑内障の管理はどうしたらよいのでしょうか. あたらしい眼科 11 (臨増:緑内障 Q&A), 9-12 (1994)
  
井戸忠美:眼圧の日内変動について教えてください. あたらしい眼科 11 (臨増:緑内障 Q&A), 19-21 (1994)   
 
谷口 徹:臨床的に応用可能な房水動態検査法にはどのようなものがあるのでしょうか. あたらしい眼科 11 (臨増:緑内障 Q&A), 25-27 (1994)
 
河野吉喜:High-Pass Resolution Perimetry とは何でしょうか. あたらしい眼科 11 (臨増:緑内障 Q&A), 56-60 (1994)
 
富田剛司:Laser Scanning Ophthalmoscope の緑内障管理における有用性について教えてください. あたらしい眼科 11 (臨増:緑内障 Q&A), 73-75 (1994)
 
岡部いづみ:いわゆる緑内障発作とその鑑別診断について教えてください. あたらしい眼科 11 (臨増:緑内障 Q&A), 89-92 (1994)
 
一圓三恵子:線維芽細胞増殖阻害薬 (マイトマイシン C, 5-フルオロウラシル) はどのように用いますか. あたらしい眼科 11 (臨増:緑内障 Q&A), 173-175 (1994)
 
稲積幸介:緑内障術後の低眼圧黄斑症の対処法について教えてください. あたらしい眼科 11 (臨増:緑内障 Q&A), 179-181 (1994)
 
杉山和久, 恩田鋭治:視神経乳頭近傍の血管系について, 最近の見解を教えて下さい. あたらしい眼科 11 (臨増:緑内障 Q&A), 209-211 (1994)
 
岡田和正, 直原修一, 宮 典子:両眼性外眼筋炎の 1 例. 臨床眼科 48, 1695-1699 (1994)
 
北澤克明, 塚原重雄, 岩田和雄:原発開放隅角緑内障および高眼圧症に対する MK-507, 0.5%点眼液の長期投与試験. 日本眼科紀要 46, 202-210 (1995)
 
北澤克明:新しい薬物治療法からみた将来の治療指針. Therapeutic Research 16, 1065-1069 (1995)
 
杉山和久:サル眼視神経乳頭部微小血管系の立体的構築. 血管と内皮 5, 68-73 (1995)
 
杉山和久:血管鋳型標本を用いた血管収縮の定量的解析の試み. 血管と内皮 5, 164-168 (1995)
 
望月清文:術中の眼内灌流液への抗菌剤添加の必要性について. Current Insights in Ophthalmic Surgery 7, 18 (1995)

小栗章弘, 佐藤之英, 末森央美, 山本哲也, 直原修一:血管新生緑内障に対する経強膜毛様体光凝固術の成績. 眼科手術 8, 143-147 (1995)
 
稲積幸介, 山本哲也, 北澤克明:正常眼圧緑内障の視神経乳頭所見による細分類. あたらしい眼科 12, 135-136 (1995)
 
山本哲也, 北澤克明, 野間昭夫, 前田悟司, 加藤明子, 安藤優子, 井戸忠美, 稲積幸介, 早川友康, 後藤靖彦, 一圓三恵子:緑内障患者の血清脂質に対する交感神経β遮断薬点眼の影響. 緑内障 5, 15-18 (1995)
 
早川友康, 山本哲也, 北澤克明:マイトマイシン C 併用線維柱帯切除術後のレーザー切糸術. 緑内障 5, 29-32 (1995)
 
末森晋典, 井上隆夫, 山本哲也, 北澤克明:原発閉塞隅角緑内障における周辺虹彩前癒着の圧迫隅角鏡による観察. 緑内障 5, 61-64 (1995)
 
直原修一:ホルミニウム YAG レーザーによる緑内障濾過手術. 眼科手術 8, 425-429 (1995)
 
塩谷滝雄, 河合憲司:インターフェロン投与中にぶどう膜炎を来した 1 例. 眼科臨床医報 89, 385-388 (1995)
 
