ホーム > 会員広場 > 岐阜大学医学部に入学して > 岐阜大学医学部医学科1年 田口 敦丈

岐阜大学医学部に入学して

掲示分の内容に関する問い合わせは、掲示者本人に直接連絡してください。

岐阜大学医学部医学科1年 田口 敦丈

taguchi.jpg

はじめに

 はじめまして、晴れて今年入学することが出来た田口敦丈です。幸運(?)にも、「岐阜大学医学会館だより」に原稿を載せて頂くことになりました。拙い文章ですが入学したての今の思いをつづりたいと思います。

医学部を志望した理由

 私は小さい頃からアレルギー性鼻炎を患っており、病院にかかる機会や薬を飲むことが多く医療の場がとても身近でした。私はもともと薬学部志望でしたが、 高校の総合の授業でアレルギー発生の仕組みや対処法を調べているうちにもっと病気や治療法について学びたいと思うようになり医学部を目指すようになりました。また岐阜大学のオープンキャンパスに訪れた際に頂いた医学部のパンフレットに、医学部の教育課程に薬理学というコースがあると知ってより医学部に進学したいと思うようになりました。

岐阜大学を志望した理由

 私が岐阜大学を志望した最初の理由は私が岐阜県出身だったからです。将来地元に帰り医療活動を行いたいと考えていたので、同県内である岐阜大学を志望しました。また私の尊敬する医師である叔父が岐阜大学出身であったことも志望理由の一つです。多くの方がご存知のように岐阜大学には「チュトーリアル教育」という教育システムがあることや、大学付属病院が新しくなったことにより最先端の設備が整っているということにもひかれました。

授業について

 大学生活が始まって半年たち、夏休みが過ぎて後期の授業に慣れ始めた頃にこの原稿を書いてます。今年からカリキュラムが変わり1年生という早い段階から 医学に触れる機会が多くなり嬉しいです。私は高校時に物理選択で、1年生の時に少し生物を学んだ程度なので一つ一つのことがとても難しいです。しかし新鮮さを持ち自分の興味のあることにより貪欲になっていきたいと思います。岐阜大学の特色のひとつである「初期体験実習」を前期に行いました。いろいろな実習場所で多種多様な医療に触れ、楽しいや嬉しいと感じること、必ずしもキレイ事では語れないような思いをしたりととても考えることが多かったです。本プログラムの主旨とは異なるかもしれませんが、私は「医師を目指す自分」としてより「高校を卒業し新たな社会に踏み出した自分」として成長できたのではと思いました。今は生命科学実習が毎週2つずつあり、分からないことだらけですが教科書で調べ、班員と議論しひとつひとつに取り組んでいます。なんだか「チュトーリアル教育」の先例を受けているような気がする時もあります。医学部に入り、高校生の授業スタイルからの脱却と岐阜大学医学部の特殊教育への入門の両立がとても大変だと実感していますが、入学当初抱いていた志を忘れることなく授業に取り組んでいきたいと思っています。

部活動について

 私が医学部に入学して驚いたのは医学部のサークルです。以前より医学部サークルがあるということは知っており、中・高と6年間続けてきたバレーボールにまた入ることにしました。当初の予想を超える部活に対する真剣な態度にとても驚きました。部活で驚いたことにはもう一つあり、縦とのつながりがとても大きいということです。医学部サークルの目玉とも言える「新入部員歓迎会」ではOBの多さや、遠い勤務地からでも自分の所属していた部活の行事にかけつけてくださる先生がたくさんいるということにとても衝撃を受けました。また日々の練習や行動をともにする時では、先輩方に暖かく時には厳しく、時には無理難題をふっかけられながらも見守られとても楽しくやっています。部活で体験する楽しいことや嬉しいこと、退部したくなるほど嫌なことひとつひとつが自らの大学生 活を支えてくれており、将来医師となったとき、一人前の社会人になったときに今とは一味も二味も違った人間になれると良いと考えています。また私たちの最終目標である西医体があるおかげで、向上心と挑戦心を常に保つことが出来てとても良いです。他の大学の医学部サークルと交流をもつこともできとても有意義な学生生活が送れそうです。部活だけでなく医学部ではとても学部内のつながりが強いと感じました。将来人と人の間のやりとりを職業とするので、自分以外の人との付き合いやつながりを大事にしていきたいと思いました。

終わりに

 入学してから体験したことや、思ったことについてざっと書きましたが最後にもう一つだけ書いて終わりにしたいです。6年間という長い大学生活でいろいろ なことを学び、遊び、体験し考えると思います。しかし、入学当初、つまり今抱いている'人を助ける'という医療にたいする気持ちを忘れず、口だけではなく態度で示せるような医師を目指せるよう頑張っていきたいです。

平成19年1月1日

掲示者

岐阜大学医学部同窓会
事務局長 横山年光

岐阜市柳戸1番1
電話 058-230-6091
FAX 058-230-6092


ページの
先頭へ戻る