衛 生 学 講 座
 
著書 (和文)
岩田弘敏:産業保健の方法と実際 2, 衛生・公衆衛生学, 4 版. 和田攻編, 東京, 1994. 167-173

岩田弘敏, 井奈波良一, 竹内宏一, 上家和子, 清水義治, 吉田英世, 藤田節也, 奥村まゆみ, 児玉文夫, 田中 耕:徳川旧藩に組替えてみた地域死亡特性, 岐阜, 岐阜大学医学部衛生学教室, 1995. 131p

岩田弘敏:家庭と地域社会でできるぼけゼロ作戦, 岐阜, 岐阜新聞社, 1996. 122p
 
総説 (和文)
岩田弘敏:日本における手腕系振動の許容基準 (案) について. 労働の科学 48, 49-53 (1993)
 
井奈波良一:職業ストレス (特に OA 機器)による健康障害の予防. 日本医事新報 3667, 162-163 (1994)
 
井奈波良一, 杉浦春雄, 岩田弘敏:音と免疫. 日本医事新報 3679, 20-22 (1994)
 
岩田弘敏:産業医学に関連する整形外科的疾患 予防医学の立場から. 骨・関節・靱帯 8, 269-273 (1995)
 
総説 (欧文・国内)
Inaba R, Mirbod SM, Iwata H: Pathophysiology of vibration-induced white finger and safety levels for hand-transmitted vibration. J Occup Health 38, 1-5 (1996)
 
原著 (和文)
藤田節也, 永田知里, 井奈波良一, 岩田弘敏:レイノー現象を有する小型振動工具取扱者における抗核抗体について. 日本災害医学会会誌 41, 39-42 (1993)
 
井上真人, 岩田弘敏: 「ストレスとストレス処理に関する質問紙」 の産業保健への応用に関する研究. 岐阜大医紀 41, 601-614 (1993)
 
河村容子, 藤田節也, 吉田英世, 井奈波良一, 岩田弘敏:レイノー現象発作と気温の関係−山間部と平野部におけるレイノー現象有症者の長期観察−. 日本温泉気候物理医学会誌 56, 235-242 (1993)
 
河村容子, 藤田節也, 吉田英世, 井奈波良一, 岩田弘敏:健常者およびレイノー現象有症者における抗核抗体. 西日本皮膚科 55, 915-919 (1993)
 
杉浦春雄, 西田弘之, 鷲野嘉映, 井奈波良一, 岩田弘敏:運動負荷がマウスの免疫機能に及ぼす影響. 日本衛生学雑誌 48, 845-851 (1993)
 
井奈波良一, 鷲野嘉映, 藤田節也, 吉田英世, 岩田弘敏:わが国の自動車運転者の人身事故の実態と要因についての横断的研究. 民族衛生 59, 284-290 (1993)
 
小野桂子, 吉田英世, 井奈波良一, 岩田弘敏:高尿酸血症への生活行動習慣の関与. 公衆衛生 57, 880-884 (1993)
井奈波良一, 岩田弘敏, 樫木直子, 吉田英世:事業所が産業医に望む産業保健上の課題. 公衆衛生 58, 68-71 (1994)
 
高原康光, 加藤邦夫, 井奈波良一, 岩田弘敏:木酢液による悪臭除去に関する研究 (第 2 報). 日本公衛誌 41, 147-156 (1994)
 
井奈波良一, 鷲野嘉映, 藤田節也, 吉田英世, 杉浦春雄, 小野桂子, 岩田弘敏:シートベルト着用状況と着用要因−公務員を対象として−. 民族衛生 60, 223-226 (1994)
 
岩崎秀哉, 井奈波良一, 岩田弘敏:スポーツマンの咬合力と体力. 日本衛生学雑誌 49, 654-659 (1994)
 
前野浩子, 杉浦春雄, 植屋悦男, 岩田弘敏:機能性のある食品 「ボンナリネ」 の生体防御機構に及ぼす影響. 基礎と臨床 28, 2861-2871 (1994)
 
杉浦春雄, 前野浩子, 植屋悦男, 井奈波良一, 岩田弘敏, 西田弘之:機能性のある食品 「ボンナリネ」 の免疫の機能に及ぼす影響. 日本衛生学雑誌 49, 914-923 (1994)
 
宮本教雄, 青木貴子, 武藤紀久, 井奈波良一, 岩田弘敏:若年女性における四肢の冷え感と日常生活との関係. 日本衛生学雑誌 49, 1004-1012 (1995)
 
井奈波良一, 岩田弘敏, 杉浦春雄:医学生の東洋医学, 温泉医学に対する意識調査. 日本医事新報 3707, 31-34 (1995)
 
岩崎秀哉, 藤田節也, 吉田英世, 井奈波良一, 岩田弘敏:咬合力と顎顔面形態との関係. 日本衛生学雑誌 50, 683-692 (1995)
 