杉山和久, Sabbir Reza Haque, 岡田和正, 谷口 徹, 早川友康, 北澤克明:エンドセリン受容体拮抗剤, 97-139 の家兎眼眼圧などに及ぼす影響について. 日本眼科学会雑誌 99, 271-276 (1995)
 
末森央美, 岡部いづみ, 山本哲也, 早川友康, 近藤雄司, 三宅 幸, 北澤克明:緑内障手術後の低眼圧黄斑症−マイトマイシン C 使用例における検討. 日本眼科学会雑誌 99, 312-317 (1995)
 
山本哲也:安全性と減圧効果の定量性の向上を目指して−線維芽細胞増殖阻害薬の使用法, 適応, 手術手技, 術後管理−. 眼科手術 緑内障手術 8, 745-748 (1995)
 
 啓民, 富田剛司, 北澤克明:スキャニングレーザーポラリメーターによる網膜神経線維層厚の測定再現性. 日本眼科紀要 46, 387-391 (1995)
 
河合憲司:眼内レンズとレーザー波長の関係. 臨床眼科 49, 911-914 (1995)
   
山本哲也, 北澤克明, 野間昭夫, 前田悟司, 加藤明子, 安藤優子, 井戸忠美, 稲積幸介, 早川友康, 後藤靖彦, 一圓三恵子:緑内障患者の血清脂質に対する交感神経β遮断薬点眼の影響. あたらしい眼科 12, 799-802 (1995)
 
早川友康, 山本哲也 北澤克明:マイトマイシン C 併用線維柱帯切除術後のレーザー切糸術. あたらしい眼科 12, 803-806 (1995)
 
河合憲司, 塩谷滝雄:脈絡膜腫瘍様に増大した網膜下出血の 2 例. 眼科臨床医報 89, 826-830 (1995)
 
末森晋典, 井上隆夫, 山本哲也, 北澤克明:原発閉塞隅角緑内障における周辺虹彩前癒着の圧迫隅角鏡による観察. あたらしい眼科 12, 949-952 (1995)
  
井戸忠美, 早川友康, 稲積幸介,  啓民, 富田剛司:糖尿病網膜症における病期別の網膜神経線維層の厚み. 日本眼科紀要 46, 705-708 (1995)
 
佐久間毅, 山本哲也, 北澤克明:Ultrasound biomicroscope による原発閉塞隅角緑内障の隅角の観察. 日本眼科学会雑誌 99, 806-810 (1995)
 
細田源浩, 山本哲也, 塚原重雄:緑内障患者の quality of life に対する調査. 臨床眼科 49, 1355-1358 (1995)
 
稲積幸介, 山本哲也, 北澤克明:Dicon TKS 4000 視野計の使用経験. あたらしい眼科 12, 1167-1170 (1995)
 
近藤雄司, 河野吉喜, 岡田和正, 山本哲也, 操 忠, 片桐義博, 北澤克明:熱依存性ゲル化剤を配合したチモロール点眼液の眼圧下降効果. あたらしい眼科 12, 1289-1293 (1995)
 
山本哲也, 佐久間毅, 北澤克明:Ultrasound Biomicroscope による結膜濾過胞の観察−眼圧コントロールとの関連−. あたらしい眼科 12, 1305-1308 (1995)
 
小栗章弘, 恩田鋭治, 望月清文, 山本哲也, 直原修一:経毛様体扁平部硝子体手術後の強膜切開創の Ultrasound Biomicroscope 所見. あたらしい眼科 12, 1475-1479 (1995)
 
富田剛司,  啓民, 北澤克明:レーザースキャニングトモグラフィを用いた緑内障視神経乳頭障害の診断. 臨床眼科 49, 1701-1705 (1995)
 
内田英哉, 富田剛司, 恩田鋭治, 杉山和久, 北澤克明:緑内障眼における網膜神経線維層欠損と中心部視野障害の関連. 日本眼科学会雑誌 99, 1158-1163 (1995)
 
北澤克明, 山本哲也, 曽賀野茂世, 安藤 宏, 岡田和正, 操 忠, 米虫節夫:Timolol GS 点眼液の第T相臨床試験−健常人における単回投与および連続投与試験−. 臨床医薬 11, 1817-1826 (1995)
 
中尾浩子, 富田剛司, 河野吉喜, 北澤克明:傍中心部視野閾値と視神経乳頭耳側網膜神経線維層変化との関連. 臨床眼科 49, 1783-1786 (1995)
 
谷口 徹, 山本哲也, 加藤明子, Haque MSR:手持ち眼圧計 ProTon PRO-100 と Goldmann 圧平眼圧計による眼圧測定値の比較. 日本眼科紀要 46, 1266-1269 (1995)
 
早川友康, 井戸忠美, 稲積幸介:眼内レンズ挿入術後の屈折誤差. 岐阜市民病院年報 15, 42-45 (1995)
 
矢島茂裕, 槙 明子, 浅野直美, 鷹尾 明, 井戸忠美:難治性新生児涙嚢炎の 1 例. 岐阜市民病院年報 15, 76-78 (1995)

原著 (欧文・国内)
Hotehama Y, H.K.Mishima H.K., Kitazawa Y, Matsuda K: Ocular hypotensive effect of PhX41 in parients with ocular htpertension or primary open-angle glaucoma. Jpn J Ophthalmol 37, 270-274 (1993)
 
Azuma I, Masuda K, Kitazawa Y, Takase M, Yamamura H: Double-maked comparative study of UF-021 and timolol ophthalmic solutions in parients with primary open-angle glaucoma or ocular hypertension. Jpn J Ophthalmol 37, 514-525 (1993)
 
Ando Y, Matsunami C, Yamamoto T, Kitazawa Y: Ocular hypotensive effect of a new prostaglandin analogue, S-1033, in normal human volunteers. Jpn J Ophthalmol 38, 337-342 (1994)
 
Sugiyama K, M.S.R. Haque, Tomita G, Kitazawa Y: Sectorial blood supply to the monkey optic disc surface from the cilioretinal artery. Jpn J Ophthalmol 38, 382-387 (1994)
 
Okada K, Sugiyama K, M.S.R. Haque, Taniguchi T, Kitazawa Y: The Effects of Endothelin-1 on Intraocular Pressure and Pupillary Diameter in Rabbits. Jpn J Ophthalmol 39, 233-241 (1995)
 
M.S.R. Haque, Sygiyama K, Taniguchi T, Okada K, Nakai Y, Kitazawa Y: The Effects of ETB Receptor Selective Agonist on IOP and Blood Aqueous Barrier in Rabbit Eyes; Role of Cyclooxygenase Products. Jpn J Ophthalmol 39, 360-367 (1995)
 
原著 (欧文・国外)
Kitazawa Y, Jikihara S, Yamamoto T: Antiproliferative agents and ocular tissues. Basic Aspects of Glaucoma Research III., E. Lutjen-Drecoll(ed). Scharrauer, 1993. Stuttgart-N.Y., 365-378 (1993)
 
Kawase K, Nishimura K, Yamamoto T, Jikihara S, Kitazawa, Y: Anterior chamber reaction after mitomycin and 5-fluorouracil trabeculectomy: a comparateive study. Ophthalmic surg 24, 24-27 (1993)
 
Tomita G, Maeda M, Sogano S, Kitazawa Y: An analysis of the relationship between high-pass resolution perimetry and neuroretinal rim area in normal-tension glaucoma. Acta Ophthalmol 71, 196-200 (1993)
 
Inoue T, Yamamoto T, Kitazawa Y: Distribution and morphology of peripheral anterior synechiae in peimary angle-closure glaucoma. J Glaucoma 2, 171-176 (1993)
 
T.W. Mittag, A. Tormay, C. Severin, Taniguchi T, P-Y Lee, R-F Wang, S.M. Podos: Effects of A13+ and Be2+ ions combined with NaF on ciliary process adenylyl cyclase activity and aqueous humor dynamics in the rabbit eye. Invest Ophthalmol Vis Sci 34, 606-612 (1993)