安藤篤美, 井奈波良一, 吉田英世, 岩田弘敏:いちご栽培作業者の冷えに関する自覚症状調査. 公衆衛生 59, 429-432 (1995)
 
井奈波良一, 岩田弘敏, 越路正敏, 藤原久義, 杉浦春雄:漢方外来受診者の東洋医学, 温泉医学に関する意識調査. 日本医事新報 3728, 46-50 (1995)
 
岩田弘敏, 井奈波良一, 藤田節也, 高田晴子, 島村清志, 高塚直子, 宮田延子, 小野桂子, 松田好美, 前野浩子, 梶間和枝, 梅村貞子:老人性痴呆発症の要因探索のための患者・対照研究−主として生活要因について−. 厚生の指標 42, 32-38 (1995)
 
正村一人, 井奈波良一, 岩田弘敏:唾液カルシウムおよび総蛋白の齲蝕との関連性. 日本衛生学雑誌 50, 886-892 (1995)
 
清水容子, 吉田英世, 藤田節也, 岩田弘敏:基本健康診査受診者からの一検討 検診内容の理解について. 公衆衛生 59, 787-789 (1995)
 
高田晴子, 鷲野嘉映, Harrell JS, 長岡千春, 岩田弘敏:10歳から11歳への成長に伴った血清脂質変化に関連する要因. 日本臨床生理学会雑誌 26, 119-126 (1996)

岩崎秀哉, 井奈波良一, 藤田節也, 吉田英世, 山沢和子, 大森正英, 岩田弘敏:女子短期大学生の咬合力と体力ならびに踵骨骨密度. 民族衛生 62, 3-12 (1996)
 
井奈波良一, 正村一人, 岩田弘敏:岐阜県飛騨地方の民有林業労働者における労働災害の発生状況. 日本災害医学会会誌 44, 24-28 (1996)
 
鷲野嘉映, 高田晴子, 岩田弘敏:加速度脈波波形に及ぼすニトログリセリン負荷, 寒冷負荷, 及び起立負荷の影響. 日本臨床生理学会雑誌 26, 145-153 (1996)
 
高田晴子, 鷲野嘉映, 相羽洋子, 岩田弘敏:加速度脈波の 4 種類の波形型を特徴づける要因の検討. 日本臨床生理学会雑誌 26, 245-252 (1996)
 
原著 (欧文・国内)
Mirbod SM, Tanbara K, Fujita S, Yoshida H, Nagata C, Komura Y, Inaba R, Iwata H: A survey on noise exposure level in an aluminum can production plant. Ind Health 31, 1-12 (1993)
 
Mirbod SM, Yoshida H, Inaba R, Iwata H: Exposure to segmental vibration and noise in orthopaedists. Ind Health 31, 155-164 (1993)
 
Ichimura S, Sasaki R, Takemura Y, Iwata H, Obata H, Okuda H, Imai F: the prognosis of idiopathic portal hypertension in Japan. Internal Med 32, 441-444 (1993)
 
Mirbod SM, Lanphere C, Fujita S, Komura Y, Inaba R, Iwata H: Noise in aerobic facilities. Ind Health 32, 49-55 (1994)
 
Miyashita K, Miyamoto K, Kuroda M, Takeda S, Iwata H: Hand-arm vibration exposure and the development of vibration syndrome. Nagoya J Med Sci 57(Supple), 43-48 (1994)
 
Mirbod SM, Inaba R, Iwata H: Operating hand-held vibrating tools and prevalence of white fingers. Nagoya J Med Sci 57(Supple), 173-183 (1994)
 
Nakamura Y, Oshiro H, Nose T, Hossaka K, Yamamoto M, Omura T, Iwata H, Nakamura K, Kasamatsu T, Hashimoto T, Yanagawa H: A case-control study of ossification of posterior longitudinal ligament of the spine in Japan. J Epidemiol 5, 29-33 (1995)
 
Sugiura H, Nishida H, Mori H, Maeno H, Inaba R, Iwata H: Effects of Eleutherococcus senticosus on the oxidative enzyme activity in mouse skeletal muscle. J Traditional Med 12, 61-65 (1995)
 
Mirbod SM, Fujita S, Miyashita K, Inaba R, Iwata H: Some aspects of occupational safety and health in green tea workers. Ind Health 33, 101-117 (1995)
Inaba R, Sugiura H, Iwata H: Immunomodulatory effects of Maharishi Amrit Kalash 4 and 5 in mice. Jpn J Hyg 50, 901-905 (1995)

原著 (欧文・国外)
Nagata C, Yoshida Y, Mirbod SM, Komura Y, Inaba R, Iwata H, Maeda M, Shikano Y, Ichiki S, Mori S: Cutaneous signs (Raynaud's phenomenon, sclerodactylia, and edema of the hands) and hand-arm vibration exposure. Int Arch Occup Environ Health 64, 587-591 (1993)