Taniguchi T, S.M. Podos, T.W. Mittag: Alpha-adrenergic antagonists: effects on aqueous humor dynamics in the rabbit and monkey eye. Invest Ophthalmol Vis Sci 34, 928 (1993)
 
S.M. Podos, R-F Wang, P-K Lee, Taniguchi T, B. Becker, J.B. Serle, T.W. Mittag: Effect of oxymetazoline on aqueous humor dynamics and ocular blood flow in monkeys and rabbits. Invest Ophthalmol Vis Sci 34, 928 (1993)
 
Onda E, D.R. Bacon, G.A. Cioffim, M.E. Berg, E.M. Van Buskirk: Vasular corrosion casting of the human optic nerve head. Invest Ophthalmol Vis Sci 34, 1503 (1993)
 
Sugiyama K, Haque S.R., Honbe K, Ando H, Jikihara S, Kitazawa Y: ICG enhaced vascular effects of diode laser cyclophotocoagulation. Invest Ophthalmol Vis Sci 34, 738 (1993)
 
Honbe K, Tomita G, Sugiyama K, Kitazawa Y: Velocity measurements for the macular blood flow using the scanning laser ophthalmoscope. Invest Ophthalmol Vis Sci 34, 1391 (1993)
 
T.W. Mittag, W-B Guo, Taniguchi T: Interaction of vanadate and iodate oxyanions with adenylyl cyclase of ciliary processes. Biochem Pharmacol 45, 1311-1316 (1993)
 
T.W. Mittag, A. Tormay, Taniguchi T, M. Ortega: Calmodulin activated adenylyl cyclase in ciliary proceses: aditivity of calcium and cyclic adenosine monophosphate signals on intraocular pressure response of the rabbit eye. Invest Ophthalmol Vis Sci 34, 2041-2048 (1993)
 
Sogano S, Tomita G, Kitazawa Y: Chages in retinal nerve fiber layer thickness after reduction of intraocular pressure in chronic open-angle glaucoma. Ophthalmology 100, 1253-1258 (1993)
 
Kitazawa Y, Sogano S: Early treatment of ocular hypertension and glaucoma suspects(5). J Glaucoam 2, 10-11 (1993)
 
Kitazawa Y, Matsushita H, Yamamoto T, Kawase K: Low-dose and high-dose mitomycin traveculectomy as an initial surgery in primary open-angle glaucoma. Ophthalmology 100, (1993)
 
Kitazawa Y: Multicenter double-blind comparison of carteolol and timolol in primary open-angle glaucoma and ocular hypertension. Adv Ther 10, 95-131 (1993)
 
Okutomi M, Yoshizaki O, Tomita G: Color stereo matching and its application to 3-D measurement of optic nerve head. Proceedings of the eleventh IAPR internationl conference on pattern recognition, 509-513 (1993)
 
R-F Wang, P-Y Lee, Taniguchi T, B.Becker S.M. Podos, J.B. Serle T.W. Mittag: Effect of oxymetazoline on aqueous humor dynamics and ocular blood flow in monkey and rabbits. Arch Ophthalmol 111, 535-538 (1993)

Taniguchi T, Kitazawa Y: A risk-benefit assessment of drugs used in the managemant of glaucoma. Drug Safety 11, 68-74 (1994)
 
Kitazawa Y, Yamamoto T: The risk profile of mitomycin C in glaucoma surgery. Curr Opini Ophthalmol 5, 105-109 (1994)
 
Okabe I, Kitazawa Y: Glaucoma secordary to vascular insufficiency: should more attention be focused on microcirculatory factors? J Glaucoma 3, 181-183 (1994)
 
T.W. Mittag, J. Serle, R. Schumer, Taniguchi T, S.H. Rho, S. POdos: Studies of the ocular pulse in primates. Surv Ophthalmol 38(Suppl, May), 183-190 (1994)
 
Yamamoto T, Suemori-Matsushita H, Ichien M, Kawase K, Kitazawa Y: Glaucoma filtering surgery and mitomycin C. Chibret Internatiol Journal of Ophthalmology 10, 92-96 (1994)
 
Kitazawa Y, Azuma I, Iwata K: Dorzolamide a topical carbumic anlrydrase inhibitor: A two-week dose-response study in patients with glaucoma or ocular hypertension. J Glaucoma 3, 275-279 (1994)
 
Mohammad SR Haque, Sugiyama K, Ando H, Jikihara S, Kitazawa Y: ICG - enhaned vascular effects of diode laser cyclophotocoagulation: evaluated by microvascular corrosion casting. Laser and Light in Ophthalmology 6, 217-227 (1994)
 
D. Pwyer, D.R. Bacon, Onda E, E.M. Van Buskirk, G.A. Cioffi: Microvascular anatomy of the guinea pig optic nerve. Invest Ophthalmol Vis Sci 35, 1759 (1994)
 
G.A. Cioffi, Onda E, M.E. Berg, D.R. Bacon, E.M. Van Buskirk: Effects of endothelin-induced chrouic optic nerve ischemiar. Invest Ophthalmol Vis Sci 35, 1820 (1994)
 
Onda E, D.R. Bacon, E.M. Van Buskirk, G.A. Cioffi: Effects of acute intraocular pressure elevation on the microvasculature of the cat optic nerve. Invest Ophthalmol Vis Sci 35, 1840 (1994)
 
Kawase K, H.T. Steely Jr, A.F. Clark: The effects of dexamethasone and tetrahydrocortisol on protein expression on in cultured human trabecular meshwork cells.Invest Ophthalmol Vis Sci 35, 1846 (1994)
 
Okada K, Sugiyama S, S.R. Haque, Taniguchi T, Kitazawa Y: Biphasic intraocular pressure response followed by itravitreal injection of endothelin-1 in the rabbit eye and role of cyclooxygenase products.Invest Ophthalmol Vis Sci 35, 2048 (1994)
 
A. Nicoletti, D.J. Wong, Kawase K, L.H. Gibson, T.L. Yang-Feng, J.E. Richard, D.A. Thompson: Molecular characterization of the human gene encoding an abundant 61 kDa protein specific to the retinal pigment epithelium. Human Molecular Genetics 4, 641-649 (1994)

Yamamoto T, Kitazawa Y: Residual mitomycin C dosage in surgical sponges removed at the time of trabeculectomy. Am J Ophthalmol. 117, 672-673 (1994)

Sugiyama K, G.A. Cioffi, D.R. Bacon, E.M. Van Buskirk: Optic nerve and peripapilary choroidal microvasculature in the primate. J Glaucoma 3(Suppl 1), S45-S54 (1994)
 
Taniguchi T, Okada K, M.S.R. Haque, Sugiyama K, Kitazawa Y: Effects of endothelin-1 on intraocular pressure and aqueous humor dynamics in the rabbit eye. Curr Eye Res 13, 461-464 (1994)

Tomita G, K. Nyman , C. Raitta, M. Kawamura: Interocular asymmetry of optic disc size and its relevance to visual field loss in normal-tension glaucoma. Graefe's Arch Clin Exp Ophthalmol 232, 290-296 (1994)
 
K. Nyman, Tomita G, C. Raitta, M. Kawamura: Correlation of asymmetry of visual field loss with optic disc topography in noral-tension glaucoma. Arch Ophthalmol 112, 349-353 (1994)
 
Tomita G, P. Puska, C. Raitta: Interocular differences in optic disc configulation in the unilateral exfoliation syndrome. Acta Ophthalmol 72, 162-167 (1994)
 
Tomita G, Honbe K, Kitazawa Y: Reproducibility of measurements by laser scanning tomography in eyes before and after pilocarpine treatment. Graefe's Arch Clin Exp Ophthalmol 232, 406-408 (1994)
 
Tomita G, M. Kawamura, S. Sogano, K. Jamsen, C. Raitta: Optic disc and retinal nerve fiber layer evaluation using computerized image analysis techniques. Chibret International Journal of Ophthalmology 10, 68-75 (1994)
 
Iwase A: Oculokinetic perimetry in a health screening program. Perimetry - Update 1994/1995, 329 (1994)
 