Komura Y, Inaba R, Fujita S, Mirbod SM, Yoshida Y, Nagata C, Iwata H: Les lesions dont se plaignent les professeurs daerobic. Medecine des Arts, 37-40 (1993)
 
Inaba R, Maeda M, Fujita S, Kasiki N, Komura Y, Nagata C, Yoshida H, Mirbod SM, Iwata H, Shikano Y, Ichiki Y, Mori S: Prevalence of Raynaud's phenomenon and specific clinical signs related to progressive sysytemic sclerosis in the general population of Japan. Int J Dermtol 32, 652 (1993)
 
Nakamura Y, Kobayashi M, Nakai M, Iwata H, Nose T, Yamamoto M, Omura T, Motegi K, Kurosawa Y, Hossaka K, Nakamura K, Hashimoto T, Yanagawa H: A case-control study of ulcerative colitis in Japan. J Clin Gastroenterol 18, 72-79 (1994)
 
Mirbod SM, Yoshida Y, Komura Y, Fujita S, Nagata C, Miyashita K, Inaba R, Iwata H: Prevalence of Raynaud's phenomenon in different groups of workers operating hand-held vibrating toold. Int Arch Occup Environ Health 66, 13-22 (1994)
 
Okuda H, Yamagata H, Obata H, Iwata H, Sasaki R, Imai F, Okudaira M, Ohbu M, Okuda K: Epidemiological and clinical features of Budd-Chiari syndrome in Japan. Journal of Hepatology 22, 1-9 (1995)
 
Mirbod SM, Yoshida H, Miyamoto K, Miyashita K, Inaba R, Iwata H: Subjective complaints in orthopedists and general surgeons. Int Arch Occup Environ Health 67, 179-186 (1995)
 
Nagata C, Fujita S, Iwata H, Kurosawa Y, Kobayashi K, Kobayashi M, Motegi K, Omura T, Yamamoto M, Nose T, Nakamura K, Hashimoto T, Nakamura Y, Yanagawa H: Systemic lupus erythematosus: A case-control epidemiologic study in Japan. Int J Dermatol 34, 333-337 (1995)
 
Takada H, Washino K, Harrell JS, Iwata H: Acceleration plethysmography to assess atherosclerosis −The association between the wave pattern and aging−. Med Prog Technol, In press
 
その他 (和文)
井奈波良一, 藤田節也, 永田知里, 吉田英世, 岩田弘敏, 前田 学, 森 俊二:強皮症の患者対照研究. 厚生省特定疾患難病の疫学調査研究班平成 4 年度研究業績集, 112-114 (1993)
 
岩田弘敏, 吉田英世, 藤田節也, 佐々木隆一郎, 市村尚二, 木幡 裕, 奥田宏明, 今井 深, 二川俊二:IPH の患者・対照研究について. 厚生省特定疾患門脈血行異常症調査研究班平成 5 年度研究報告書, 88 (1994)

岩田弘敏, 吉田英世, 藤田節也, 佐々木隆一郎, 市村尚二, 木幡 裕, 奥田宏明, 今井 深, 二川順二:IPH の患者・対照研究−さらに症例数を加えて−. 厚生省特定疾患門脈血行異常症調査研究班平成 5 年度研究報告書, 98-101 (1994)
 
今井 深, 駒場正雄, 鴨下宏海, 空閑和人, 戸島恭一郎, 植松幹雄, 戸田剛太郎, 岩田弘敏, 吉田英世, 佐々木隆一郎, 市村尚二, 二川順二:特発性門脈圧亢進症調査集計報告. 厚生省特定疾患門脈血行異常症調査研究班平成 5 年度研究報告書, 83-87 (1994)
 
今井 深, 駒場正雄, 鴨下宏海, 空閑和人, 戸島恭一郎, 植松幹雄, 戸田剛太郎, 岩田弘敏, 吉田英世, 佐々木隆一郎, 市村尚二, 二川順二:特発性門脈圧亢進症長期生存例の疫学的検討. 厚生省特定疾患門脈血行異常症調査研究班平成 5 年度研究報告書, 93-97 (1994)
 
岩田弘敏, 吉田英世, 藤田節也, 佐々木隆一郎, 市村尚二, 木幡裕, 奥田宏明, 今井 深, 二川俊二:IPH の患者・対照研究のまとめ. 厚生省特定疾患門脈血行異常症調査研究班平成 6 年度研究報告書, 95-97 (1995)
 
岩田弘敏:老人性痴呆発症の環境因子の探索と社会的支援のモデル地区設定に関する研究. 平成 4 年度− 6 年度文部省科学研究費補助金 (一般研究 B) 研究成果報告書, (1995)

その他 (欧文)
Inaba R, Mirbod SM, Komura Y, Yoshida H, Nagata C, Miyashita K, Fujita S, Iwata H: A vibration-dose limit for Japanese workers exposed to hand-aram vabration. Proceedings of 6th International Conference on Hand-Arm Vibration, 913-918 (1993)