Kitazawa Y: Bewertung von Wirkungen und Nevenwirkungen der Antiglauckommittel. Scarch on Glaucoma 3, 34-38 (1995)
 
Kitazawa Y, Yamamoto T, Ichien M: Mitomycin trabeculectomy for normal tension glaucoma. Glaucoma Update X, ed G.K. Krieglstein Kaden Verlag GmbH, Hedelberg, 357-363 (1995)
 
Kitazawa Y, D.S. Minckler: Filtration surgery in a young, aphakic, high myope. J Glaucoma 4, 287-294 (1995)
 
Onda E, G.A. Cioffi, D.R. Bacon, E.M. Van Buskirk: Microvasculature of The Human Optic Nerve. Am J Ophthalmol 120, 92-102 (1995)
 
Yamamoto T, Ichien M, Suemori-Matsushita H, Kitazawa Y: Trabeculectomy with mitomycin C for normal-tension glaucoma. J Glaucoma 4, 158-163 (1995)
 
Sugiyama K, G.A. Cioffi, D.R. Bacon, E.M. Van Buskirk: Mikrogefass-system im vorderen abschnitt des sehnervs bei primaten. Search on Glaucoma 3, 86-89 (1995)
 
Ido T, Hayakawa T, Inazumi K, Q. Chi, Tomita G, Kitazawa Y: Diabetic change in retinal nerve fiber layer thickness evaluated by scanning laser polarimetry. Invest Ophthalmol Vis Sci 36, 48 (1995)
Onda E, Sugiyama K, Uchida H, Sawada A, Hori N, Nakai Y, Kitazawa Y: Selective angiographic evaluation of the posterior ciliary arterial contribution to the optic nerve in rabbit. Invest Ophthalmol Vis Sci 36, 115 (1995)
Sugiyama K, M.S.R. Haque, Onda E, Nakai Y, Okada K, Taniguchi T, Kitazawa Y: The Effect of Intravitreally Injected Endothelin-1 on the Iris-Ciliary Body Microvasculature and Blood-Aqueous Barrier. Invest Ophthalmol Vis Sci 36, S134 (1995)
 
Inazumi K, Tomita G, Q. Chi, Hayakawa T, Ido T, Kitazawa Y: Aging effect on the retinal nerve fibrt layer thickness evaluated by scanning laser polarimetry. Invest Ophthalmol Vis Sci 36, 973 (1995)
 
Sawada A, Ichien K, Ido T, Okabe I, Yamamoto T, Kitazawa Y: Vasospastic response of peripheral vessels is associated with antinuclera antibody in normal-tension glaucoma. Invest Ophthalmol Vis Sci 36, 218 (1995)
 
Yamamoto T, Sakuma T, Kitazawa Y: A New classification system for filtering blebs. Invest Ophthalmol Vis Sci 36, 563 (1995)
 
Sakuma T, Yamamoto T, Kitazawa Y: An ultrasound biomicroscopic study of chamber angles in primary angle-closure glaucoma. Invest Ophthalmol Vis Sci 36, 563 (1995)
 
Uchida H, Tomita G, Onda E, Sugiyama K, Kitazawa Y: Relationship between the retinal nerve fiver layer bundle defects and parafoveal visual field defects in glaucomantous eyes. Invest Ophthalmol Vis Sci 36, 973 (1995)
 
E. Vesti, Tomita G, M. Harju, P. Puska, C.Raitta: Parafoveal retinal surface height in glaucomatous eyes measured by laser scanning tomography. Invest Ophthalmol Vis Sci 36, 977 (1995)
 
M.S.R. Haque, Taniguchi T, Sugiyama K, Okada K, Kitazawa Y: The Ocular Hypotensive Effect of the ETB Receptor Selective Agonist, Sarafotoxin S6c, in Rabbits. Invest Ophthalmol Vis Sci 36, 804-808 (1995)
 
Sugiyama K, M.S.R. Haque, Okada K, Taniguchi T, Kitazawa Y: Intraocular pressure response to intravitreal injection of endothelin-1 and the mediatrory role of ETA receptor, ETB receptor, and cyclooxygenase products in rabbits. Curr Eye Res 14, 479-486 (1995)

Yamamoto T, Sakuma T, Kitazawa Y: An ultrasound biomicroscopic study of filtering blebs following mitomycin trabeculectomy. Ophthalmology 102, 1770-1776 (1995)
 
S. Orgul, G.A. Cioffi, D.R. Bacon, Onda E, E.M. Van Buskirk: Optic nerve vasomotor effects of arterial bood gases. J Glaucoma 4, 322-326 (1995)
 
Q-M. Chi, Tomita G, Inazumi K, Hayakawa T, Ido T, Kitazawa Y: Evaluation of the effect of aging on the retinal nerve fiber layer thickness using scanning laser polarimetry. J Glaucoma 5, (1995)
 
G.A. Cioffi, S. Orgul, Onda E, D.R. Bacon, E.M. Van Buskirk: An in vivo model of chronic optic nerve ischemia: the dose-dependent effects of endothelin-1 on the optic nerve microvasculature. Curr Eye Res 14, 1147-1153 (1995)
 
Kono Y, Q-M. Chi, Tomita G, Yamamoto T, Kitazawa Y: Relationship between quadrants of neurorerinal rim area of glaucomatous optic disk and both 'neural capacity' of high-pass resolution perimetry and mean deviatiion of HFA: a comparative study. In Mills RD & Wall M (Eds) Perimetry Update 1994/1995 p209, Kugler Amsterdam, (1995)
 
その他
北澤克明:低眼圧緑内障の治療に関する研究, 長寿科学総合研究・平成 4 年研究報告 3. 老年病各論, 289-290, 長寿科学総合研究費, 中央事務局, 1993
 
北澤克明:緑内障の診断と進行予防, 日本医事新報, No.3622, 1993
 
Kitazawa Y: Anatomy, Wound Healing Patterns Keys to Managing Failed Blebs, Ophthalmology Times Vol.18, No.6, 1993
 
Kitazawa Y;Intraoperative Mitomycin Prolongs Bleb Life, Ophthalmology Times Vol.18, No.12 1993
 
Kitazawa Y, Yamamoto T, Ichien M, Suemori-Matsushita H: Mitomycin trabeculectomy for normal-tension glaucoma.Glaucoma Update Vol X. Ed by Krieglstein GK 357-363 Kaden Verlag, Heidelberg (Germany) (1995)
 
Kono Y, Q-M. Chi, Tomita G, Yamamoto T, Kitazawa Y: Relationship between quadrants of neurorerinal rim area of glaucomatous optic disk and both 'neural capacity' of high-pass resolution perimetry and mean deviatiion of HFA: a comparative study. In Mills RD & Wall M (Eds) Perimetry Update 1994/1995 p209, Kugler Amsterdam, (1995)
 
Yamamoto T: Effects of topical β-blockers on serum lipid levels in glaucoma patients. Problems Associated with the Use of β-Blocker, 11-12, (1995)
 
北澤克明, 山本哲也:緑内障. 高眼圧症, Medicament News 第1463号, 8-9, 1995
 
山本哲也:発症機序とその考え方, 日本眼科医会生涯教育講座, 第 29 回 緑内障の管理−原発開放隅角緑内障・正常眼圧緑内障−テキスト, 3-9, 1995
 
山本哲也:緑内障患者の血清脂質に対する交感神経β遮断薬点眼の影響, 第 5 回日本緑内障学会シンポジウム記録集, 11-12, 1995
 
北澤克明, 山本哲也:点眼薬による緑内障治療, 日本医事新報 No.3704, P128-129, 1995
 
山本哲也:眼圧検査. 日本眼科学会専門医制度委員会, 専門医制度第24回講習会抄録集, 3-5, 1995
 
山本哲也:読者の手紙 回答, 眼科手術 8, 642, 1995
 
北澤克明, 桑山泰明, 谷原秀信, 山本哲也:薬物療法か, 手術か. 緑内障の治療法選択をめぐって, Living Eyes 2, 2-10, 1995